このページでは、急性HIV感染症と発疹・かゆみについて、私の体験を交えて説明したいと思います。

かつての私と同じように、全身の発疹によってHIV感染の不安を持つあなたに参考にして頂ければ幸いです。

実は、前回のコラムで「急性HIV感染症と帯状疱疹」と言うタイトルの体験記を書きました。

本当は、その記事と今回の記事を1つにしたかったのですが、あまりにも記事が長くなりそうだったので、2回に分けることにしたのです。

◇HIV感染症と皮膚疾患

さて、前回のコラムで、私が風俗で遊んだ後に、帯状疱疹を発症し、それが急性HIV感染症ではないかと不安になった体験をお話しました。

帯状疱疹は、そんなにめったにかかる病気ではないので、HIVに感染し免疫力が低下したのが原因だと思ったのです。

また、HIVやエイズ関連の色んなサイト、専門書を見ると、帯状疱疹を発症したら、HIV検査を受けることをお勧めする、といった内容の記事がごまんとあります。

こうした記事を次から次へと読んでいると、さすがに不安になってきます。

しかも、私の場合には、その帯状疱疹の前に、もう1つHIV感染を疑わせる異変が起きていたのです。

だから余計に自分はHIVに感染していると思い込みました。

さて、このページではまず私の発疹体験記を前半に、そして後半には急性HIV感染症で現れる一般的な皮疹について説明してあります。

もしもあなたが急性HIV感染症による皮疹を心配しているなら、どうぞ後半の記事までお読みください。

何しろHIV感染症では患者の90%に何らかの皮膚疾患が出ると言われてます。

HIV急性皮疹や帯状疱疹はその代表的な皮膚疾患です。

こうした皮膚疾患がHIV検査を受ける動機づけになることは十分あり得ます。

 

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ

・・

◇私が体験した全身の発疹

まず私が体験した異変とは、全身の発疹です。それはもう、思い出したくもないほどひどい発疹でした。

一番最初は、胸や腕に、蚊に刺されたような発疹が数ヶ所出ました。痛みと痒みが混ざったような気持ち悪い発疹でした。

その発疹は、突然出て来たのです。何か、腕や胸が痒いな、と思ったら発疹がもう出ていました。

私は痒みどめを塗って、そのままにしておきました。すると、翌日にはすっかりその発疹は消えていたのです。

そんなことが、数回あったのですが、発疹の原因は分かりませんでした。

何かのアレルギーかな、とも思いましたが今までにそんな経験もなく、訳がわかりません。

結局、放っておけば治るし、医者に行くことまでは考えないままでした。

ところがです。

そんなことを数回繰り返した後に、とんでもない異変が起きました。

ある日、私は会社から帰ろうとして、会社の駐車場を歩いていました。歩きながら、何か腕がかゆいな、と思いました。

でも、夜の8時過ぎで、会社の駐車場は灯りも少なくてうす暗く、腕がどうなっているのかよく見えませんでした。

私は車に乗って、車内の灯りで腕の痒い部分を見てみました。そこには、赤い発疹がいくつも出ていました。

またかぁ・・・私は一瞬、そう思いました。とにかく、自宅に帰るしかありません。

だいたい、車での通勤時間は50分程度なのです。

腕のかゆいのを我慢して運転していると、今度は足首のあたりが痒くてたまりません。

今までは、腕や胸など、上半身だけに発疹は出ていました。

今度は足にも出て来たのかな・・・と思いながら、とにかく痒みを我慢して自宅に急ぎました。

そして、自宅に戻るなり、部屋の明るい照明の下で、パンツ1枚になって調べました。

その時、私は自分の身体に何が起きているのか、まるで分かりませんでした。

全身が、それこそ顔から下、足首までが真っ赤なのです。

ものすごい発疹です。全身を埋め尽くすような発疹が出ていて、我ながら気持ち悪くて目まいがしそうでした。

今までのポツリ、ポツリとは丸きり程度が違います。もちろん、こんな発疹は生まれて初めてです。

発疹に触ると痒いのですが、触らなければそれほど痒くもありません。私は、しばし呆然として、妻や娘と相談しました。

絶対に病院に行くべきだと、妻は言いました。もう夜の10時近くになっていましたが、救急病院なら開いています。

体温を測りましたが、平熱で異常はありませんでした。

どうしよう。もう少し、様子を見てからにしようか・・・。私は迷いました。

でも、どう考えても尋常ではありません。

こんな発疹が出るのは、必ず身体のどこかに原因となる異常があるはずで、早く診てもらった方がいいに違いないと言う結論に達しました。

さて、救急病院へ行こうとして、出かける寸前、私はまた身体の異変に気付きました。

帰宅から2時間ほど経過していたのですが、明らかに発疹が減っています。

先ほどまで、全身を覆い尽くしていた赤い発疹は、いつの間にか半分くらいになっていました。

私は、急きょ病院行きを保留にし、しばらく様子を見ることにしました。

すると、帰宅してから4時間ほど経過した段階で、あの気持ち悪かった発疹は、ほとんど消えていました。

もう、何が何だかさっぱり分かりません。

下に続く・・・

 

重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO

◇病院に行ったけど・・・??

しかし、さすがにあの発疹の気持ち悪さは生々しく私の記憶に残り、何もなかったことには出来ませんでした。

いつまた、発疹が出てくるかも分からない。そう思うだけで恐ろしくなり、私は翌日、病院へ行きました。

むろん、自分では原因はさっぱり分からないので、大きな総合病院に行きました。

昨夜の状況を思いだしながら、先生に話しました。全身に出る前に、腕や胸に出ていたことも話しました。

先生のお話では、食べ物でのアレルギーではなさそうだと言うことでした。

食べ物でアレルギー反応が出た場合には、その原因となる食べ物が体内に残っている間は、アレルギー反応が続くものらしいのです。

私の場合は、急に発疹が出てきてから、3時間くらいして消え始め、5時間くらいでほぼ全部消えたのです。

食べ物が原因でのアレルギーだと、そんな短時間で消えることは考えにくいと先生は言いました。

私の話から、一番可能性が高いのは化学物質によるアレルギー反応だと先生は言いました。

しかし、私はその日に限って特別な環境や材料、業務を経験した訳でなく、いつも通りに会社での時間を過ごしました。何も心当たりがありません。

また、先生は精神的なストレスから発疹が出た可能性もあると言いました。

それは・・・ちょっと心当たりがありました。当時は出張で国内外を飛び回っており、肉体的にも精神的にも、かなり慢性的に疲労を覚えていたのです。

とにかく、病院に行ったときには昨夜の痕跡は跡かたもなく消えており、先生も調べようがないとのことでした。

次にまた発疹が出たら、すぐに病院に来なさいと言われました。

そして、それ以後、全身の発疹は一度も出ていません。

たまに、腕や胸にはポツポツと出ることがあるのですが、そのままにしておけばすぐに消えるし、病院には行きませんでした。

さて、これが私の体験した全身発疹です。

まぁ、この体験だけでも随分と気持ち悪いのですが、私の場合はこの後に帯状疱疹を発症し、微熱が続いて頭痛や下痢、肝機能障害まで出てきて悲惨な状況でした。

しかもHIV感染に心当たりのある行為を繰り返していた時期だったので、間違いなくHIVに感染したと思い込んだのです。

下に続く・・・

 

一番人気の5項目検査キット!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから

◇HIV急性皮疹とは?

さて、私は突如として私の体中に現れた発疹を、HIVに感染した初期症状だと思い込みました。

確かにHIVに感染するとその初期症状として発疹が出ることがあります。これを「HIV急性皮疹」と言います。

HIV急性皮疹には次のような特徴的な症状があります。


●直径5mmから10mm位の紅斑丘疹が出る。紅斑丘疹とは、皮膚が小さい範囲で盛り上がり、赤くなる発疹です。

●発熱、筋肉痛、リンパ節の腫れ、下痢などの症状を伴う。

●発疹は1週間から2週間くらい続き、自然と消えてしまう。

私の場合は数時間で発疹が消えてしまったので、この点がHIV感染による発疹とは異なります。

でも、こんな知識は最初知らなったのでHIV感染が不安でたまりませんでした。

管理人注記:今回記事にした全身の発疹は、それから約10年後に2回目を経験します。

この記事の時と全く同じように全身にかゆみを伴う発疹が出ました。

蕁麻疹
全身の発疹・右脚部分を撮影

2回目を診察してくれた医師の話では、これは蕁麻疹だろうということです。

蕁麻疹の75%は原因不明なのだそうです。

2回目もやはり4,5時間でウソみたいに消えました。(2015年4月)

◇私があなたに伝えたい2つのこと

さて、最後に2つだけ私からあなたへお伝えしたいことがあります。

1.HIV感染者の約90%は何らかの皮膚疾患を発症する。

私が最近読んだ『HIV感染に伴う皮膚疾患』(Visual Dermatology 秀潤社)にはHIV感染による皮膚疾患が詳しく書かれていま す。

同誌によると私が経験した帯状疱疹、全身の発疹、それに斑点や腫瘍など、HIV感染が原因で発症する皮膚疾患はとても多く、HIV感染 者の約90%が何らかの皮膚疾患を発症していると書かれてあります。

ただしHIV感染特有の皮膚疾患などはなく、何かの皮膚疾患になったからと言って過度にHIV感染を心配する必要はありません。

日本中で見れば、皮膚疾患を発症した人のほとんどはHIVには感染していないのですから。

その一方で、繰り返しになりますがHIVに感染した人の90%は皮膚疾患を発症しています。

以上のことからすると、皮膚疾患を過度に恐れる必要はありませんが、HIV感染が不安だったり、感染の心当たりがあればHIV検査をお奨めします。

あなたが万一HIVに感染していれば、早期発見によってエイズ発症を防ぐことが可能です。

2.皮膚科の専門医でもHIV感染を見逃すことがある。

あなたを診察した 皮膚科の医師が、HIV感染まで考慮してくれるかどうかは分かりません。

私の帯状疱疹を診察してくれた個人クリニックの医師も、全身発疹を診てくれた総合病院 の皮膚科の先生も、どちらもHIVについては何も言ってくれませんでした。

HIV感染者の90%が皮膚疾患を伴うのに、皮膚科の診療現場でHIV感染者が見逃されるケースは多く、複数のHIV医療専門書で問題指摘されています。

エイズ専門医が指摘する問題点の1つが皮膚科の医師の経験不足です。

実際にHIV感染者の診察事例が少ないと見落とすことも多いのが現実だそうです。

発疹、皮疹などの症状は多様なので、そこから原因を正確に判断するには経験がものを言うのでしょうか。

従って、もしもあなたを診察してくれた医師があなたにHIV検査の指示をしてくれなかったとしても、あなたの自己判断で検査を受けることをお勧め致します。

私の場合も自分で判断してHIV検査を受けました。

とにかく、現在の日本ではHIV感染者として報告された人の30%以上が自分のHIV感染に気付かないまま、「いきなりエイズ」を発症しています。

もしもあなたが今回説明したような皮膚疾患を発症したら、迷わず皮膚科へ直行すると同時にHIV検査も念頭におかれることをお勧め致します。

最後に、私が自分のHIV感染を疑ったときに使用した検査キットをご紹介します。

あなたが保健所に行く時間がなかったり、誰にも知られたくない、会わずにHIV検査を受けたいと思うならこれがお勧めです。

私が知る限り、STDチェッカーのみが第四世代のHIV検査を採用しており、非常に信頼性が高い検査キットです。

アイコンボタンHIV検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけです。
バナー2

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気の5項目検査キット!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから