TOP性感染症一覧>細菌性膣炎


このページでは、細菌性膣炎について説明します。

なお、細菌性膣炎は自宅で簡単に検査が出来る検査キットがあります。ページの最後に製品情報を載せましたので、ぜひご覧ください。

________________________________________________

1.細菌性膣炎とはこんな病気です

特定の細菌やウイルスの感染ではなく、一般細菌によって引き起こされる膣の炎症です。通常膣は酸性に保たれ、雑菌が繁殖しないように自浄作用が働いています。

しかし、体調不良やストレスなどの要因でホルモンバランスがくずれたりすると、自浄作用が低下します。そのため、大腸菌やブドウ球菌など、一般細菌が異常に繁殖し、炎症を起こすものです。
________________________________________________

2.細菌性膣炎の病原体

大腸菌、ブドウ球菌などの一般細菌
________________________________________________

3.細菌性膣炎の感染ルート

一般細菌は常在菌で、もともとは膣にも存在しています。膣を酸性に保つ自浄作用が低下したときに発症します。

また、性行為によって一般細菌を大量にうつされた場合にも発症しやすくなり、コンドームによる予防が効果的です。
________________________________________________

4.細菌性膣炎の検査方法

膣分泌液を採取し、細菌を調べます。
________________________________________________

5.細菌性膣炎の症状

おりものが増え、悪臭がします。痒みが出ることもありますが、何も自覚症状が出ないこともあります。
________________________________________________

6.細菌性膣炎の治療法

抗生物質を服用したり、塗ったりします。また膣錠を挿入することもあります。

________________________________________________

7.細菌性膣炎の注意点

気が付かないまま炎症が進行して、子宮頸管炎を起こすと、早産や流産の原因になることもあるので要注意。

この情報はあくまでもご参考程度にとどめて、ご心配なら専門医にかかって下さい。情報をどう使うかは、自己責任でお願い致します。

________________________________________________

なお、細菌性膣炎は自宅で検査キットによる匿名検査が可能です。HIVや他の性感染症と組み合わせて検査することが出来ます。もっと詳しく知りたい方は下からどうぞ。

*STD チェッカー TypeD(女性用)
女性に多いカンジダと細菌性膣炎の検査ができます。4,620円と大変お手頃価格です。

*STD チェッカー TypeT(女性用)

細菌性膣炎だけでなく、HIV、クラミジア感染症、淋菌感染症、トリコモナス症、カンジダ症、B型肝炎、C型肝炎など、合計 12種類の検査が可能な検査キットです。

検査1つあたりの費用が1,700円ちょっとでお得な検査キットで。女性用では売れ筋第3位の人気キットです。HIVやクラミジア感染症など、この際に全て検査して安心されてはいかがですか。



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP