TOP エイズ関連オススメ図書エイズ感染爆発と SAFE SEX について話します

今回は若い女性向けの一冊をご紹介します。HIVやエイズのことを、若い女性の視点を中心にして分かり易く、しかも実用的に教えてくれます。

本田美和子著・「エイズ感染爆発と SAFE SEX について話します」

________________________________________________

◇本のタイトル:「エイズ感染爆発と SAFE SEX について話します」

________________________________________________

◇作者:本田美和子  朝日出版社 (2006年) ¥980+税

本田さんは、現在国立国際医療センターエイズ治療・研究センターに医師として勤務されています。

________________________________________________

◇内容

国立国際医療センターエイズ治療・研究センターに医師として勤務されてる本田美和子さんが、22歳から26歳までの若い女性4人とHIV、エイズについて語る座談会形式で書かれた本です。

女性たちは大学生やOLさんで、座談会の中でHIVやエイズについて、実はあまり詳しい知識を持っていなかったことが分かっていきます。本田さんはとても分かり易い説明で、HIVやエイズについての基礎知識を語ります。

座談会が進む中で、参加した4人の女性たちのセックスの実態が語られていきます。中には、すでにHIVに感染しているのではないかと、不安に思っている女性がいました。コンドームなしのアナルセックスも経験しています。

HIV検査を受けた方がいいとアドバイスする本田さんに対して、その女性はこう答えます。

『「自分は平気だ」と思っている人ほど、検査を受けに行くと思う。私は怖くて怖くて、ほんとに感染していたらどうしようと思うと、その一歩が踏み出せない』

この女性の言い分にはすごく共感しました。私自身の体験とだぶりました。私もHIV急性感染症と思われる症状がこれでもか、と言うくらいに出て、特に帯状疱疹と全身に原因不明の発疹が出たことが決定的に怖くて、数ヶ月悩み、迷いました。⇒「自己紹介」参照。

本田さんは、そんな彼女たちに、決してきれいごとでなく、現実の生活の中で、HIVやエイズとどう向き合って予防や治療を考えればいいのかを語ります。そして、恋人や家族、友人との関わりについても語ります。ときには本田さんご自身の経験も交えて語るのです。

HIVやエイズの正体、恐ろしい感染のしくみ、そしてその予防と治療について、とても分かり易く学べる一冊です。建前やきれいごとだけで終わっていません。

【目次抜粋】

1.感染者は急増している

2.HIV/エイズの症状と感染経路

3.日本の現状を知る

4.「予防」と「検査」について話をしよう

5.HIV感染が判明してもこの世の終わりではない

*HIVに感染して-ある患者さんとの対話

本の最後に、実際に本田さんが治療にあたっている患者さんとの対談が付属で掲載されています。20代の女性ですが、彼女がHIVに感染して、それが分かったときから、現在の治療に至るまでの様々な経験が語られています。

もしもHIV検査を受けて、「陽性」と検査結果が出たとき、いったい自分はどうなるだろう。どうすべきだろう。これは検査を受ける前に誰しも不安に思うことです。彼女の体験談は、他人事とは言え、リアルに自分の身に置き換えて迫ってきます。

________________________________________________

◇オススメポイント

この座談会に出席した4人の女性も、最後の対談に登場した女性も、みな20代のごく普通の女性たちです。ごく普通に暮らし、ごく普通に恋人がいて友人や家族がいます。そんな彼女たちの体験談を聞いていると、私たち、誰にでもある身近な日常生活のすぐ隣にHIVやエイズが存在することを改めて思い知ります。

まずはHIVやエイズに対する正しい知識を身につけることが、自分自身や自分の大切な人を守ることだと分かります。特に、若い女性にオススメの一冊です。きっとこの本に登場する女性たちの誰かに、あなた自身の分身を見つけることでしょう。

________________________________________________

◇管理人の満足度(あくまでも主観による独断と偏見の採点です)・・・・100点

本田さんご自身のHIVやエイズに対する思いがにじみ出ている座談会、対談です。HIVは感染したら不治の病です。でも、決して人生をあきらめることはない。あなたにはまだ希望に満ちた人生が残ってる。そんな本田さんからのメッセージが届きます。

関連連記事
「HIV・エイズみんなの誤解」:本の中から、みんなが誤解しているエイズの実態を取り上げて記事にしました。
「抗HIV薬を飲み続ける大変さ」:これも本の中から、本田さんが医師として話してくれる抗HIV治療の実態です。
「保健所でHIV検査を受けました」:早期発見、早期治療には検査を受ける以外ありません。管理人の体験記。
「HIV検査キットを使ってみました」:管理人が検査キットを使って検査を受けた体験記です。

________________________________________________

「いきなりエイズ」を防ぐには、早くHIV検査を受ける以外に方法はありません。⇒ 「HIV検査があなたの命を救います」

.
.
.
.
.
.
←エイズ関連オススメ図書に戻る
.


.