日本では成人男性の60%が包茎で、1%が真性包茎だと言われています。

この記事の最後に、私からの重大な告白があります・・・・・。最後まで読んで下さい。

1.包茎ってなんだ?

あなたが男性で、ご自分は包茎ではなくても、あるいはあなたが女性でも、包茎と言う名前くらいは知っているでしょう。

俗に、

『皮かむり』

とからかわれたりします。まぁ、確かに包茎は皮かむりなのです。

一口に包茎と言っても、3種類あります。ちょっとご紹介しておきましょう。

●仮性包茎
包茎の中でももっとも多いものです。勃起していない普通のときには包皮が亀頭を覆っています。

でも、手で皮をむくと簡単に亀頭が顔を出します。また、勃起状態になると自然に皮がむけて亀頭が出てきます。

仮性包茎の場合は重度でない限りムリに手術などの治療をする必要はないとされています。

ただ、入浴時には皮をむいてきれいに洗い、清潔に保つことが大事です。

●カントン包茎
カントン包茎は普通の状態では包皮の先っぽから亀頭がわずかに露出している程度です。

しかし、元々包皮の出口が狭くて、うまく皮がむけません。ムリに皮をむくと腫れあがったり、包皮が元に戻らなくなったりします。

●真性包茎
包皮の出口が非常に小さかったり、亀頭と包皮が癒着していたりして、手でむいて亀頭を露出させることが出来ません。つまり完全に皮をかぶったままの状態です。

この真性包茎はそのまま放置していると様々な障害の原因となるため、必ず治療が必要です。

例えば正常な亀頭の発育が妨げられたり、亀頭と包皮の間に病原菌がたまりやすく、感染症の原因となります。今回のテーマ、HIV感染にも影響すると言われています。

2.真性包茎はなぜヤバイ?

もう少し真性包茎の障害について詳しく説明します。

亀頭が常に皮をかぶったままの状態であるため、亀頭と包皮の間にカスがたまりやすく、カスの部分に細菌、雑菌が多くなり、尿道炎、包皮炎、亀頭炎、陰茎癌などの原因になります。

真性包茎の男性は性行為によって相手の女性にHPVと言うウイルスをうつし、子宮頸癌の原因になることがあります。

異種、悪臭の原因にもなります。

男性が射精してもかぶさった包皮がじゃまして不妊症の原因になることがあります。

それ以前に皮をむこうとすると痛みを感じ、正常な性行為が出来ません。

このように、真性包茎は仮性包茎とちがって放置していると健康障害、妊娠障害の原因になります。しかも、性行為の相手にも健康障害を与えてしまう可能性があります。

もしもあなたが真性包茎なら、あなたご自身のため、愛する人のためにも治療をして下さい。

3.真性包茎とHIV感染

このサイトでも過去にHIV感染と包茎の記事を書きました。⇒『HIV感染と包茎』

この記事の中でも詳しく書いていますが、真性包茎のあなたはHIVに感染しやすいのです。

その理由はすでに先ほども書きましたが、真性包茎の場合は亀頭が包皮から露出することがないため、皮をむいた状態できれいに洗うことが出来ません。

言わば、常にジメジメした状態なのです。それが不衛生極まりない上に、侵入してきたHIVを洗い流すことが出来ないため、HIVが感染しようとする細胞と接触している時間が長くなります。

それはすなわち、HIVの感染リスクが飛躍的に高くなることを意味しています。

もっと詳しく知りたいあなたはこちらから⇒『包茎手術でHIV感染は予防できるか?』

岩室紳也医師の運営するサイトで詳しく説明されています。

4.真性包茎の治療は?

包茎の中で、真性包茎とカントン包茎は泌尿器科で治療してもらうのに健康保健が適用できます。放置すれば日常生活に支障が出るし、健康障害の原因となるからです。

でも、仮性包茎はどちらかとえ言えば見た目の問題だけなので、健康保健は適用されません。

また、真性包茎やカントン包茎でも、健康保険の使えない美容外科、クリニックでは全額自己負担となります。

真性包茎、カントン包茎の手術費用としては、

●泌尿器科での手術費用(健康保険適用)

1万円~3万円程度

●美容整形での手術費用(健康保険不適用)

約20万円程度

これはあくまでも目安であって、あなたがもしも手術を受けるとしたら、あなたの症状によって手術費用は変わってくることもあります。

5.重大な告白

ちょっと大げさ過ぎたかも知れませんが、実は・・・

私は真性包茎で、手術を受けました!

そう、何をかくそう、私自身が真性包茎であり、4年前に手術を受けた経験があるのです。私は地元の泌尿器科で健康保健を使って手術を受けました。

その時の診察、手術にかかった費用は、

●手術当日に払ったお金は8500円

●事前の診察、血液検査が3800円

●術後の診察は850円

これが私が病院で払った全ての費用です。合計で¥13,150でした。これとは別に、薬代が1400円ほどかかりました。

ここであなたに1つだけ大事な忠告、アドバイスをさせて頂きます。

ネットで包茎手術を検索すると、ものすごい数の病院、クリニックが出てきます。

その多くは美容整形の類で高額な手術代を必要とします。そして、そうした病院のホームページでは、一般の泌尿器科では費用は安いけど手術した後の見た目が悪いとか性感が落ちるとか脅し文句を並べて高い手術を受けるように勧めます。

しかし、私が受けた¥8,500の手術は立派なもんで、何も不都合、不便は起きていません。

それどころか、大変立派に(?)仕上げてくれました。結局はメスを手にする医師の腕前です。

美容整形で高額費用をぶったくられたあげく、手術も不完全だったという話を目にすることもあります。あなたはくれぐれも怪しい勧誘にだまされないようにご注意下さい。

でも、どうしても手術後の仕上がりが気になる、一生に一度だから万全を期してやりたい、と言うあなた。費用は多少高くついても包茎の専門家に手術して欲しいと希望するあなた。

私が数あるクリニックの中から、ここは信用出来そうだなと思うクリニックを3つばかり選んでみました。あくまでもホームページからの情報だけであり、私が実際に手術をしてもらった訳ではありません。

あなたがクリニックを選ぶ参考にして下さい。

くれぐれも、ケバイ広告や、あおりまくった広告のクリニックは止めた方が無難です。

◇まずは無料で相談出来るクリニック

名前 オススメポイント 場所
上野クリニック
カウンセリングが無料で受けられます。
とにかくホームページが詳しくて、信用出来そう。
札幌・ 仙台・新潟・静岡・八重洲・渋谷・上野・新宿・名古屋・名古屋栄・大阪北・大阪南・横浜駅前・千葉・大宮・広島・岡山・福岡

本田ヒルズタワークリニック
メールで相談が出来ます。
日本で一番予約が取りにくい包茎専門医だそうです。
東京駅前・名古屋・京都・神戸・岡山・小倉・宮崎・石垣・那覇
ABCクリニック
メールで相談が出来ます。
ホームページがとても分かりやすいです。
札幌・仙台・大宮・船橋・新宿・神田・横浜・名古屋・梅田・難波・高松・広島・福岡・沖縄


無料相談の対応である程度信用出来るクリニックかどうか、判断出来ます。
あくまでもあなたの立場で相談に乗ってくれるクリニックを選んで下さい。