TOP コラム一覧コラム(HIV/エイズの現状編)>都道府県別HIV感染者


今回は、都道府県別のHIV感染者をお話します。

このサイトの「HIV・エイズ基礎知識」のカテゴリーの中に、「都道府県別エイズ患者」と言う項目があり、全国の都道府県別にHIV感染者(累計)の件数を一覧表にしてあります。データは、2007年度のエイズ動向委員会報告によります。感染者の多い都道府県を上位10県、並べてみると、以下のようになります。

1.東京都       3,626 人
2.大阪府          945 人
3.神奈川県         699 人
4.愛知県            510 人
5.千葉県            497 人
6.茨城県            425 人
7.埼玉県            296 人
8.長野県            242 人
9.静岡県            234 人
10.兵庫県          170 人

(エイズ動向委員会 2007年度報告による)

これを見ると、概ね人口の多い都道府県に感染者が多いように見えます。感染者が人口に比例するのはある意味分かります。では、感染者を人口で割って、人口比率で感染者が多い順に並べてみたらどうなるでしょうか。

1.東京都          2.79
2.茨城県         1.43
3.長野県           1.12
4.大阪府            1.07
5.山梨県            0.94
6.栃木県            0.84
7.千葉県            0.80
8.神奈川県         0.78
9.愛知県            0.69
10.静岡県          0.62

指標は、(2007年累計HIV感染者数/2005年国勢調査による人口)×10000

この2つのデータを見比べると、HIV感染者の件数で上位10には入らず、人口比率で上位10位に入った県が2つあります。山梨県と栃木県です。山梨県は感染者の累計件数では19番目、栃木県は11番目でした。

また、長野県は累計件数では8番目、人口比率では3番目に入っていますが、人口で言えば全国16番目です。人口の割にはHIV感染者が多い県と言えるのでしょうか。

長野県の公式ホームページを見ると、2008年の長野県でのHIV感染者(累計)248人のうち、日本人感染者は92人で37.1%、残りは外国人感染者だそうです。他県のデータが分かりませんが、全国平均では日本人感染者の比率は78.2%だそうですから、かなり外国人の感染者が多い県だと言えると思います。これだけ外国人感染者が多いと、他県とは少し違うHIV感染予防運動も実施されているのでしょうか。
________________________________________________

あなたにとって早期のHIV検査がどれほど大事か、ぜひ次の記事をご覧ください。HIV検査を遅らせることであなたにプラスになるこは何ひとつありません。いかに危険ばかりが大きくなっていくか、お分かり頂けるはずです。

○「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」、この3つをご存知ですか?

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP