私たちがHIVに感染すると、体内ではHIVの増殖と、免疫細胞の破壊が同時に進行します。その経過を定量的に観察するのに、CD4数とHIV RNA量と言う、2つの指標を測定します。

今、ほんの少しでもHIV感染の不安を持っているあなたは、自分の体内で起きているかも知れない壮絶なHIVと免疫機能の戦いを想像して、一刻も早くHIV検査を受けて下さい。

HIV感染の不安が全くないあなたは、一般知識として今後のHIV感染予防にお役立て下さい。

では、CD4とHIV RNA、この2つの指標を私が自分で作った図で説明したいと思います。もっとも、素人が作った図なので、多少正確さに欠けるかも知れません。凡そのイメージで見て下さい。専門書やいろんなサイトを参考にしたので、そんなに大きくは間違っていないと思います。

では、下の図を見て頂きましょう。HIV感染後のHIV-RNAとCD4の量の推移を表した図です。

CD4と血中ウイルス量

この図は私たちがHIVに感染した後の、CD4数と、HIV RNA量の推移を表しています。CD4数と言うのは、血液1μL中のCD4陽性Tリンパ球の数で す。(1μLは、1リットルの百万分の一です。)この値は人の免疫力の強さを表す量だと思って下さい。

多ければ多いほど、免疫力が強くて病気になりにくいのです。HIVの感染者に対して、抗HIV薬を投与する時期は、このCD4数が指標のひとつになっています。

CD4は普通に健康な人なら、700から1300程度と言われています。これが、350から200くらいまで低下してくると、危険レベルとなり抗HIV薬投与によってCD4の数値を上げます。つまり、免疫力を薬で回復させるのです。

一方、HIV RNA量とは、感染後の血漿に含まれるHIVのRNA遺伝子の数です。HIVが体内にどのくらい増えているかを知るために測定します。CD4数とは反対に、HIV RNA量が増えていくと人の免疫力は低下し、いろんな感染症にかかりやすくなります。

「感染すると、どうなる?」でも説明しましたが、HIVは人の免疫細胞の中枢である、CD4陽性Tリンパ球にとりつき、これを破壊しながら増えていきます。つまり、体内でHIVが増えると言うことは、CD4が減ることなのです。

ここで、もう一度図を見て下さい。私たちがHIVに感染して、2週目から4週目くらいの間に、急激にHIVが増え、そしてCD4の数が減ります。このとき、急激に増えたHIVによってウイルス血症を起こし、HIV急性感染症を発症することがあります。

「HIV急性感染症」のページや、「こんな症状が出たらHIV検査を」のページでも説明しましたが、発熱、リンパ腺の腫れ、発疹、下痢、全身の倦怠感、頭痛、帯状疱疹などの症状がかなり高い頻度で出ます。

HIV急性感染症は、そのまま放置していても自然と治ってしまいます。ここからエイズ発症までの長い潜伏期間に入ります。この潜伏期間、つまり無症候期においては、HIVの量は体内で一定の値で推移します。この量をウイルス学的セットポイントと呼ぶそうです。

そして、このセットポイントがどのくらいの値かということが、その後のエイズ発症に大きな関係があります。セットポイントの値が高いほど、エイズを発症しやすいのです。これは素人なりに考えても分かります。体内のHIVの量が多いほどエイズを発症しやすい、と言うことです。

「ストップHIV/AIDS」 少年写真新聞社 岡慎一氏著によれば、セットポイントの値と、5年後にエイズを発症する頻度には次のような関係があったそうです。

●セットポイントでのウイルス量(血漿1mL中)と、5年後にエイズを発症する確率

セットポイントが 5,000より少ない場合      6%

セットポイントが 5,000から30,000の場合  16%

セットポイントが 30,000より多い場合      51%

以上のように、セットポイントが高いほど、5年後にエイズを発症する確率が高くなっています。

セットポイントで体内のウイルス量が一定になっている間にも、毎日HIVはコピーを作り続けています。そして、CD4陽性Tリンパ球は破壊されています。しかし、CD4陽性Tリンパ球もまた、毎日産生されます。見かけ上、ウイルス量が一定であっても、毎日HIVとCD4陽性Tリンパ球は戦っているのです。

以上のように、もしも私たちがHIVに感染したら、CD4数と、HIV RNA量の2つは管理指標として継続的に観察されます。それによって治療方針が決められるのです。

ただし、CD4やHIV RNAの管理といっても、それは治療を受けて初めて可能な話です。もしあなたがHIVに感染しているのに、それに気付かずどんどん進行してしまうと、いきなりエイズを発症してしまいます。

無症候期に入ったHIV感染には何も自覚症状がありません。あなたが体の異常に気付いたときにはもうエイズを発症しているかも知れないのです。

だから、あなたに何も自覚症状がなくても、HIV感染の心当たり、可能性に思い当たることがあるなら、ぜひ一度HIV検査を受けてみてください。

もしもあなたがHIV検査をまだ迷っているのなら、私からあなたへの本気の意見を読んでください。HIV検査を受けるタイミングがまさにあなたの生死を分けてしまうかも知れません。
「HIV検査があなたの命を救います」

あなたがHIV検査を受ける気持ちにはなっているけど、どうしても保健所や病院には行きたくないと思うなら、あなたの自宅でHIV検査ができます。ご参考までに私が使ったHIV検査キットをご紹介しておきます。たったの10分、しかも簡単で安全でした。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)