「もしかしたら、HIVに感染しているかも知れない・・・いや、たぶん感染しているだろう・・・・きっと感染しているに違いない・・・。」

かつて私は自分自身のHIV感染を疑い、3ヶ月間に渡って毎日、今書いたような不安と心配を繰り返していました。食事が喉を通らないときもあったし、不安で眠れない夜もありました。HIV感染ノイローゼ寸前だったと思います。

そして、下の写真を見てください。

・・◇HIV検査結果 画面


写真1 検査結果表示画面

これは、私が使ったHIV検査キットの検査結果を表示したサイトの画面です。

ここには、HIV検査の結果が『陰性(感染していない)』とはっきり書かれてありました。この『陰性』と言う二文字を見た瞬間、私は3ヶ月間の言いようのない不安、恐怖から解放されたのです。嬉しくて涙が出て来たのを覚えています。(匿名検査なので、検査結果は私にだけ分かるシステムでした。)

今からお話する内容は、かつての私と同じHIVの感染不安に、今現在悩むあなたに私の体験をお届けするものです。

・・◇思い当たる過去と、初期症状

今思い返せば私がHIVに感染していなかったのはたまたま幸運だっただけで、逆の結果、すなわち『陽性(感染している)』と言う二文字が出ていてもおかしくない状況でした。

なぜなら、私にはHIVに感染していてもおかしくない思い当たる過去と、HIV感染を疑うに十分な感染初期症状が出ていたからです。

あなたが今、HIV感染に不安なのは私と同じように、この2つの理由があるからではありませんか?

私は仕事で海外出張を繰り返していた当時、出張先のひとつである台湾で、お酒に酔った勢いで感染の可能性がある行為をやってしまいました。それも、1回だけではありません。複数回です。

そのときは自分がHIVに感染するかも知れないなんて、思いもしませんでした。根拠のない自信、思い込みです。

そんな遊びをやった後に、帯状疱疹が出ました。この病気は大人の場合、体の免疫力が低下して発症します。HIVに感染すると免疫力が低下しますから、大人が帯状疱疹を発症した場合にはHIV感染を疑うのは、言わばセオリーです。

そして、全身に原因不明の発疹が出ました。もう、自分で見るのも気持ち悪いくらいの発疹でした。首から下、足首まで真っ赤になりました。

この他にも喉の痛みや頭痛が続きました。これらの症状はHIVに感染して2週間から6週間くらいの間に見られる、HIV急性感染症と呼ばれる症状にそっくりです。

私が自分のHIV感染を疑うのもムリはなかったと思います。

でも、私はHIV検査の結果、感染していませんでした。あんなに怪しい私でも感染はしてなかったのです。

・・◇HIV検査のみが不安から救ってくれます

今、日本では毎日どこかで4人が新しくHIVに感染している勘定です。たったの4人じゃないかと言う人がいるかも知れません。

しかし、私にはあなたがHIV感染の不安に悩む気持ちがよく分かります。めったなことではHIVに感染するはずがないと分かっていても、HIV感染を不安に思い、平常心ではいられません。

それはひとえにHIV感染が不治の病であり、生命の危機に直面する危機的な疾患だからです。風邪や下痢とは訳がちがうからです。

そして、その不安を吹き払う方法は、唯一HIV検査を受けることです。あなたがいかなる他の方法を見つけようとしてもムダです。気やすめにしかなりません。HIV感染は血液検査を受ける以外、判定方法はないのです。

症状から判断しようとしても私の例のごとく、ただの帯状疱疹なのか、ただの風邪なのか、それともHIV急性感染症なのか、症状からの判別は不可能です。

ですから、あなたがHIV感染の不安から解放されようとすれば、HIV検査を受けるしかありません。

もう一度繰り返しますが、今の日本では毎日どこかで4人の誰かがHIVに感染しています。

●1日当たり日本中でたったの4人しか感染しないのだから、あなたが感染している可能性はとっても低い。だから、そんなにに悲観的にならず、不安に押しつぶされず、ちょっとだけ勇気を出してHIV検査を受けて欲しい。

きっとあなたはHIVに感染していないことが証明され、心からの笑顔を取り戻すことが出来るはず。

●1日当たり日本中でたったの4人しか感染しないけど、でもあなたがその4人に入ってない保証はどこにもない。HIV感染が分かった人はみな、まさか自分が・・・と思うのです。

万一あなたがHIVに感染していたら、いきなりエイズ発症前の治療こそがあなたの命を救うことになる。だから、一刻も早くHIV検査を受けて欲しい。

私には、HIV感染の不安に悩むあなたに対してこの2つの思いがあります。どちらも私の本音、本気の意見です。

片方は楽観過ぎる、片方は悲観的過ぎるかも知れません。でも、これだけは言えます。HIV感染の不安はHIV検査を受ける以外に晴らす方法はありません。

そして、HIV検査を先延ばしすることによって、あなたが得することは何ひとつないはずです。

*私が使用したHIV検査キットはこれです。

STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)