HIV・エイズ医療は世界中で研究が進み、この10年あまりの進歩は目覚ましいものがあります。今回はHIV・エイズ医療がここまで進んでいる、というお話をしたいと思います。

まず、HIV・エイズ医療の進歩を語るには、HIV感染者の平均余命を見て頂ければ一目瞭然です。仮に25歳でHIVに感染したとすると、そこからいったいどのくらい生きることが出来るのかを表したものです。


図1.平均余命 (「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」 医薬ジャーナル社 から)

グラフからお分かりのように、かつては感染すると平均余命はわずかに7年だったのです。それが、現在では何と40年にも延びています。

平均余命が延びた1997年以降は、HAARTと呼ばれる多剤併用法による治療が極めて効果的であり、劇的に症状が改善されました。現在では健康な人との余命の差は10年しかありません。しかも、今後医療が進めば、もっと余命は延びるに違いありません。

次に、抗HIV医療の進化を服用する薬の差で見てみましょう。次の図2を見て下さい。


図2.抗HIV薬 (「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」 医薬ジャーナル社 から)

今から15年くらい前は、1日に20錠もの抗HIV薬を5回に分けて服用していました。それが今ではわずか1日1回、2錠を服用するだけでいいのです。

抗HIV薬は飲み忘れが1ヶ月に3回か4回発生しただけで効き目がなくなります。常に抗HIV薬の血中濃度をある一定のレベルに保つ必要があるのです。それゆえ、患者さんにとっては1日に5回も服用を続けるのは大変な負担となっていたそうです。

更に、キチンと治療を受けてCD4という免疫力の目安になる値が安定している患者さんは、3ヶ月に1回の通院でいいそうです。(「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」 医薬ジャーナル社 から)

むろん、これは患者さん個々の病状によるのですが、通院回数が少なくてすめばこれも負担が軽くてすみます。早期に発見されて早期に治療を開始した患者さんの多くは一度も入院することなく、仕事を続けることが出来るのだそうです。

このように、抗HIV医療は進み患者さんの余命は延びると同時に医療負担も軽くなってきました。しかし、まったく問題がない訳ではないようです。どんな薬でも副作用があるように、抗HIV薬にも副作用があります。例えば肝機能障害・高脂血症・高血糖・糖尿病・発疹・腎機能障害など、様々な副作用が確認されています。(HIV感染症「治療の手引き」12版より)

新しい抗HIV薬は現在でも次々に開発され、副作用が少なくて効き目の高い新薬が登場しているそうです。また、治療は長期に渡るため、同じ薬をずっと使い続けていると、その薬が効かないウイルスが出てくるのだそうです。その対策と言う面からも新薬の開発は重要になっています。

私は医療に関しては素人ですが、素人の私が考えても今後の抗HIV医療は新しい課題を抱えているというのは理解できます。HIV感染が致死的疾患から慢性疾患に変わりつつあります。HIV感染者は治療を受けながら、この先の人生を歩むことになります。そこにはきっと、医療だけでは解決できない社会全体の問題、課題がたくさんあるのだと思います。

以上、抗HIV医療がここまで進んでいます、というお話をお伝えしました。でも、いくら医療が進んでも、自分が感染したことに気が付かず、放置していれば治療のチャンスを逃がしてしまいます。どんなに医療が進んでも、早期発見、早期治療の原則に変わりはありません。むしろ、よりその重要性、メリットが大きくなったと理解すべきだと思います。

あなたが、

「HIV?自分に限っては大丈夫・・」

なんて根拠のない気休めや自信に頼っていると、いきなりエイズを発症して

「まさか自分が感染するなんて・・」となる危険性もあります。

2010年の厚生労働省の調査結果では、HIV感染者の30.1%は自分がHIVに感染したことに気がつかず、「いきなりエイズ」を発症しているのです。

「いきなりエイズ」発症前にHIV感染が見つかればエイズ発症を防ぐことも出来ます。近年エイズ発症までの潜伏期間が短くなっており、より早期のHIV検査が重要になっています。HIV検査はあなたにとって救命的検査になるかも知れません。

最後に、私が自分のHIV感染を疑ったときに使用した検査キットをご紹介します。あなたが保健所に行く時間がなかったり、誰にも知られたくない、誰にも会わずにHIV検査を受けたいと思うならこれがお勧めです。

*保健所や病院に行かなくてもHIV検査は可能です

■自宅でHIV検査体験記


・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP