妊婦がHIV検査を受けたときの偽陽性について検証してみます。

あなたが保健所や病院でHIV検査を受けたとき、仮に「陽性」判定が出ても一次検査ではまだあなたの「陽性」は確定しません。次に二次検査を受けて、そこでも「陽性」判定が出たら初めて「HIV陽性」が確定します。

・・◇偽陽性とは何か?


すなわち、HIV検査の一次検査では、あなたが本当はHIVには感染していないのに、間違って「陽性」判定をしてしまうことがあります。これを「偽陽性」と呼びます。

なぜ「偽陽性」が出るかと言えば、HIV検査では感染の可能性がある受検者を見逃さないようにしているからです。少し乱暴な言い方をすれば、ちょっとでもHIV感染の可能性があれば取りあえず「陽性」判定にするのです。従って、HIV検査で「陰性」となればその時点でHIVに感染していないことが確定します。(ただし、ウインドーピリオドを過ぎていること)

そのくらいHIV検査は感度の高い検査です。

では、実際に保健所や病院で行われているHIV検査における「偽陽性」の発生確率はいかほどでしょうか。これについては厚生労働省の関連サイトにデータがあり、当サイトでも記事にしました。⇒『HIV検査の偽陽性と偽陰性』

そのデータによると、偽陽性の発生確率は以下の通りです。

●即日検査の場合=77%

●通常検査の場合=50%

以上がHIV抗体検査における「偽陽性」の発生確率です。


・・◇妊婦の場合はどうか?


先ほどの「偽陽性」発生確率は全ての受検者を対象にしたデータです。ところが、ここに妊婦だけを対象とした「偽陽性」の発生データが載っていました。⇒『妊婦HIV検査で結果が陽性だった方へ』

このデータによると、

●1次検査で「陽性」となる確率
10000人に31人

●二次検査でも「陽性」となる確率(すなわち、本当にHIVに感染している確率)
10000人に1人

なのだそうです。この数値が過去のデータから分かっているのです。

すなわち、妊婦HIV検診をうけた10000人に対して、1次検査では31人が「陽性」となり、更に二次検査でも「陽性」となるのはそのうちたった1人です。すると、妊婦だけに限って言えば「偽陽性」発生率は、

●妊婦HIV検査の偽陽性発生率
(31-1)/31=0.968 すなわち 96.8%となります。これは全てのHIV受検者に対する偽陽性発生率と比較するとかなり高い値となります。

実際、多くのHIV関連サイトで「妊婦は偽陽性が出やすい」とした記事を見かけます。ただ、残念なことになぜ妊婦には偽陽性が多いのか、その理由が明確に示された記事を見たことがありません。もしかしたらまだ原因ははっきり分かっていないのかも知れません。



・・◇しかし、いくら偽陽性率が高くても・・・


最後にひとつだけあなたに気を付けて頂きたいことがあります。あなたが妊婦健診を受けて「陽性」判定を受けたとき、どうせ「偽陽性」だろうから二次検査はもういいや、なんて思わないで下さい。

たった3.2%の確率であってもあなたが本当にHIVに感染している可能性が残っています。万一あなたが本当のHIV陽性だったら、母子感染が発生する可能性があるし、あなたご自身の治療も遅れてしまいます。出産前にHIV陽性がハッキリ分かっていれば母子感染予防処理も出来ます。

従って、妊婦HIV検査の結果が「陽性」だったとき、必要以上に心配することは不要ですが、無視することは危険です。どうぞ二次検査を受けて下さい。

*「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?


・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP