TOPエイズ指標疾患その1エイズ指標疾患その2

ここでは、エイズ指標疾患と呼ばれる23の疾患の中から、カポジ肉腫、サイトメガロウィルス諸侯群、カンジダ症、ニューモシスチス肺炎の4つの疾患について説明します。

◆カポジ肉腫

ヒトヘルペスウィルス8型というウィルス感染によって発症します。エイズ指標疾患の中でも多く見られる疾患のひとつです。病名は、発見者であるハンガリーの医師、モーリッツ・カポジ氏に由来します。

紫色や、濃い茶色の数センチくらいの斑点が出来ます。またはこぶのように盛り上がったりします。発生場所は全身で、皮膚のほかに口の中やリンパ節、内臓にも出来ます。消化器系に発生した場合には、下痢や出血を伴うことがあります。

治療としては、抗HIV治療により、免疫力が回復すれば症状が改善されます。治療せずに放置すれば死に至ることもあります。

◆サイトメガロウィルス症候群

ヒトヘルペスウィルス5型というウィルス感染によって発症します。症状としては、肺炎、網膜炎、 胃腸炎、脳炎などをひきおこします。

治療には抗ウィルス薬を投与しますが、長期化することが多いそうです。治療せずに放置すれば死に至ります。

◆カンジダ症

カンジダという真菌(カビ)が引き起こす病気です。カンジダはもともと健康な人の体内にも存在していることがあります。免疫力が通常であれば、別に何の症状も出ません。

症状としては皮膚、口の中、食道、気管、肺などに炎症を起こします。ただし、エイズ指標疾患としては、食道、気管、肺に限定されています。

治療としては、抗真菌薬を投与します。

◆ニューモシスチス肺炎

以前は「カリニ肺炎」と呼ばれていましたが、今でははこの名前に変わっています。カリニという原虫が引き起こす肺炎だと思われていたのですが、実際の原因は真菌であることが分かったためです。エイズ指標疾患の中では最も多く見られる疾患です。

主な症状は呼吸困難や発熱、痰(たん)を伴わない咳(せき)などです。何も治療をしないと致死的です。治療には抗生剤を使用します。

■あなたに少しでもHIV感染不安があれば・・・
『感染不安の人が必ず読んでいる記事』

以上、エイズ指標疾患の中から4疾患をご紹介しました。1980年代にエイズが初めてテレビなどのメディアに登場したとき、エイズ患者として画面に出てくるのは必ずと言っていいほどカポジ肉腫か、ニューモシスチス肺炎の患者でした。

その印象が強過ぎて、私はしばらくはエイズとはカポジ肉腫か、ニューモシスチス肺炎になる病気だと思い込んでいました。

現在ではHIVに感染しても、カポジ肉腫や、ニューモシスチス肺炎を発症せずに済む治療法が見つかっています。何より大事なことはエイズ指標疾患を発症する前に抗HIV治療を受けることです。

すなわち、エイズ発症前にHIV検査を受ければエイズの発症を防ぐことが出来ます。

もしもあなたにHIV感染の不安があったり、思い当たる過去があるのなら、迷わず検査を受けることをお勧めします。エイズが登場した頃よりも潜伏期間が短くなっているし、エイズ発症前に治療を受けた方がその後の生存率が高く病状の回復も良好なのです。

最後に、私が自分のHIV感染を疑ったときに使用した検査キットをご紹介します。あなたが保健所に行く時間がなかったり、誰にも知られたくない、誰にも会わずにHIV検査を受けたいと思うならこれがお勧めです。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)