HIV感染者の約90%は何らかの皮膚疾患を発症します。

皮膚疾患からHIV感染がみつかることも多いのです。

HIV感染に伴う皮膚疾患を特集した雑誌、「Visual Dermatology」(秀潤社)からの情報をあなたにお届け致します。

かなり長い記事になりますので目次をつけます。

お急ぎのあなたはここから読みたい記事をクリックしてください。

【目次】

◇私の体験談

◇HIV 感染者の90%は皮膚疾患を伴う

1.HIV感染の急性期に見られる皮膚疾患

①急性期皮疹

2.皮膚粘膜感染症

①帯状疱疹

②単純ヘルペス

③水いぼ

④尖圭コンジローマ

⑤梅毒

⑥カンジダ

⑦白癬

3.腫瘍(しゅよう)性病変

①カボジ肉腫

4.その他のHIV関連皮膚疾患

5.まとめ

◇私の体験談

いきなりですが、ある日突然、あなたが今までに経験したことのない発疹や水ぶくれ、斑点などが体に出てきたら・・・・

あなたはどうしますか?

「いったい、自分の体に何が起きているのか?」

悪い病気じゃないだろうかと、不安になり、心配にもなりますよね。私は過去にそんな体験を2回しています。

そしてHIV感染不安に陥りました。

私が経験した皮膚疾患の最初は、全身の発疹でした。最初は腕や足にポツポツと出ていたのですが、ある日突然、全身に発疹が出ました。

大きな総合病院の皮膚科で見てもらいましたが、すぐに発疹が消えたため原因不明のままでした。

それから1ヶ月くらいして、今度は帯状疱疹(たいじょうほうしん)を発症しました。

帯状疱疹とはヘルペスウイルスによる皮膚疾患の1つで、免疫力が低下すると発症することがあります。ヒリヒリする痛みを伴う発疹、水ぶくれが出来ます。

全身の発疹、帯状疱疹、どちらも生れて初めての経験で、私はてっきりHIVに感染していると怯えました。

「HIV感染に伴う皮膚疾患」を読んで分かったのですが、

「HIV感染者の90%は何らかの皮膚疾患を発症する」

のです。

ここで紹介する皮膚疾患からHIV感染を疑ったり、エイズ発症を診断することが出来る訳です。

特にエイズ発症前のHIV感染急性期や、無症候期に皮膚科でHIV感染が見つかることは非常に意味のあることです。

なぜなら、早期発見は早期治療につながり、エイズ発症を抑えることにつながるからです。

そう言う意味では、私が自分の皮膚疾患によってHIV感染の不安を持ったことは大正解でした。

それがきっかけで私はHIV検査を受けたのですから。

この記事が少しでもあなたのHIV感染予防、いきなりエイズ予防のお役に立てれば幸いです。

【目次に戻る】

 

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ

◇HIV 感染者の90%は皮膚疾患を伴う

「HIV感染に伴う皮膚疾患」の中に、東京医科大学皮膚科のデータが紹介されています。

この皮膚科に2004年から2008年の間に診察を受けに来た人の中で、症状からみてHIV感染の疑いがあったり、入院や手術前のスクリーニング目的でHIV検査を行った人は3,764人いたそうです。

そして、そのうち23人がHIV感染者だったのです。

このHIV陽性者が見つかった確率を保健所で行われているHIV抗体検査と比較したデータも載っていました。

◇東京医科大学皮膚科(2004年~2008年)    

3,764人  陽性者  23人  0.61%

◇保健所におけるHIV抗体検査(2008年)     

126,893人  陽性者  245人  0.193%

東京医科大学皮膚科における陽性率は保健所の3倍以上も多くなっています。

確かに、皮膚科を訪れる人はその時点で何かの症状が出ている訳ですから、保健所にHIV検査に行く人たちよりも感染の可能性は高くて当然かも知れません。

しかし、実際にただの皮膚病だと思って診察を受けにいったらHIV感染だったと言う人がこれだけいる訳です。

では、HIVに感染すると、どんな皮膚疾患が現れるのか、説明していきましょう。

ここでご紹介する皮膚疾患には2種類あります。

1つはHIV感染の免疫不全が原因で発症する皮膚疾患です。

そしてもう1つが直接HIV感染が原因ではないけど症例として重複感染の多い皮膚疾患です。

すなわち、以下にご紹介するような皮膚疾患が発症したときにはどちらもHIV感染が疑われるべき症状と言えます。

◇HIV感染による免疫不全で発症する皮膚疾患

HIV感染による免疫不全で発症する皮膚疾患
疾患名 主な症状
急性期皮疹
直径が5mmから10mmくらいで、赤い膨れた丘疹が体中に出来ます。
そのまま放置しておいても1週間から2週間ほどで自然と治ります。
帯状疱疹
通常体の左右どちらか片側に発症します。ヒリヒリするような痛みから始まり、やがて虫に刺されたような赤い発疹と水ぶくれが出ます。
単純ヘルペス
唇やその周辺、性器やお尻などに小さな水ぶくれが何個か集まって出来ます。感染した場所の近くのリンパ節が腫れて痛みを伴ったり、発熱や頭痛を伴うこともあります。
伝染性軟属腫
(水いぼ)

2mm程度の肌と同じ色か、白っぽい丘疹(ふくれのある発疹)で、丘疹の中央に小さな凹みがあります。
口腔内カンジダ症
口の中のほおの粘膜部や舌が白い苔(こけ)状の物に覆われたようになります。咽頭や食道にも発症することもあります。
爪白癬
(はくせん)
足の爪が白くなります。
カポジ肉腫
暗い紅色か紫色の平坦な斑点が段々と盛り上がり、肉腫となって下半身からお腹や腕、首、顔と色んな場所に次々と出ます。気道や消化管の粘膜、リンパ節などにも出ます。

◇HIV感染と重複感染の多い皮膚疾患(性感染症)

HIV感染と重複感染の多い皮膚疾患(性感染症)
疾患名 主な症状
梅毒
第1期は粘膜部や皮膚に丘疹(盛り上がった斑点)が出来ます。第2期には梅毒性バラ疹と呼ばれる淡い紅色の斑点が体の色んな場所に多発します。
尖圭コンジローマ 性器や肛門の周囲に先のとがった小さなイボが出来ます。


もしもあなたの体に、ここにあげたような発疹や水ぶくれが現れたらただちに皮膚科で診察してもらって下さい。

そして、頭の隅には必ずHIV感染のことも忘れないようにして下さい。仮に皮膚科の先生が何も指示しなかったとしてもです。

あなたにHIV感染の心当たりがあるのなら、迷わずHIV検査をお勧め致します。

私の場合も帯状疱疹、全身発疹、いずれのときも皮膚科の医師はHIV感染については何も指示してくれませんでした。

HIV感染との関連性は非常に高いのにもかかわらずです。

【目次に戻る】

 

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ

 

ここからは各皮膚疾患を少し詳しく解説します。関心のあるあなたはどうぞ最後までご覧下さい。

1.HIV感染の急性期に見られる皮膚疾患

◇急性期皮疹

HIVに感染して2週目くらいから6週目までがHIV感染の急性期で、この急性期に現れる発疹を 急性期皮疹と言います。

急性期皮疹は直径5mmから10mmくらいの赤い斑点のような発疹が胸や背中に出ます。

発疹と共に発熱や全身の筋肉痛などの症状が出ることもあります。

急性期皮疹はHIV感染者の約75%に見られる皮膚疾患ですが、放置しておいても1週間から2週間で自然治癒します。

そのためにHIV感染としての皮膚疾患であることが見逃されてしまいがちです。

本当はHIV感染の早期発見の重要な手がかりなのです。

もし、あなたの体にこのような斑点、発疹が見られたら、皮膚疾患だけでなくHIV感染も疑うことをお勧め致します。

【目次に戻る】

2.皮膚粘膜感染症

皮膚粘膜感染症とは、ウイルス、細菌、真菌などによって、皮膚や粘膜に症状が現れる感染症です。

口腔カンジダ症や帯状疱疹のようにHIV感染による免疫力低下で発症する日和見感染症と、梅毒、尖圭コンジローマのようにHIVとの重複感染が多く見られる感染症があります。

①帯状疱疹

帯状疱疹は私が自分のHIV感染を疑うきっかけとなった皮膚疾患です。

子供の頃に水痘(水ぼうそうのこと)にかかると、病原菌であるヘルペスウイルスは完全には消えず、大人になっても神経節と言う場所に残ったままになっています。

そして免疫力が低下したときにヘルペスウイルスが暴れ出して発症することがあるのです。

症状としては体の左半分か、右半分のどちらか片側に痛みを感じ、その後小さな水泡が現れます。赤い斑点のようになり帯状に分布します。

詳しくは私の体験記をご覧下さい。

帯状疱疹はHIV感染者以外でも珍しくない皮膚疾患なので、帯状疱疹になったからと言ってHIV感染だと決めつける必要はありません。

しかし、一方で帯状疱疹はHIV感染による免疫低下で見られる皮膚疾患でもあります。

あなたが帯状疱疹を発症したら、HIV感染の心当たりがなくてもHIV検査を受けておく方が安全です。むろん、心当たりがあれば絶対です。

私の場合は、担当医はHIVには何も言及してくれませんでした。HIV感染が不安になった私は自分の決断で検査を受けたのです。

【目次に戻る】

 

重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO

②単純疱疹(単純ヘルペス)

単純ヘルペスウイルスによる日和見感染により発症します。ヘルペスウイルスによる感染はHIVに感染していない健康な人にも見られます。

単純疱疹は多くの場合、唇や性器に痛みや違和感を感じ、数日後に直径1mmから2mm程度の小さな水泡がたくさん集まって現れます。

③伝染性軟属腫(水いぼ)

ポックスウイルスによる感染症です。普通は子供の頃に発症し、大人がかかることは稀です。HIV感染者については免疫不全による日和見感染症として発症します。

2mm程度の肌と同じ色か、白っぽい丘疹(ふくれのある発疹)で、丘疹の中央に小さな凹みがあります。

④尖圭コンジローマによる皮膚疾患

尖圭コンジローマは梅毒、B型肝炎などと同じくHIVと重複感染の多い性感染症です。

尖圭コンジローマに感染していると性器の炎症部、潰瘍部からHIVが感染しやすく、そのために重複感染が多くなっています。

尖圭コンジローマの病原菌は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の6型、11型とされています。

症状としては、性器や肛門の周囲に先のとがった小さなイボが出来ます。特にHIVとの重複感染においては、肛門周辺への発症が多いとする報告もあります。

⑤梅毒による皮膚疾患

私が保健所にHIV検査に行ったときにもらったHIV感染予防マニュアルには、

「HIVと重複感染が一番多いのが梅毒である」

と書いてありました。

従って、もしもあなたが皮膚科で梅毒感染だと分かった場合には、必ずHIV検査も同時に受けることを強くお勧め致します。

多くの場合、梅毒に感染するとおよそ3週間くらい後に感染した場所の粘膜部や皮膚に丘疹(盛り上がった斑点)が出来ます。

やがてこの丘疹は浅い潰瘍(かいよう)となります。しかし、痛みは伴わず、自然に治ってしまいます。

これが梅毒の第1期に現れる皮膚疾患です。

次に感染してから約3ヶ月くらいすると、梅毒は第2期に入り、梅毒性バラ疹と呼ばれる淡い紅色の斑点が体の色んな場所に多発します。

あるいは、梅毒性丘疹と呼ばれる暗い紅色の丘疹が多発します。

これらの2期疹はかゆみを伴わないのが特徴です。しかし、時には発熱、関節痛、リンパ腺の腫れなどが出ます。

最初に書いた通り、梅毒感染者はHIVに重複感染するリスクが高く、重複感染すると梅毒の進行が速まったり、重症化することがあるので要注意です。

従って、もしもあなたに、ここに書いたような皮膚疾患が現れた場合にはまず梅毒を疑い、HIVも同時に検査されることをお勧め致します。

細菌感染症としては、梅毒の他には膿瘍(のうよう)、毛嚢炎(もうほうえん)などがあります。

【目次に戻る】

 

重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO

⑥口腔内カンジダ症

口腔内カンジダ症の病原菌であるカンジダアルビカンスは真菌(カビ)の一種で、健康な人でも約26%は常在していると言われています。(「Visual Dermatology」より)

健康な状態では免疫力によって真菌が抑え込まれているのですが、HIV感染などで免疫力が低下してくると発症します。

口腔カンジダの症状は、口の中のほおの粘膜部や舌が白い苔(こけ)状の物に覆われたようになります。

咽頭や食道にも発症することがあります。

⑦爪白癬(はくせん)

『HIV感染に伴う皮膚疾患』によれば、HIV関連の真菌症の中で、爪白癬は口腔カンジダ症に次いで多くみられる皮膚疾患だそうです。

真菌の一種である白癬菌が爪に寄生したもので、爪の先が白く濁ったような色になります。

【目次に戻る】

■あなたに少しでもHIV感染不安があれば・・・
『感染不安の人が必ず読んでいる記事』

3.腫瘍(しゅよう)性病変

腫瘍(しゅよう)とは、細胞や組織が体の正常な制御に従わず、かってに増殖して出来た組織の塊(かたまり)です。

体の表面に出来ることもあるし、体の内部に出来ることもあります。

①カポジ肉腫

カポジ肉腫はエイズ指標疾患にも指定されており、HIV感染者に非常に多く見られる皮膚疾患です。

カポジ肉腫の病原菌はHHV-8(ヒトヘルペスウイルス8型)であることが分かっており、多くの場合、CD4が300/μL以下になると発症します。

カポジ肉腫は、最初は暗い紅色か紫色の平坦な斑点です。この斑点が段々と盛り上がっていきます。

肉腫は下半身から始まってお腹や腕、首、顔と色んな場所に次々と出てきます。

皮膚だけでなく、気道や消化管の粘膜、リンパ節など臓器にも出ます。

かつてはHIV感染によるカポジ肉腫は治療が困難で、そのまま進行して致死的経過をたどることもありました。

しかし、現在ではHAARTと呼ばれる坑HIV療法と、ドキソルビシンと言うアドリアマイシン系の抗ガン剤が有効で完治する例が多くなっているそうです。

カポジ肉腫以外の腫瘍性病変としては、悪性リンパ腫、肛門部扁平上皮ガンなどがあります。

【目次に戻る】

4.その他のHIV関連皮膚疾患

好酸球性膿疱性毛包炎、そう痒性丘疹、薬疹、尋常性乾癬、色素異常症、アトピー性皮疹などがあります。

これらの疾患を調べてみましたが、専門用語のオンパレードに参りました。

申し訳ありませんが、あなたがもっと詳しく知りたい場合には、ネットで検索すれば複数のサイトで説明を読むことが出来ます。非常に難解ですが。

【目次に戻る】

5.まとめ

ここまで何やら難しい漢字の皮膚疾患を並べてきました。要は、HIVに感染すると免疫力が低下して、HIV感染者の90%に何らかの皮膚疾患が見られる、と言うことです。

もしもあなたの体のどこかに斑点や発疹が出来て、見るからに異常な様子だったらすぐに皮膚科へ行くと同時に、HIV感染のことも頭に置いといて下さい。

仮にあなたが皮膚科の先生にHIV検査を言われなくてもです。

『HIV感染に伴う皮膚疾患』の中で、東京医科大学皮膚科の斉藤万寿吉助教授、坪井良治主任教授は次のように書かれています。

『HIV感染に伴う皮膚疾患を熟知することで、皮膚疾患からHIV感染を診断出来れば、HIV感染の早期発見がもたらす個人的、社会的メリットは大きく、皮膚科医の果たす役割は大きい。』

両氏が敢えてこう提言されている裏には、皮膚科の医師がHIV感染の可能性を見逃して早期発見のチャンスを逃している現実があるからです。

また、「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」(医薬ジャーナル)の中で、国立国際医療センターの岡慎一エイズ治療・開発センター長も次のように書かれています。

『急性期に発熱、皮疹、リンパ節腫脹などの経験をする人が50%から90%いると言われています。この時期が最も早くHIV感染症を診断出来るポイントであり、医療者が見逃さないための努力が必要です。』

この提言もまた現状の医療現場がHIV感染の早期発見のチャンスを逃していることを示しています。

確かに、私やあなたの体に発疹が出たからと言って、HIV感染の可能性は低いかも知れません。

でも、いくら可能性が低くても、私やあなたがHIVに感染していないと言う保証はどこにもありません。

あなたの身を守るのはあなたです。あなたが決断してHIV検査を受けるしかありません。

HIVに感染しているかどうかは、検査を受けることでしか絶対に分からないのです。

保健所や病院が嫌なら、あなたの自宅で簡単にHIV検査を受ける方法もあります。

少しでも不安を感じたらそのままにせず、エイズ発症前に必ずHIV検査を受けて下さい。

【目次に戻る】

アイコンボタン不安があれば今すぐ!エイズ発症前のHIV検査は救命的検査です。
バナー2

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気の5項目検査キット!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから