TOP性感染症一覧>クラミジア感染症


このページでは、性器クラミジア感染症について説明します。

なお、性感染症クラミジアは自宅で簡単に検査が出来る検査キットがあります。ページの最後に製品情報を載せましたので、ぜひご覧ください。

1.クラミジア感染症とはこんな病気です

推計の感染者が100万人以上いると言われ、日本で一番感染者が多い性感染症(性病)です。特に若い女性の感染者が多いのが特徴です。

◇平成15年(2003年)から平成29年(2017年)までの15年間 定点報告データ使用

クラミジア定点観測

このデータは全国に約970ヶ所ほど指定されている定点観測医療機関から報告のあった患者数です。従って、国内全体の患者数ではありません。クラミジア感染症の他に、淋菌感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、この4つの性感染症が定点観測医療機関からの報告対象になっています。

ちなみに、HIV(エイズ)と梅毒は全ての医療機関から報告を上げることが義務付けられています。⇒「性感染症の動向調査」

定点観測のデータによると、平成14年(2002年)をピークにしてクラミジア感染者数は減り続けています。しかし、依然として国内では最も感染者数の多い性感染症(性病)です。現在、およそ100万人ほどのクラミジア感染者がいると言われています。

クラミジア感染症は感染してもなかなか症状の出にく病気で、知らないうちに自分の体内で感染は進み、他の人にもうつしてしまうことがあります。この グラフのように、本当にこのままクラミジア感染は減っていくのかどうか、定点報告データのみでは断言出来ないそうです。

 

◇平成29年(2017年)における年齢層別感染者 定点報告データ使用

クラミジア年代別

クラミジア感染症はグラフを見てお分かりの通り、若い女性に感染者が多い性感染症(性病)です。20歳から24歳をピークに、10代後半から30代前半に集中しています。

この定点報告以外にも厚生労働省の調査が行われており、その結果によればクラミジア感染症は20際から24歳の女性では16人に1人が感染して いると推計されたそうです。この推計には、自覚症状のない、無症候患者も含まれています。

 

2.クラミジア感染症の病原体

クラミジア・トラコマティス(球状、卵状の細菌の1種)

 

3.クラミジア感染症の感染ルート

性行為感染と母子感染の2ルートがあります。性行為感染では、オーラルセックスも感染ルートになります。近年、オーラルセックスは完全に一般化しており、喉への感染、喉からの感染、両方共に感染が増えています。オーラルセックスの風俗専門店が大きな感染源になっています。

予防としてはコンドームの使用が有効ですが、オーラルセックスには十分とは言えません。母子感染の予防には、妊娠中に検査を受けて感染が分かれば治療を行い、母子感染を防ぐことが出来ます。

 

4.クラミジア感染症の症状

潜伏期間は感染後1週間から3週間程度です。感染初期には、わずかにおりものが増えたり、不正出血(月経以外の出血のこと)があったり、下腹部に軽い痛みが出たりします。

しかし、自覚症状が出なかったり、出ても軽くて気が付かない人も多いのです。特に女性の場合、感染しても5人に1人程度しか自覚症状が出ないそうです。

そのため、自分が感染していることに気が付かず、検査も治療も受けないので他の人にうつしていくこともあります。

女性の場合、感染がどんどん広がり、放置すると子宮頸管炎、尿道炎、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎と進みます。高い熱が出て、下腹部に痛みが出ます。不妊症や子宮外妊娠、早産、流産などの原因になることもあります。(「性感染症(性病)と妊娠」参照)

男性の場合には、尿道に炎症を起こし、排尿時におしっこが少ししみたり、濃い汁が出る程度です。しかし、感染に気が付かずに放置すると、副睾丸炎や慢性前立腺炎などを引き起こすことがあります。少しでも感染の不安や心あたりがあれば、すぐに検査を受けることをお勧めします。

男女ともに喉に感染した場合には、喉が腫れたり、痛みが出たりします。

 

5.クラミジア感染症の検査方法

男性の場合は尿検査、女性の場合は膣分泌物で検査を行います。尿検査を行う場合には、初尿と言って、オシッコの出始めの尿を取ります。なぜオシッコの出始めを使うかと言うと、オシッコといっしょにクラミジア菌、淋菌が出て行くからです。途中のオシッコでは菌が少なくて検査が難しいのです。

女性の膣分泌物は、カルボーターと呼ばれる長い綿棒のような器具で採取します。喉への感染検査も、同様にカルボーターを使って喉の粘膜、分泌物を採 取して検査をします。卵管炎や腹膜炎を起こしている場合には血液検査を行うこともあります。

クラミジア感染症の検査については、こちらもどうぞ⇒「PCR法によるクラミジア検査」(性感染症検査完全ガイド)

 

6.クラミジア感染症の治療法

テトラサイクリンなどの抗生物質を投与します。ほとんどの場合、2週間程度で治ります。男性の場合は泌尿器科へ、女性の場合は婦人科へ行きます。喉への感染が疑わしい場合には、耳鼻咽喉科へ行きます。性病科、性感染症内科でも診察してくれます。

 

7.クラミジア感染症の注意点

感染ルートにも書きましたが、オーラルセックスの普及によって感染者も増加しています。風俗店で本番サービスをしなくても、オーラルセックスをしていれば感染する可能性があります。コンドームの使用でも完全には予防出来ませんので、ご注意下さい。また、検査や治療の際にはパートナーと二人同時がお勧めです。ピンポン感染の可能性があります。

また、自覚症状のないことが多い性感染症です。放置すると不妊症の原因になったり、HIVに感染しやすくなったりします。自覚症状がなくても、感染の可能性に心当たりがあれば検査を受けましょう。

なお、このサイトの情報利用は自己責任でお願い致します。当サイトではいっさいの責任を負いかねますので、検査、治療のご相談は専門医へお願い致します。
クラミジア感染症に感染すると、HIVに感染する危険性も正常な人の3倍から5倍も高くなります。その理由など、詳しいことはこちらをどうぞご覧下さい。⇒「HIV検査とその他の性感染症」

なお、クラミジア感染症は自宅で検査キットによる匿名検査が可能です。HIVや他の性感染症と組み合わせて検査することも出来ます。もっと詳しく知りたい方は下からどうぞ。

 

◇男性用クラミジア検査キット

■STD チェッカー TypeE(男性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

男性用の検査キットでは一番多く使われています。クラミジア感染症HIV淋菌感染症、梅毒、B型肝炎を組み合わせた検査キットです。クラミジア感染症の心配があるなら、淋菌感染症とHIV、梅毒も同時にチェックしておきたいですね。一番感染者の多い性感染症と何と言っても気になるHIV、梅毒が検査出来ます。

ただし、この検査キットでは喉への感染は検査出来ません。オーラルセックスで喉への感染が心配なら、「TypeP(男性用)」をお選び下さい。

 

◇女性用クラミジア検査キット

■STD チェッカー TypeF(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ

合計7種類の代表的な性感染症をまとめてお手頃価格で検査 が出来ます。女性用検査キットの中では一番多く使われている検査キットです。感染する可能性が高い性感染症、早期発見、早期治療が絶対に必要な性感染症、女性に多い性感染症をセットにしてあります。とにかく感染機会が多くて不安だ、と言う 人にお勧めです。

ただし、この検査キットでは喉への感染は検査出来ません。オーラルセックスで喉への感染が心配なら、TypeQ(女性用)をお選び下さ い。