今更ですが、「HIV検査」と名のつく検査の全体を丸ごと見て頂きましょう。

実は最近、国立感染症研究所の資料で、「病原体検出マニュアル」と言うものをネット上で見つけました。何と全部で1469ページもある大作です。

このマニュアルの中でHIV検査についてもかなり詳しく解説されています。まぁ、正直なところあまりに専門的過ぎて素人の私に全部を理解するのは難しいです。

作成年月日が平成15年12月9日になっているので、ちょっと古い資料ではあります。もしかしたらその後の検査技術の進化によって現在では古くなった記述が含まれているかも知れません。

しかし、HIV検査の全体像をつかむのが目的なので細部はこの際問題外としてご覧頂ければと思います。

ではさっそく、「HIV検査」と呼ばれるものの全体像をご覧頂きましょう。文章だけでは分かり辛いので図も用意してあります。(文字が小さくてすみません!)

HIV検査丸わかり

◇血清診断法

あなたの血液を採取してその血清からHIV抗体や抗原を調べる検査方法です。スクリーニング検査と確認検査の2種類があります。

1.スクリーニング検査

あなたが保健所や病院でまず最初に受ける検査がこのスクリーニング検査です。HIV感染の可能性を振いにかける検査です。ここで陰性になればHIVに感染していないことが確定しますが、陽性の場合はまだ確定しません。

1-1)HIV抗体検出

①セラチン粒子凝集法(PA法)
当サイトでもご紹介しているHIV検査キットがこのPA法です。

②ラテックス凝集法

③イムノクロマトグラフィー法(ICA法)
検査結果が1時間ほどで分かる即日検査に使われている方法です。

④酵素免疫測定法(ELISA法)

 

1-2)HIV抗原・抗体検査

①酵素免疫測定法(ELISA法)
第四世代のHIV検査と呼ばれている検査方法です。HIV抗体だけでなく抗原まで検査することから、ウインドーピリオドを短くすることが出来ます。ただし、抗原検査は検査出来るのがHIV-1のみであるため、必ず抗体検査とセットで使われます。

 

2.確認検査

スクリーニング検査で陽性になったとき、この確認検査で本当にHIVに感染しているかどうか確認します。この検査で陽性になればHIV陽性が確定します。この検査で陰性になればスクリーニング検査の陽性は偽陽性だったことになります。

2-1)ウエスタンブロット法(WB法)

2-2)イムノブロット法

 

3.その他

3-1)HIV抗原の検出(p24 Ag)

①酵素免疫測定法(ELISA法)

 

 

◇病原体の検出法

1.ウイルス分離培養(共培養法)

2.遺伝子検査

①PCR法によるウイルスDNAの検出
現在、最もウインドーピリオドが短いとされているNAT検査がこの検査方法です。

②HIV-1 RNA量の測定
RNA量はCD4数と並んで抗HIV治療の重要な指標となります。

③HIVの遺伝子型(サブタイプ)判別検査

④HIV-1の薬剤耐性遺伝子検査

HIV検査丸わかり

特別新しい情報ではありませんが、当サイトで個別に説明してきたHIV検査を全体像が分かるようにまとめてみました。

関連記事:HIV(エイズ) 検査の概要 

関連記事:HIV(エイズ)検査の種類

アイコンボタン不安があれば今すぐ!エイズ発症前のHIV検査は救命的検査です。


バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから