このページでは、HIV、エイズに関連する用語の説明をします。
アイウエオ順に並べてありますので、参考にして下さい。

なお、本サイトのグループサイト「性感染症(性病)検査完全ガイド」には、本サイトの約4倍にあたる150語を収納したとても詳しい用語解説があります。もしもこのページで見つからない用語があれば、こちらで探してみて下さい。⇒「性感染症用語解説」

◆ア行
◇陰性
検査結果が感染していないこと。

◇ウィンドーピリオド
感染した後、しばらくは検査が正確に出来ない期間があり、その期間をウィンドーピリオドと呼ぶ。
HIV感染検査は、このウィンドーピリオドが終わってから行う。

◇エイズ
後天性免疫不全症候群。HIVに感染した人が、免疫不全に陥って発症する日和見感染症などの総称
をいう。

◇AIDS
エイズ。Acquired Immune Deficiency Syndromeの略語。

◇エイズ指標疾患
厚生労働省が定めた23の疾患をいう。HIV感染者がこの23疾患のどれか1つでも発症すると、
エイズ患者と認定される。ニューモシスチス肺炎や、サイトメガロウィルス感染症、カボジ肉腫
などがある。

◇エイズ発症期
HIV感染者が、エイズ指標疾患を発症し、エイズ患者と認定されてからの期間をいう。
急性期、無症候期を経て至る。

◇エイズパニック
1986年から87年にかけておきた、長野事件、神戸事件、高知事件などの一連の過剰報道によって
生み出された差別的社会現象。
個人の権利やプライバシーが無視された。感染者や患者の受け入れを拒否する病院、ホテル、学校、
企業などが現れ全国的な社会問題となった。

◇HIV
Human Immunodeficiency Virusの略語。ヒト免疫不全ウィルスのこと。
HIV-1型とHIV-2型の2種類がある。人の体内に侵入すると免疫細胞を破壊し、やがて免疫不全による
様々な病気を発病してしまう。

◇HIV血液検査
HIVに感染しているかどうかを判定する検査。感染の有無はこの検査を受けるしかない。
スクリーニング検査と呼ばれる1次検査と、確認検査と呼ばれる2次検査の組み合わせで行われる。
検査の種類には、抗体検査、NAT検査、抗原抗体同時検査などがある。

◇HIV急性感染症
HIVに感染した後、急性期に見られる風邪に似た症状や帯状疱疹などを、HIV急性感染症と呼ぶ。
HIVの増殖によるウイルス血症(ウイルスが血液中に入って、全身にまわること)が原因とされている。
ただし、感染した人全てに現れるとは限らず、全く症状の出ない人もいる。また、発症の程度も個人差がある。
これらの症状は、体内にHIV抗体が出来るとHIVの量が減るので、数日から10日程度で自然と治ってしまう。

________________________________________________

◆カ行
◇確認検査
HIV検査のスクリーニング検査で陽性判定が出た人が受ける2次検査のこと。
検査を受けてから結果が分かるまで1週間から2週間かかる。この検査でも陽性の結果が出ると、
感染が確定する。

◇感染ルート
HIVに感染するルートのこと。性感染、血液感染、母子感染の3つのルートがある。

◇急性期
感染初期とも言われる、感染してから6週目辺りまでをいう。
この時期にはHIVが急激に体内で増殖を繰り返し、免疫力の低下によるHIV急性感染症を起こすこと
がある。しばらくすると、免疫力がいったん回復して治ってしまう。

◇血液凝固因子製剤
血友病患者の治療や、大量出血の手術などに使用される止血用の製剤。
HIV感染者の血液が材料として混入したため、多くの患者が感染した。

◇検査キット
自宅で出来る抗体検査を用いたスクリーニング検査。匿名で検査を受けることが出来る。

◇抗原抗体同時検査
HIV感染検査のひとつ。HIVの抗原と、HIV感染によってできる抗体の両方を同時に検出する検査。
抗体検査よりもウィンドーピリオドが短い。東京都では60日と設定している。

◇抗体検査
HIV感染検査では広く使われている検査方法。HIVに感染した後にできる抗体を調べて感染の
有無を判定する。検査結果が早く分かること、費用が安くて出きるなどのメリットがある。
ウィンドーピリオドは3ヶ月と世界共通で設定されている。

◇厚生労働省エイズ動向委員会
1997年、それまでのエイズサーベイランス委員会が名称をエイズ動向委員会と変えたもの。
サーベイランスは見張りとか監視とかいう意味だが、国民にはなじみがなく分かりにくいと
いうのが変更理由だった。

◇後天性免疫不全症候群
エイズのこと。

________________________________________________

◆サ行
◇迅速検査
保健所や病院で行うHIVのスクリーニング検査で、採血後30分から60分で検査結果が出る方法を
迅速検査という。確認検査にはこの迅速検査はない。即日検査と呼ばれることもある。

◇スクリーニング検査
HIV感染検査の1次検査で、感度を高く設定して陽性の血液を見落とさないよう、ふるいにかける
検査。検査感度が高いので、本当は陰性なのに陽性と判定してしまうことがある。
この場合は2次検査として確認検査を受ける。

◇性感染症
性行為によって感染する病気の総称をいう。HIVもそのひとつ。
その他にも梅毒、淋病など十種類以上ある。

◇静注薬物使用
HIVの血液感染ルートのひとつで、静脈注射薬物濫用のこと。麻薬中毒患者の注射器回し打ち
などを指す。

◇セーファーセックス
英語では、safer sex。HIVを始め、性感染症に感染しないよう、安全性を考えた性行為をいう。

◇即日検査
迅速検査のこと。迅速検査の項を参照のこと。

◆タ行
◇体液
汗、涙、尿、鼻水、唾液、精液、膣液、母乳などのこと。
HIVは精液、膣液、母乳の中に多く含まれる。

◇帯状疱疹
子供の頃にかかることが多い「水痘」を起こすウィルスが体内に残っていて、体の免疫力が
落ちたときに皮膚に発疹を作って現れる病気。
HIV急性感染症としても見られる病気。

◇T細胞
リンパ球の一種で、免疫機能の要の役割をする。ヘルパーT細胞やキラーT細胞がある。
HIVに感染すると、ヘルパーT細胞が破壊されて免疫不全となる。

◇通常検査
保健所や病院などのHIV検査で、採血から検査結果が分かるまでに1週間から2週間かかる
検査のこと。1時間以内に結果が分かる即日検査(迅速検査)もある。

◇登録衛生検査所
病気の診断や健康診断のために採取された血液などの検体を、医療機関から集めて検査する
施設のこと。保健所や病院などからも委託を受けてHIV検査を行っている。

________________________________________________

HIVとその他の性感染症とは深い相関関係にあります。

◇検査キットの選び方(複合型編)

________________________________________________

◆ナ行
◇NAT検査
英語のNucleic acid Amplification Testを略したもの。
HIVの中の遺伝子の一部分を増幅器にかけて増やすことで、わずかなHIVの存在や量を調べる
ことができる検査。
もともとは、感染した人の治療のためにHIVの量を調べたり、輸血などに使われる血液製剤の
中にHIVが含まれていないかどうかをチェックするために開発された。

◇偽陽性
HIV感染のスクリーニング検査で、本当は陰性なのに陽性と判定されること。
スクリーニング検査は感度が高くて誤判定をすることがある。100人に一人程度の割合と
言われている。

◇粘膜部
口の中、ペニス、膣、尿道、肛門、直腸などのこと。

◆ハ行
◇HAART療法
英語では、Highly Active Anti-Retroviral Therapy。複数の抗HIV薬を、患者の症状、体質
などを見ながら組み合わせて投与する治療法。HIVの増殖を抑え、
エイズ発症を遅らせる。複数の薬剤を組み合わせることから、俗にカクテル療法とも呼ばれる。
この療法が広まってから、エイズ患者の死亡率は劇的に減少した。

◇B細胞
T細胞と共に免疫機能に関与するリンパ球の1種。抗体を作って血液中に放出する。

◇ヒト免疫不全ウィルス
HIVのこと。HIVの項を参照のこと。

◇病原体
病気を引き起こす原因となるもので、ウィルス、細菌、真菌、寄生虫/原虫原因などがある。

◇母子検査
性行為感染、血液感染と並んで、HIV感染ルートのひとつ。妊娠中、お産のとき、母乳感染の
3つのケースがある。妊娠後の検査で感染が分かっていれば、かなり母子感染を防ぐことが
出来る。

◆マ行
◇無症候期
HIV感染者が、急性期を過ぎた何も自覚症状のない時期。
5年から10年もこの時期が続くことがある。自覚症状はなくても、体内では免疫細胞が毎日破壊
され続けている。

◆ヤ行
◇薬害エイズ事件
1980年代に、主に血友病患者に対してHIVに汚染された血液製剤が治療に使われ多数の感染者、
死亡者を出した事件。大学の医療研究者、厚生官僚、製薬会社役員などがその責任を問われ裁判
となった。

◇陽性
検査結果が感染していること。

________________________________________________

あなたが、

「HIV?自分に限っては大丈夫・・」

なんて根拠のない気休めや自信に頼っていると、いきなりエイズを発症して

「まさか自分が感染するなんて・・」

と後悔する危険性もあります。

あなたにとって早期のHIV検査がどれほど大事か、ぜひ次の記事をご覧ください。HIV検査を遅らせることであなたにプラスになるこは何ひとつありません。いかに危険ばかりが大きくなっていくか、お分かり頂けるはずです。

○「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」、この3つをご存知ですか?

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP