このページでは、HIV-1とHIV-2について説明します。

HIVにはHIV-1とHIV-2と言う2種類があります。普通、私達がHIVと呼んでいるのは、ほとんどの場合HIV-1を指しています。なぜなら、日本国内ではHIV-1の感染がほとんどであり、HIV-2の感染例はほんの数件しか見つかっていなのです。

そして、世界的に見てもHIV-1が世界中に感染しているのに対して、HIV-2は主に西アフリカを中心に感染が広まっています。でも、これから先はHIV-2に対しても警戒は必要なのだそうです。

平成21年2月に、厚生労働省から全国の地方自治体に対して、「医療機関及び保健所に対するHIV-2感染症例の周知について(依頼)」と言う通知が出されています。この通知は日本国内において、HIV-2の感染例が見つかったので、今後はHIV-2に対しても十分な警戒をするようにと呼びかけているものです。

では、HIV-1とHIV-2では、どう違うのでしょうか。まず、そもそもの由来が異なります。HIV-1と言うウィルスは、もともとはチンパンジーに免疫不全を起こすウィルスで、それが人間に感染して生まれたと考えられているそうです。

それに対して、HIV-2は西アフリカに生息するスーティーマンガベイと言う、オナガザル科の猿に免疫不全を起こすウィルスが起源と考えられています。こちらのサイトに、スーティーマンガベイの写真がありました。よかったら見て下さい。⇒「ニンバ山に生息するスーティーマンガベイ」

HIV-1が発見されたのは1983年ですが、HIV-2はそれから3年あと、1986年に発見されました。日本国内においては、正式な報告では2006年、西アフリカで輸血を受けて感染した例が最初とされています。(「これでわかるHIV/AIDS診療の基本」南江堂より)

そして、その後2007年に2例、2008年に2例と複数の感染が見つかっています。このうち2例については、来日中の西アフリカ男性と性交渉を持った日本人女性が感染したものです。まだ例は少ないのですが、これから日本でも広まる危険性があるのです。

HIV-1とHIV-2では、HIV-2の方が感染力は弱く、進行も遅いと言われています。しかし、HIV-1に対してHAART療法と言う治療方法が確立しているのに対して、HIV-2に対しては治療法がまだ確立していないそうです。この点からもHIV-2の感染拡大に対しては用心が必要ですね。

さて、HIV-1はもともとチンパンジーを宿主としていたウィルスだとお話しました。しかし、人間に感染するHIV-1はチンパンジーに対しては病気を起こしません。そして、人間とチンパンジーの遺伝子の差はわずか2%程度なのだそうです。この2%の差で免疫不全になるか、ならないかの差が生まれると言うわけです。

最後になりますが、現在行われているHIV検査のスクリーニング検査では、HIV-1とHIV-2の両方を検査しています。従って、保健所などでHIV検査を受ければHIV-1とHIV-2の両方を同時に検査することが出来ます。

HIV-1にしろ、HIV-2にしろ、感染しているかどうかはHIV検査を受けてみるしか絶対に分かりません。もしもあなたに少しでもHIV感染の不安や心当たりがあるなら、早くHIV検査を受けることをお勧めします。HIV感染に気付かずに「いきなりエイズ」を発症する人はHIV感染者の30%に達しています。

現在の抗HIV医療は進歩しており、エイズ発症前に検査で見つかればエイズの発症を防ぐことが出来るようになりました。HIV感染前と同じように学校に通ったり、仕事を続けることも可能です。そして、エイズ発症前に治療を開始した方がその後の生存確率もずっと高いのです。

しかし、近年HIVに感染してからエイズ発症までの潜伏期間が短くなっています。これはHIVが人間の免疫機能から逃れるための変異をしたためと考えられています。あなたがHIV感染の不安があるのに検査をためらっていると、早期治療が出来ないリスクが高くなります。

今や早期のHIV検査は救命的検査と言えます。どうぞあなたも勇気を出してHIV検査を受けてください。

私が自分自身のHIV感染疑惑に悩んでいるとき、自宅で使ったのがHIV検査キットでした。HIV検査は保健所まで行かなくても自宅でも可能です。

■HIV-1とHIV-2が自宅でまとめて検査出来ます。

STDチェッカー TypeJ(男女共用)
HIV検査のみ

■HIVと最も重複感染が多い梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。

STDチェッカー TypeO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について
■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声

・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP