「コンドームなしのオーラルセックスで、HIVに感染しますか?」

かつて私自身が深刻なHIV感染疑惑に陥っていたころ、こんな相談をネット上に書き込んでいました。

と言うのも、当時私は国内外に出張が多く、つい出張先の風俗で遊んでしまった経験があったからです。

コンドームなしでオーラルセックスを繰り返していました。

全くいい歳をしたオジサンの私はHIVの感染リスクなどほとんど気にもしていませんでした。

情けない、恥ずかしいお話ですが自分だけは大丈夫だと、根拠のない自信を持っていました。

◇オーラルセックスによる感染不安

ところが私は風俗で遊んだ後に全身の発疹や帯状疱疹(たいじょうほうしん)と言う、HIV感染症によく見られる皮膚疾患を続けて発症してしまったのです。

自分ではもう間違いなくHIVに感染していると思い込みました。

生れて初めての皮膚疾患を2つも連続で発症するなど、ただの偶然とは思えなかったのです。

しかもそのあと、頭痛、発熱、下痢、咽頭炎などを連発したのです。

私はHIV感染を恐れ、夜も眠れない、食事も喉を通らないほど不安でした。

そんな私の不安を何とかごまかしたくて、ネット上に先ほどのような質問を書きこんでは、

「その程度ではHIVには感染しない。」

と言う回答を読んで、安心していたのです。

そう、私は質問していたと言うより、安心したかった、とうのが本音でした。

でも、私はいくらネット上で「大丈夫」と回答してもらっても、本当に気が休まることはありませんでした。

なぜなら、どの専門書を読んでも、公的医療サイトを見ても、

「HIVはオーラルセックスによって感染する」

と書いてあったからです。

いくら素人が「大丈夫」と言ってくれても、専門家が危ないと口を揃えて言っているのですから、これは当然危ないのです。

ある現役の医師で、HIV関連のNPO法人の代表が運営するサイトには、実際にオーラルセックスでHIVに感染した患者の実例まで書かれてありました。

下に続く

 

重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO

◇オーラルセックスによる感染確率は?

オーラルセックスによるHIVの感染確率については、こんなデータがあります。

「HIV検査相談マップ」と言うサイトがあります。

このサイトは厚生労働省がエイズ対策事業として運営している公的サイトです。

このサイトの中に、感染ルート別のHIV感染確率が書かれてあります。

性行為に関しては、コンドームなしでHIV感染者とセックスをした場合の、1回当たりの感染確率になります。

オーラルセックスについては、フェラチオの挿入側、受け入れ側の感染確率が示されています。

●感染ルート別HIV感染確率

感染ルート(感染リスク) 1回当たりの感染確率
輸血   90(%)
静脈注射(ドラッグ)の針の共有   0.67(%)
針刺し事故   0.3(%)
アナルセックス(受け入れ側)   0.5(%)
アナルセックス(挿入側)   0.067(%)
膣を使ったセックス(女性側)   0.1(%)
膣を使ったセックス(男性側)   0.05(%)
フェラチオ(受け入れ側)   0.01(%)
フェラチオ(挿入側)   0.005(%)

(表1)感染ルート別HIV感染確率

●挿入側がHIVに感染している場合
精液の中に感染を起こすだけの量のHIVが含まれる。受け入れ側の感染確率は0.01%

●受け入れ側HIVに感染している場合
唾液だけでは感染しないが、血液が含まれていると感染の可能性がある。挿入側の感染確率は0.005%と極めて低い。

あなたもHIVがキスによって感染しないことはご存じでしょう。

それは唾液の中にHIVが存在しないのではなく、感染するだけの量がないからです。

確かにオーラルセックスは性行為の中ではかなり感染の確率が低い行為だと言えます。しかしゼロではありません。

いくら確率が低くても自分が感染してしまえば何の意味もありません。その時点で100%です。

それに表中の感染確率は行為1回あたりの確率ですから、私のように何回も繰り返して行っていれば当然感染リスクはどんどん高まります。

早い話、10回やればそれでもう感染確率は10倍高くなります。

繰り返しますが、HIVはオーラルセックスによって感染する可能性があります。

ゆえにネットの書き込みでは安心できなかった私が本当に心から安心出来たのは、結局HIV検査を受けて陰性と分かったときでした。

あんなに怪しい皮膚疾患を発症していた私ですが、幸運なことに検査結果は陰性でした。

でも、それは単に私が幸運だっただけで、HIVに感染していても不思議ではなかったのです。

 

◇コンドームなしオーラルセックスの実態とは?

仮にあなたがコンドームなしのオーラルセックスをしていたとしても、あなたが特別なのではありません。

今や性風俗に限らず、オーラルセックスは一般的な愛情表現として広く世間に普及しており、妊娠の心配がないことからコンドームを使わないケースが非常に多いのです。

少しデータが古いのですが、実際にオーラルセックスにおいてコンドームがどの程度使われているのか、興味深いデータを見つけたのでご紹介します。

『平成9-11年度「HIV感染症の疫学研究」総括研究報告』の 中に、コンドームを毎回使う人の割合を調べたデータが報告されています。(2013年1月現在、リンク切れのようです。)

調査の対象となる人は2つのグループに分けられています。

●一般集団

●何かの性感染症に感染した人たちの集団

この2つです。

そして、この2つの集団に対して、次の3つのケースについてオーラルセックスのときに毎回コンドームを使用するかどうか調査しています。

●性行為の相手が特定の決まった相手の場合

●性行為の相手が不定期の相手の場合

●性行為の相手が風俗の場合

この3つのケースです。

調査結果は次の通りでした。

◇オーラルセックスで毎回コンドームを使用する人の割合

性行為の相手 感染集団 一般集団
特定の決まった相手    1.6%  3.6% 
不定期の相手 1.7% (7/421) 4.0% (6/150)
性風俗の相手 3.5% (17/482) 24.2% (37/153)

(表2)オーラルセックスで毎回コンドームを使う人の割合

いかがでしょうか?この実態にあなたは驚きますか?それとも、こんなものだろうと納得しますか?

ごく普通に健康な人でも風俗でのオーラルセックスにコンドームを毎回使用すると答えた人はたったの24.2%であり、4人に1人もいなかったのです。

そして風俗以外の相手に至っては、コンドームを毎回使う人はほとんど存在しないことが分かります。

HIV感染者は風俗従事者とは限らないにも関わらずです。

コンドームを使わないオーラルセックスは、今や日常的であり、特別でも何でもありません。

そしてそこにはHIV感染のリスクが存在しています。

◇まとめ

では、ここまでのお話をまとめます。

●HIVは感染確率は低いものの、オーラルセックスによって感染する可能性がある。

●しかし、オーラルセックスのときにコンドームを毎回使用する人は極めて少ない。

と言う結論になります。

あなたご自身がオーラルセックスのときにコンドームを使っていようといまいと、あなたの周囲にはコンドームを使わない人達が大勢いることを知っておいて下さい。

むろん、あなたご自身はぜひともコンドームを使って下さいね。

最後にもう1つ情報をあなたにお伝えしておきます。

オーラルセックスで感染するのはHIVだけではありません。他の性感染症も感染するものが沢山あります。

●クラミジア

●淋菌

●梅毒

●性器ヘルペス

これらの性感染症はみなオーラルセックスによって感染します。

どれもHIVより何倍も感染力の強い病気ばかりです。

特にクラミジアと淋菌は咽頭感染しやすく、ファッション系風俗が一大感染源となっています。

そして、これらの性感染症がオーラルセックスによって口から性器に感染すると、健康な人に比べて3倍から5倍もHIVへの感染確率が高くなります。

これは感染した患部が炎症を起こすと、そこからHIVが侵入しやすくなる為です。

つまり、オーラルセックスは直接HIVに感染するリスクもあるし、他の性感染症に感染することによってHIVに感染しやすくなると言うリスクもあるのです。

しかもクラミジアや淋菌は感染しても自覚症状が薄い病気でなかなか気が付きません。

もしもあなたが、現在でも過去においてでも、コンドームなしのオーラルセックスをした経験があるなら、一度はHIVを始めとする性感染症の検査を受けておいた方が安心だと思います。

ましてやオーラルセックスを繰り返し行っているあなたにはHIV、梅毒、クラミジア、淋菌、この4種類は強く検査をお勧め致します。

クラミジアと淋菌は咽頭感染、つまり喉への感染検査もお忘れなく。

ご参考までに、私が自分のHIV感染を疑ったときに使用した検査キットをご紹介します。

あなたがHIV検査を受ける決心さえすれば、わざわざ保健所まで行かなくても、あなたの自宅でHIV検査を受けることが可能です。

HIVの他にも、感染者の多いクラミジア、淋菌も自宅で検査できます。

むろん、咽頭感染の検査も可能です。

アイコンボタンHIV検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけです。
バナー2

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気の5項目検査キット!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから