TOP エイズ関連オススメ図書

今回は、性感染症STDのガイドブックの決定版をご紹介します。

________________________________________________

◇本のタイトル:性感染症STD

________________________________________________

◇編者:田中正利 (福岡大学教授) 南山堂 (2008年) ¥4,900+税

________________________________________________

◇内容
HIV以外の性感染症についても豊富なデータをもとに、分かりやすく解説してくれます。まさに性感染症ガイドブックの決定版といった感じです。ただ、専門用語がかなり出てきますので、多少言葉の意味をネット検索などしながら読まないと理解出来ない部分もあります。

読者として医療機関の従事者までも想定しているため、大変読み応えのある一冊です。

【目次抜粋】
◇総論
1.泌尿器科

2.皮膚科

3.産婦人科

4.小児科

5.若者に見られるSTD

6.風俗女性にみられるSTD

◇各論
1.淋菌感染症

2.梅毒

3.クラミジア

4.マイコプラズマ

5.性器ヘルペス

6.尖圭コンジローマ

7.疥癬・ケジラミ

8.トリコモナス感染症

9.HIV感染症

10・肝炎

________________________________________________

◇オススメポイント
性感染症を少し詳しく、掘り下げて知識を得たいと言う人にオススメです。

________________________________________________

◇管理人の満足度(あくまでも主観による独断と偏見の採点です)・・・・80点
情報量としては文句なしですが、やはり素人の管理人には難しい本でした。

関連記事:「性感染症ってナニ?」・・「性感染症の病原体」

「いきなりエイズ」を防ぐには、早くHIV検査を受ける以外に方法はありません。⇒ 「HIV検査があなたの命を救います」

.
.
.
.
.
.
←エイズ関連オススメ図書に戻る
.


.