TOPコラム一覧コラム(基礎情報)>行為別HIVの感染確率について

ここでは、行為別のHIV感染確率について情報発信します。あなたのHIV感染予防にお役立てください。

あなたが過去にHIV感染の可能性がある行為を行ったとして、いったいその行為はどのくらいのHIV感染リスクがあるものなのか、気になりませんか?この感染リスクについてはいくつかの信頼できる公的医療サイトからデータが公開されています。

ただし最初にお断りしておきます。どんなに感染確率が低い行為でも、感染するときは1回で感染します。決して、感染確率が低いことが、あなたにとって安全とは言えないことをお忘れなく。

また、HIVの感染確率に関しては色んなデータを目にします。行為別の確率について、大方の傾向はどのデータも同じですが、数値については幅があるようです。ここにご紹介するデータも、数あるデータの1つとして参考にして頂ければと思います。

HIVは非常に感染力の弱いウイルスだと言われます。それでは実際に私たちがHIVに感染する確率というのは、いったいどの程度なのでしょうか。むろん、感染の可能性のある行為の種類によって、その確率は変わるはずです。

行為別の感染確率については、厚生労働省科学研究費エイズ対策研究事業で運営する『HIV相談マップ』というサイトにデータが紹介されています。

◇行為別HIV感染の確率

行為別1回当たりの感染確率(コンドームなしの場合)

感染リスク 感染の可能性
輸血 90%
静脈注射ドラッグ使用時の針の共有 0.67%
アナルセックス(受け入れ側) 0.5%
針刺し事故 0.3%
膣を使ったセックス(女性側) 0.1%
アナルセックス(挿入側) 0.067%
膣を使ったセックス(男性側) 0.05%
フェラチオ(受け入れ側) 0.01%
フェラチオ(挿入側) 0.005%

表1.行為別HIV感染確率

厚生労働省の関連サイトで公開されているデータなので信ぴょう性は高いと思われます。

また、このデータとは別に中四国エイズセンターのホームページでも感染確率データが公開されています。

中四国エイズセンターは、広島市にある、広島大学病院内に設置されています。厚生労働省の補助事業を受けた「中国四国ブロックエイズ対策促進事業」の中の非営利事業としてサイト運営にあたっています。

詳しいデータはこちらからどうぞ⇒「中四国エイズセンター HIV検査について」

中四国エイズセンターのデータはHIV相談マップのデータと全く同じではないのですが傾向は完全に同じです。

●性行為感染のルートで最もリスクが高いのはアナルセックスである。

●確率は低いがオーラルセックスでも感染する。


こうしたことがデータから分かります。

オーラルセックスは、HIVのみならず、他にはクラミジア感染症、淋菌感染症の感染源としてよく言われるところでもあります。これらはHIVよりも、もっと高い確率で感染し、自覚症状が出にくいとさえています。

そういったことも考えるとオーラルセックスもコンドームの使用が望ましい訳です。妊娠する心配がないのでついコンドームなしでやってしまいそうですけど、HIV感染の可能性があることをお忘れなく。実は、私自身もHIV検査を受けるまでは全く無防備でした。

次にアナルセックスはなぜ、感染確率が高いのでしょうか。もともとアナルは性器ではなく、挿入されたときに小さな傷がつきやすいのだそうです。その傷からHIVが侵入、感染します。

エイズ患者が初めてアメリカで見つかった当時、エイズは男性同性愛者の病気だと誤解されましたが、これはアナルセックスの感染確率が高いためです。当然ながら、妊娠の心配がなくてもコンドームは絶対に必要です。

また輸血による感染確率は90%となっています。かつて血友病患者に起きた薬害エイズ事件を思い起こします。大勢のHIV感染者を出してしまいました。現在では医療環境が整って、血液感染はほとんどありません。

このように、感染ルート、行為によってHIVの感染確率は変わってきます。当然、感染確率の高い行為ほど要注意ですが、最初にも書いた通り、いくら感染確率が低くても、可能性がある以上最初の1回で感染することもあり得ます。

「1回くらいなら大丈夫だろう・・・」

あなたがそんな安易な思いでコンドームを使わず、HIVに感染してから後悔しても追いつきません。繰り返しになりますが、感染確率から安全だと勘違いすることのないよう、くれぐれもご注意ください。

以上、HIV感染の確率を行為別に説明しました。最初にお断りしたように、感染確率についてはいろんな専門書、公的医療機関などにデータが出てくるのですが、全部同じ確率ではないようです。あくまでも1つのデータだと思って見て下さい。

最後に、もう1つだけあなたにお伝えしておきたいことがあります。

HIV感染は今や致死的疾患ではなく、早期に発見できればエイズ発症を防ぐことも可能になりました。まさにHIV検査は救命的検査と言えます。

従って、どんな性行為からにせよ、あなたにHIV感染の不安があるなら、一刻も早い検査をお勧め致します。

あなたがHIV検査を受ける決心さえすれば、わざわざ保健所まで行かなくても、あなたの自宅でHIV検査は可能です。あなたの都合がいいときに、誰にも顔を合わせることなく検査出来ます。

あなたにとって何より大事なことは、検査キットを使ってでも早く検査を受けることです。

アイコンボタンHIV検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけです。
バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから