TOP性感染症一覧>梅毒

このページでは、梅毒について説明します。

なお、梅毒は自宅で簡単に検査が出来る検査キットがあります。ページの最後に製品情報を載せましたので、ぜひご覧ください。

1.梅毒とはこんな病気です

昭和20年代、30年代までは性病の代表として猛威をふるっていました。1947年(昭和22年)の報告を見ると、梅毒に感染した人は実に148,191人もいて、亡くなった人も4,444人いるのです。今では信じられないような数字です。

◇平成15年(2003年)から平成29年(2017年)までの15年間 全数報告データ使用

梅毒全数報告

HIV(エイズ)と梅毒は全ての医療機関から感染者、患者の報告を上げることが義務付けられています。⇒「性感染症の動向調査」

「梅毒なんて、遠い過去の性病、今時そんな心配いらないでしょう・・・」なんて、思っていませんか?確かに、昭和30年代くらいまでの猛威をふるっ た時代に比べれば問題にならないくらい患者は減っています。特に、1980年代に入ってエイズ予防が大キャンペーンを張って実施され、結果として梅毒など 他の性感染症(性病)も感染者が減りました。

しかし、このグラフを見てもらえば分かるように、ここ数年はまた梅毒感染者が増加傾向となっています。平成29年にはついに43年ぶりに5000件を大きく超えています。

急増の原因はハッキリしませんが、若い女性にも梅毒感染者が増加しています。

初期の症状が出にくい時期が、一番感染力が強 いのです。自分が梅毒に感染したことを知らないで他にうつしていることがあります。

 

◇平成29年(2017年)における年齢層別感染者 全数報告データ使用

梅毒年代別

梅毒患者は、男性の場合は20代から40代まで幅広く感染者が分布しています。女性の場合は20代に集中しているのが特徴だと思います。

2.梅毒の病原体

トレポネーマ・パリズム(梅毒トレポネーマ)と言う細菌の一種。

3.梅毒の感染ルート

性行為感染、母子感染があります。オーラルセックスによる感染もある。従って、コンドームだけで完全な予防は出来ません。

4.梅毒の症状

梅毒は発症と潜伏を繰り返し、第1期から第4期まであります。たいていは第2期までに感染に気が付き治療を受けることで治ります。感染を放置して、第4期まで進行すると生命にかかわる深刻な状況となります。かつては死者が何千人もいたことは1項で書いた通りです。

①梅毒の第1期
感染後、2週間から3週間後に発症します。太股のリンパ節が腫れますが、痛みはありません。女性の場合には外陰部にしこりが出来ることもあります。感染した部位(性器、口の周り、肛門、手、指など)の皮膚や粘膜に小豆から大豆くらいの大きさのしこりが出来ます。しこりはただれて潰瘍になります。これを硬性下疳と言呼びます。これらの症状は放置しているとやがて消えます。そして、感染は潜伏期に入り、どんどん進行していきます。

②梅毒の第2期
感染してから9週間、長い時は3年くらいして発症します。全身のリンパ節が腫れ、発熱や頭痛、全身の倦怠感といった症状が出ます。また、全身にバラ疹と呼ばれる梅毒特有の赤い発疹が出ます。この発疹にはかゆみがないのも特徴です。
バラ疹が消えて数ヶ月すると、盛り上がった湿疹や膿をもつ湿疹が、出たり消えたりを繰り返します。最後には、それが陰部や口の中、乳房など、特定の場所にだけ現れるようになります。

③梅毒の第3期
感染してから3年後くらい経った時期です。全身にゴム腫と呼ばれる柔らかいしこりが出来ます。放っておけばゴム腫は治りますが、後が残ります。ゴム腫は出ては消えて後を残していくので、見た目にひどい状態になっていきます。

④梅毒の第4期
感染から10年が過ぎた頃の時期です。脳や脊髄が冒され、手足のしびれ、痴呆症状、大動脈瘤などが出ます。また、あらゆる内臓、心臓や血管系、中枢神経も冒されます。日常生活は出来なくなり、最後には死に至ります。

5.梅毒の検査方法

感染してから4週間から5週間して、血液検査で感染が判定出来ます。

6.梅毒の治療法

ペニシリンなどの抗生物質を投与します。第1期や第2期の早期に発見されれば、1ヶ月くらいで比較的簡単に治せます。第3期以降に発見されて治療となると、長引くこともあります。

男性の場合は泌尿器科・性病科、皮膚科です。女性の場合は産婦人科、皮膚科、性病科を受診して下さい。

7.梅毒の注意点

HIV感染者が梅毒に感染すると、潜伏期間が短くなり、第3期までが数ヶ月で進行することもあるそうです。私がHIV(エイズ)検査を受けに保健所に行ったときにもらった小冊子には、HIVと重複感染が一番多いのが梅毒だと書かれてありました。このような深刻な事態になるため、保健所ではHIVと同時に梅毒もまた無料・匿名検査を行っています。

また、梅毒とHIVを同時感染すると、梅毒の症状が進む速度が速くなり、かつ重症化することもあるそうです。

この情報はあくまでもご参考程度にとどめて、ご心配なら専門医にかかって下さい。情報をどう使うかは、自己責任でお願い致します。

なお、梅毒は自宅で検査キットによる匿名検査が可能です。本文の中でもご紹介したように、梅毒は決して過去の性病ではなく、ここ数年感染者が増加傾向にあります。

しかもHIVとの重複感染が最も多い性感染症でもあり、その点でも要注意です。あなたに梅毒感染の不安が少しでもあれば、HIVとの同時検査をお勧め致します。

■STD チェッカー TypeO(男女共通)
梅毒の他に、HIVとB型肝炎を検査出来る検査キットです。主な感染ルートが同じ性行為感染で、自覚症状が出にくい病気、早期に治療しないと大変なことに なる病気をセットにしてあります。まずは重大な性感染症を先にチェックと言う人にオススメです。なお、梅毒はHIVとの重複感染が非常に多いので、その点でも同時検査で安心出来ます。