HIVなどのウイルス以外の病原菌では、まずは何と言っても細菌です。バクテリアとも言いますね。細菌によって引き起こされる病気もまた沢山あります。主な細菌をずらりと並べてみましょう。きっと皆さんも知っている細菌があると思います。

◇ブドウ球菌 ⇒ ブドウ球菌感染症

◇ボツリヌス菌 ⇒ ボツリヌス中毒

◇ジフテリア菌

◇結核菌

◇クラミジア ⇒ クラミジア感染症

◇チフス菌 ⇒ 腸チフス

◇赤痢菌 ⇒ 細菌性赤痢

◇病原性大腸菌O157 ⇒ 食中毒

◇コレラ菌

◇ペスト菌

と、こんな具合です。どれもよく耳する恐ろしい病気ばかりですね。これらの病原体は細菌なのです。

その細菌ですが、地球上ではも40億年も前に誕生した、もっとも古い生物だそうです。人類が地球上に誕生したのは約500万年前です。細菌が地球上に現れてから今日までを1日24時間の長さに例えるなら、人類が登場したのは、たったの2分前です。いかに細菌が古い生物であるかがお分かり頂けると思います。

そして、細菌は地球上で一番古いだけでなく、一番個体数の多い生物でもあります。何と、5×10の30乗も存在するのだそうです。ちなみに世界の人口は現在、約68億5千万人です。細菌はとてつもなく多いですね。

ただし、その大きさは極めて小さいのです。直径が0.5μ~1μ、長さは3μ~15μだそうです。1μ(ミクロン)は1/1000ミリです。そして、その形状から、次の3つに分類されます。

◇棒状の形をした細菌 ⇒ 桿菌(かんきん)

◇球形をした細菌 ⇒ 球菌

◇らせん状をした細菌 ⇒ スピロヘータ

細菌は栄養を吸収するとどんどん成長します。もとの大きさの倍くらいまで成長すると、細胞分裂を起こして2つの細胞に分かれます。2つに分裂した細胞は、またそれぞれが2つに細胞分裂します。こうやって、2の2乗のペースで細胞分裂を繰り返し、増殖していくのです。だいだい、1回の細胞分裂には20分くらいかかるそうです。これで計算すると、たった1つの細菌は、24時間後には1000万個に増えているのです。

ウイルス、細菌以外の病原菌としては、真菌(しんきん)、原虫があります。

◇真菌 ⇒ 白癬菌・カンジダ・ニューモシスチス

◇原虫 ⇒ 赤痢アメーバ・熱帯熱マラリア原虫

地球上には、私たち人類がいて、その周囲には様々な動物や植物がいます。しかし、目には見えないミクロの世界には、すごい数と種類の微生物がいるのです。この微生物はときに私たちの体内に侵入して病原体となることがあります。これらの目には見えない病原体と、体の中の免疫システムは常に戦いをくり広げているのです。

________________________________________________

あなたが、

「HIV?自分に限っては大丈夫・・」

なんて根拠のない気休めや自信に頼っていると、いきなりエイズを発症して

「まさか自分が感染するなんて・・」

と後悔する危険性もあります。

あなたにとって早期のHIV検査がどれほど大事か、ぜひ次の記事をご覧ください。HIV検査を遅らせることであなたにプラスになるこは何ひとつありません。いかに危険ばかりが大きくなっていくか、お分かり頂けるはずです。

○「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」、この3つをご存知ですか?

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP