このページでは、皆さんがHIVやエイズに関して疑問に思う、よくある質問と答えをまとめました。
私自身も疑問に思ったことも入れました。皆さんのお役に立てれば幸いです。

________________________________________________

【Q1:HIVはどこで生まれて人間に感染したのでしょうか?】

A1:HIVには、HIV-1と、HIV-2の2種類があります。

現在、日本はじめ世界中に広まっているのはHIV-1であり、HIV-2は西アフリカを中心に広まっています。

まず、HIV-1ですが、カメルーンでチンパンジーから人に感染したと言われています。HIV-2については、スーティーマンガベイと言う、西アフリカに住むサルから人に感染したと言われています。

HIVの起源には諸説あるようですが、私はあまり詳しく知りません。例えば、こういった記事がご参考になるかも知れません。
「エイズの起源」

関連記事:「HIV-1とHIV-2」:HIV-1とHIV-2の違いについて説明しています。

________________________________________________

【Q2:HIVとエイズはちがうのですか?】

A2:HIVとエイズはちがいます。

HIV=ヒト免疫不全ウイルス(ヒトめんえきふぜんウイルス)のことで、英語では、Human Immunodeficiency Virus=HIVと略します。
つまり、HIVはウィルスの名前です。

AIDS=後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)。これを英語では、Acquired Immune Deficiency Syndrome=AIDSと略します。

後天性=生まれつきではなく、HIVに感染することによって、免疫不全=免疫力が低下することによっておきる、症候群=単独の病気ではなく、日和見感染症と呼ばれる様々な病気の総称。

HIV感染で免疫力が落ちたことによって発病する様々な病気を全部まとめてエイズと呼びます。単独の病気の名前ではありません。

詳細は「HIVとエイズってちがうの?」のページを参照下さい。

________________________________________________

【Q3:HIV感染は献血で分かりますか?】

A3:献血では分かりません。

献血した血液については安全性確保のために検査はしますが、その結果は採血者に連絡されません。なぜなら、検査目的で献血する人が増えるととても危険だからです。

日本赤十字のサイトを参照下さい。また、「献血でHIV感染が分かる?」のページも参照下さい。

________________________________________________

【Q4:HIV感染は職場や学校の健康診断で分かりますか?】

A4:分かりません。

HIV感染を目的とした血液検査が必要です。一般的な血液検査は、肝機能や中性脂肪などの検査目的です。

________________________________________________

【Q5:病院で手術を受けるとHIV感染が検査されますか?】

A5:身近にいる手術経験者に聞いてみましたが、はっきりしません。

ネット上の情報を見てると、手術前後でHIV検査を行う医療機関が多いと書いてあります。手術前に検査を行うのは医療側の安全対策と、患者の今後の看護に大きな影響があるからです。

手術後に検査を行うのは輸血に伴う感染がなかったか、確認するためです。HIV検査は本人の同意のもとに行われるのが原則ですが、入院中は本人がはっきり認識しないで検査が実施されてしまうこともあるそうです。

手術に伴う検査の有無は、病院側に確認するのが一番正確です。

________________________________________________

【Q6:HIVは、感染者とキスしたり、体を触れたりしただけでも感染しますか?】

A6:感染しません。

HIVの感染ルートは、性行為感染、血液感染、母子感染の3つです。キスや抱擁などでは感染しません。

感染ルートについては、「感染ルート」のページを参照して下さい。

________________________________________________

【Q7:感染した人の尿や、便にはHIVは入っていないのでしょうか?】

A7:目で見て分かるほどの血尿、血便でなければ感染源にはなりません。

________________________________________________

【Q8:HIVは涙でも感染するのでしょうか。例えば、感染者の使用していた眼鏡などに涙が付着して、そこから感染することがあるでしょうか?】

A8:涙に含まれるHIVの量では感染しません。

________________________________________________

【Q9:近いうちに、歯の治療をするのですが、HIVは歯医者でも感染すると聞きました。本当でしょうか。本当なら、感染しないようにするのはどうすればよいでしょうか。】

A9:感染の可能性はあります。

あなたもご経験があると思いますが、歯の治療中に歯ぐきから出血することは珍しくありません。ここにHIV感染の可能性が出てきます。

例えば、出血した患者に使ったピンセットやその他のツールに血液が付着したまま、他の患者に使用した場合です。その患者も同じく出血したとすると、最初の患者がHIVに感染しているとすれば傷口から感染する可能性はあります。

あるいは、歯を治療する医者や看護師が患者の出血した血から感染する可能性はあります。

しかし、こんなことは歯医者の現場では常識であり、十分な注意が払われています。私たちが歯医者で治療を受けて、HIVに感染することはありません。

________________________________________________

【Q10:HIV感染者、エイズ患者、ともに男性が圧倒的に多いのですが、それは何故でしょうか。】

A10:確かに、HIV感染者、エイズ患者ともに男性が多いです。その理由は2つあります。

理由その1:かつて血友病患者の間で薬害エイズ事件があり、多くのHIV感染者を出しました。この血友病は99%が男性患者と言われています。そのため、HIV感染者もまた、ほとんどが男性でした。

理由その2:男性の同性愛者にHIV感染者、エイズ患者が多いのです。これは、コンドームなしのアナルセックスがHIVに感染しやすいためと言われています。性器よりも直腸は小さな傷がつきやすく、そこからHIVが感染するのです。

________________________________________________

【Q11:コンドームを使用すれば絶対に感染しませんか?】

A11:100%確実とは言えません。

コンドームは正しく使われていると非常に効果的です。ただ、コンドームだけでは防げない感染の可能性もあります。詳しくは「感染ルート」のページを参照して下さい。

________________________________________________

【Q12:風俗でオーラルセックスをしました。HIV感染がとても心配なのですが、感染の可能性はあるのでしょうか。】

A12:これも非常に多く目にする質問です。答えは、「感染の可能性アリ」です。

私が確認した限りでは、全ての専門書、公的医療機関のサイトで「感染の可能性アリ」と書かれています。

中四国エイズセンターのサイトでは、オーラルセックスの感染確率は、1回あたり0.01%から0.1%となっています。
⇒「エイズ検査について」(中四国エイズセンター)

関連記事:「オーラルセックスはここまで・・・」

________________________________________________

【Q13:性行為のときに、精液や膣分泌液を飲み込んだ場合、HIVに感染する可能性はあるでしょうか。例えば胃に潰瘍がある場合には、より感染の可能性が高いで しょうか。】

A13:これもQ8と同じ回答になります。

飲み込んだ精液や膣分泌液が、口の中、のどなどに傷や炎症があって、そこに接触すれば、感染の可能性があります。ただし、胃の中に入ってまでHIVが活性状態でいられると言う記事にはお目にかかったことがありません。

________________________________________________

【Q14:犬や猫などのペットから感染の心配はありませんか?】

A14:感染の心配はありません。

人間に感染するHIVは、人間にしか存在しません。ペットから感染する可能性はありません。

________________________________________________

【Q15:コンドームなしでセックスをして、2週間後から微熱が続いています。感染したのでしょうか?】

A15:感染しているかどうか、分かりません。

HIV急性感染症といって、感染してから数週間後に風邪に似た症状が出ることがあります。しかし、普通に風邪をひいているだけかも知れません。心配なら血液検査を受けてみるしか判定方法はありません。「急性感染症」のページを参照下さい。

________________________________________________

【Q16:コンドームなしでセックスをして、2週間後に帯状疱疹が出ました。感染の疑いが強いですか?】

A16:感染しているかどうか、分かりません。

帯状疱疹はHIV急性感染症に見られる症状ですが、感染しているとは限りません。私も発症して大変心配しましたが、「陰性」でした。A8と同様、血液検査を受けるしか判定方法はありません。

________________________________________________

【Q17:保健所の検査はどうやって受けたらいいのでしょうか?】

A17:「保健所でHIV検査を受けました」のページを参照して下さい。

無料で匿名検査が受けられます。予約から実際の検査の様子を体験記で書いています。

________________________________________________

【Q18:検査で採血のときに使う注射器から感染する心配はないでしょうか?】

A18:感染の可能性はありません。

使い捨てで再利用しません。怖いのは麻薬患者などが行う回し打ちです。普通の医療機関、保健所などの採血で感染することはありません。

________________________________________________

【Q19:自宅で検査キットを使いたいのですが、どうすればいいでしょうか?】

A19:「検査キットを使ってみました」のページを参照して下さい。

________________________________________________

【Q20:身近に相談できる人がいません。どこに相談すればいいでしょうか?】

A20;「どこに相談すればいい?」のページを参照して下さい。全国の相談窓口をご紹介しています。

________________________________________________

*私がHIV感染の不安に悩んだとき使った検査キットです。10分で終わりました。

・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

■この検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性
■この検査キットを使用した人のクチコミ情報はこちら⇒利用者のクチコミ情報



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP