あなたは、ご存知ですか?

HIV検査キットの信頼性はどれも同じではありません。選ぶなら第四世代のHIV検査です!

STDチェッカーは保健所や病院と同じ、急性期にも信頼性の高い第四世代のHIV検査です。

■STDチェッカー タイプJ(男女共通)


第四世代の抗原抗体検査について、詳細説明を関連サイトでどうぞご覧ください。

■HIVを含む検査キットの失敗しない選び方(検査キットの選び方と使い方)

 

今年も6月1日から7日まで、「HIV検査普及週間」が始まります。これはHIV検査の浸透、普及を図るために厚生労働省、公益財団法人エイズ予防財団が主唱するものです。

2006年(平成18年)から始まりました。

今回はこの「HIV検査普及週間」を利用してHIV検査を受けに行きましょう、と言う話と、ぜひ梅毒も同時に検査を受けませんか、と言う話です。

 

◇「HIV検査普及週間」はとても便利

日本では年に2回、HIV検査の普及イベントがあります。1つは今回紹介する「HIV検査普及週間」、もう1つは12月1日と中心とする「世界エイズデー」です。

「世界エイズデー」は1988年にWHO(世界保健機関)の提唱によって始まりました。こちらが12月なので「HIV検査普及週間」を6月に設定し、1年をちょうど二分割するような形にしたのかなと思います。

 

この2つのイベント期間中は全国の保健所や特別会場などで通常よりもHIV検査が受けやすくなります。例えば夜間や休日にもHIV検査を受けることが出来るのです。

中学校、高校、大学、更にはショッピングセンターなどにも臨時検査会場を設けたりします。

HIV検査の実施方法はそれぞれの地方自治体によって異なります。あなたのお住まいの自治体ではどんな取り組みをするのか、確認するには下記ページをご覧下さい。

『HIV検査普及週間』

このページの「HIV検査普及週間」実施予定一覧(地方自治体の取組予定) をクリックするとエクセルで各自治体の取り組みが記載されています。

普段は仕事や家の用事でHIV検査に行けないあなたも、ぜひこの機会に行ってみてはどうでしょうか。

 

◇ぜひ梅毒検査も同時に!

「HIV検査普及週間」を利用してHIV検査を受けるあなたに、ぜひお奨めしたいのが梅毒検査です。

まだまだあまり知られていないと思うのですが、全国の保健所ではHIV検査を受ける人に限って、梅毒やクラミジアなどの性感染症も無料・匿名で検査を受けることが可能です。

 

以前は、HIV検査は即日検査でその日のうちに検査結果が分かるのに、梅毒検査は1週間くらい後にまた保健所まで行かなくては結果が分かりませんでした。

しかし、現在では梅毒もまた即日検査可能な保健所が増えています。クラミジアなども同様です。即日検査なら1時間ほど待てば検査結果が分かります。

二度保健所に行かなくていいので大変便利です。

 

ただし、梅毒やクラミジア検査はHIVと違って、どこの保健所でもやっている訳ではありません。また、やっていても即日検査とは限りません。通常検査のみだと、やはり1週間後に検査結果を聞きに保健所へ行くことになります。

特に「HIV検査普及週間」特設会場で梅毒検査までやっているか、事前確認が必要です。あなたの最寄の検査会場へお問い合わせください。

 

◇梅毒検査をお奨めするわけ

今回、「HIV検査普及週間」を利用してHIV検査を受けるにあたって、ぜひ梅毒検査もどうぞ、とお奨めしているのは理由があります。

それは、ここ数年新規梅毒感染者が急増しているからです。下のグラフを見て下さい。厚生労働省のデータを私がグラフ化したものです。

梅毒全数報告

 

グラフをご覧頂いてお分かりの通り、ものすごい勢いで感染者が増えています。平成29年(2017年)には44年ぶりに5000件の大台を超えてしまいました。

そして平成30年(2018年)は更に増加ペースは加速しており、前年25%増の勢いです。(国立感染症研究所速報値から)

特に若い女性にも感染者が増えており、伴って母子感染も増えています。

 

一般に梅毒は感染すると必ず症状が出ると思われていますが、必ずしもそうではありません。国立感染症研究所のデータによると、2017年に報告された新規梅毒感染者4,603件を調べてみると、その24.3%、すなわち4人に1人は無症候型の梅毒でした。

つまり、感染しても症状が出ないのです。こうなるともう、HIV同様、梅毒も検査を受けてみないと感染しているかどうか分かりません。

 

以前、私が保健所でHIV検査を受けた時にも、

「HIVと一番重複感染が多い性感染症は梅毒です。」

と教えられました。

 

その梅毒に感染する人が急激に増えているのです。どうせ保健所まで行くなら、ぜひ梅毒も検査を受けて下さい。

梅毒は発見が早いほど治療期間も短くて済みます。完治出来る病気なので、とにかく早期発見が大事だという事です。

 

なお、どうしても保健所には行けないあなた、そんなあなたには自宅でHIVや梅毒の検査が出来る郵送検査キットもあります。

正しく使えば保健所や病院と同じ信頼性があります。多忙なあなたはぜひ使ってみて下さい。

 

保健所でHIV検査や梅毒検査をお奨めしているこの私も、実は保健所へは1回しか行ったことがありません。後は全部郵送検査キットです。

一度使うとその便利さ、信頼性の高さにもう保健所へ行く気がしなくなりました。

アイコンボタンSTDチェッカーは保健所や病院と同じ、第四世代のHIV抗原抗体検査です。

アイコンボタン急性期の検査では第三世代の抗体検査より信頼性が高いとされています。
バナー2

第四世代のHIV抗原抗体検査です!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気の5項目検査キット!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから