TOP コラム一覧コラム(検査/治療)>唾液によるHIV検査について

今回は唾液によるHIV検査についての情報をご紹介します。もしも購入を考えている人がいたら、まずはこの記事を読んでからもう一度考えてみて下さい。管理人なら購入しません、と言う結論の記事です。

通常、HIV抗体検査と言えば血液検査だと受け取ります。保健所でも病院でも、検査キットでも血液によってHIV抗体の有無を調べ、感染しているかどうかを検査します。

しかし、血液以外に唾液による抗体検査、と言うのもあります。皆さんはご存知でしたか?私も実際にそれを使用したり見たりしたことはありません。ネット上で紹介されているのを見ただけです。それで、あちこちとネット上で情報を探しまわりました。

私が調べたところによると、アメリカでは唾液によるHIV検査と言うのが随分前から実施されていたようです。私が見つけた記事によれば、2004年3月にアメリカ食品医薬品局(FDA)オラシュア・テクノロジー社の開発した唾液による検査キット販売を認めたとあります。

この唾液を検体とする検査キットは、日本国内でも購入することが出来ます。ただし、まだ国内で生産はされておらず、輸入品のみの流通のようです。くすり屋さんドットコムと言う会社が日本では代理店をしています。以下の情報は、くすり屋さんドットコムのホームページから得た情報です。

まず製品単体の価格は¥4,480で、これに郵送料が¥750プラスとなります。追跡可能タイプの郵送だと¥2,700だそうです。海外からの輸入なので、どうしても運送コストは国内より高くなります。

その使い方ですが、何しろ検体が唾液なので、検体採取そのものは簡単です。検査キットの先っぽを、口の中に入れて唾液を吸い取らせるだけです。

唾液採取から20分ほどすると、検査結果をその場で見ることが出来ます。つまり、血液を採取する検査キットと違って、メーカーへ検体を送る必要がありません。まさに即日検査ならぬ、即刻検査が可能と言う訳です。

詳しい使い方はこちら⇒「HIV(エイズ)検査キット・オラクイックアドバンス」

この唾液によるHIV抗体検査にはいくつかのメリットとデメリットがあります。それをご紹介しましょう。

◇唾液による検査キットのメリット

●検査結果が出るのが速い。自分で唾液採取から20分で検査キットに判定結果が表示される。

●血液を採取する必要がなく、まったく痛みや衛生面での不安を感じない。

●検査結果を見るのは自分一人なので、まさしく秘密でこっそり検査が可能。

◇唾液による検査キットのデメリット

●信頼性では血液検査に劣る。この点については後ほど詳しく検証します。

●輸入品であり、サポート体制が不十分。検査が無効になっても、いっさい関知しないと書かれています。また、製品の問い合わせにも応じないそうです。

●商品を申し込んでから、手元に届くまでに時間がかかる。海外からの取り寄せなので、国内の検査キットのように今日申し込んで明日入手、と言う訳にはいきません。

デメリットはこの3つなのですが、信頼性についてはもう少し詳しくお話します。

販売会社の説明では、血液検査に比べて信頼性は99.3%と書いてあります。これは、何を根拠にそう書いているかと言うと、HIV感染者767人に対してこの検査キットを使ったところ、762人に陽性判定が出たそうです。

つまり、762人/767人=99.3%、と言う訳です。0.7%の人は偽陰性、すなわち本来陽性であるのに陰性と判定されたわけです。このデータから信頼性をどう評価するか、と言う問題です。

もしも私が自分のHIV感染を調べるなら、0.7%は陽性が陰性と判定される検査キットは絶対に使いません。これが逆で、陰性が陽性と出るならまだ いいでしょう。現に今の血液採取の抗体検査でも本当は感染していない陰性の人に対して陽性が出る、いわゆる偽陽性はあります。

しかし、この偽陽性の場合には、確認検査を行って感染の真偽を確かめ、正しい判定結果を確定させることが可能です。だけど、本当は陽性なのに、陰性 と出たらどうしますか?そのまま放置すれば、いきなりエイズを発症することになります。命にかかわる問題ではないですか。

そう考えると、管理人だったらやはり血液採取の検査キットを選びます。むろん、サポート体制も十分整った検査キットの方がいいです。

日本国内ではあまり使われていない唾液タイプの検査キットですが、アメリカでは広く使われているようです。アメリカ西海岸では人気ナンバーワンの商品だとか。この検査キットの持つメリットが高く評価されているのだと思います。

最終的には、メリットとデメリットを知った上で、購入するかしないかを決めればいいと思います。この記事が参考になれば幸いです。

最後に私が自分のHIV感染を疑ったときに使用した検査キットをご紹介します。これは血液で抗体検査を行う方式です。

あなたが保健所に行く時間がなかったり、誰にも知られたくない、誰にも会わ ずに HIV検査を受けたいと思うならこれがお勧めです。

*私がHIV感染の不安に悩んだとき使った検査キットです。10分で終わりました。

STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)




・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP