平成26年版の全国都道府県別新規HIV感染者、新規エイズ患者の報告件数(速報値)をご紹介します。

2015年2月24日、厚生労働省エイズ動向委員会より2014年(平成26年)のエイズ動向速報値が発表になりました。(確定版は8月)

その中から全国都道府県別の新規HIV感染者、新規エイズ患者の報告件数をご紹介します。

なお、2014年の新規HIV感染者、新規エイズ患者の感染ルート、年代別感染分布、いきなりエイズ発症率、保健所検査件数などの詳細データはこちらからご覧頂けます。

■平成26年エイズ動向速報値

◇2014年 都道府県別新規HIV感染者・エイズ患者数

区分 新規HIV感染者 新規エイズ患者
都道府県 2014年 累計 2014年 累計
北海道 19 235 8 143
青森県 2 48 3 28
岩手県 1 27 0 29
宮城県 8 117 0 28
秋田県 1 21 0 23
山形県 2 23 0 23
福島県 3 63 2 43
茨城県 10 516 11 314
栃木県 12 236 10 189
群馬県 13 179 7 132
埼玉県 24 480 23 328
千葉県 36 735 21 500
東京都 404 6,295 95 1,952
神奈川県 67 1,154 28 560
新潟県 2 85 1 57
山梨県 0 106 1 44
長野県 4 300 4 194
岐阜県 9 127 11 109
静岡県 16 387 8 195
三重県 9 144 2 84
愛知県 65 986 31 502
富山県 2 36 0 26
福井県 2 47 6 31
石川県 9 72 3 36
滋賀県 4 69 5 55
京都府 12 221 6 106
大阪府 151 2,112 52 686
兵庫県 23 365 11 207
奈良県 7 97 6 67
和歌山県 2 56 1 46
鳥取県 0 13 3 14
島根県 1 17 2 7
岡山県 13 115 7 70
広島県 16 204 10 101
山口県 1 54 2 19
徳島県 4 29 1 20
香川県 1 50 1 37
愛媛県 5 69 1 50
高知県 4 34 3 19
福岡県 47 435 24 204
佐賀県 4 27 1 13
長崎県 7 46 3 28
熊本県 5 74 6 54
大分県 9 48 2 25
宮崎県 8 41 5 31
鹿児島県 7 75 5 54
沖縄県 24 188 9 98
合計 1,075 16,858 445 7,633

(表1)都道府県別新規HIV感染者と新規エイズ患者

なお、このデータはあくまでも報告件数ベースであり、新規のHIV感染者、エイズ患者が報告された都道府県に居住しているとは限りません。例えば北海道に住んでいる人が東京に遊びに来てHIV感染が見つかれば東京でカウントされます。

また、あなたの住んでいる都道府県でHIV感染者が少ないからといって、あなたのHIV感染リスクが低いとは限りません。

「俺の県はHIV感染者がゼロだから安心だ!」

なんて勘違いしないで下さい。上記の表は検査で見つかったHIV感染者の件数であり、検査を受けていない潜在的なHIV感染者が何人いるかは全く不明です。

そして少しでもHIV感染の不安があれば保健所で検査を受けてください。全国どこの都道府県でも無料・匿名でHIV検査を受けることが出来ます。

 

アイコンボタン不安があれば今すぐ!エイズ発症前のHIV検査は救命的検査です。
バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから