あなたは自分をエイズノイローゼだと思ったことはありませんか?

当サイトの色んなページに書いている通り、私はかつて深刻なHIV感染不安に陥った経験があります。HIV感染の可能性があった行為から1ヶ月くらいして全身に発疹が出たり、帯状疱疹を発症したり、発熱、下痢、咽頭炎などを連発したのです。

これはHIV感染の初期症状に違いないと悩みました。食事も喉を通らない、夜も満足に眠れませんでした。そして検査結果を知るのが怖くてHIV検査を受けることも出来ませんでした。

◇自分でエイズノイローゼだと思い込んでいた私

結局私はHIVには感染していませんでした。HIV検査の結果は陰性だったのです。何ヶ月も悩み続けた私ですが、勇気を出して受けたHIV検査によって救われました。

後から思えばあのHIV感染不安に陥っていた私はエイズノイローゼ寸前だったのではないかと思ったものです。しかし、ずっと後になって色んな医療サイトでエイズノイローゼのことを知り、当時の私がエイズノイローゼではなかったと分かりました。

食事ものどを通らない、夜も眠れないほど悩んでいた私はエイズノイローゼではありませんでした。なぜでしょう?

それは私に悩むだけの合理的な理由があったからです。

●HIVに感染していてもおかしくないような行為を繰り返し行っていた。しかも海外の風俗で。

●その後に急性HIV感染症と思われる症状を発症した。

この2つの状況があれば自分がHIVに感染したのではないかと疑い、不安になるのは当然です。不安にならない方が危ないです。この状況下でどこまで心配するかは個人差があるでしょうが、とにかく不安になるのは当たり前、正常なのです。

でも私のHIV感染不安は検査で陰性だと分かったその時点で一掃されました。すぐに食事も美味しく食べられるようになったし、夜もぐっすり眠れるようになりました。

本当のエイズノイローゼだとこうはいきません。

◇エイズノイローゼとは?

私の場合はHIVに感染している可能性があって悩んでいたのですが、世の中にはHIV感染の可能性がないのに自分はHIVに感染したのではないかと不安でたまらない人がいます。

あなたもご存知のようにHIVはごく普通の日常生活では感染しないのですが、それが不安になるのです。食器や衣類から感染しないか、お風呂やトイレで感染したのではないかと不安になります。

あるいはすでにHIV検査を受けて陰性だと結果が出ているのにその結果が信じられず自分はHIVに感染しているのではないかと不安に悩む人がいます。何度もHIV検査を繰り返し受けるのですが、いくら陰性の判定結果が出てもそれを信じることが出来ません。

どちらの場合も理屈では心配しなくていいと分かっているのに、脅迫神経症の症状として不安が消えないのです。

そしてその状態がいつまでも続き、本当に体調を崩してしまう場合もあります。するとその体調不良をHIVに感染したせいだと思い込み、ますます体調不良を悪化させるという悪循環に陥ります。

このようにHIVに感染した可能性がないにも関わらず真剣にHIV感染不安に陥る人、あるいはすでにHIV検査によって感染していないと分かっているのに検査結果を信じることが出来ない人、こうした人がエイズノイローゼになっている可能性があります。

◇エイズノイローゼになったら?

では、もしもあなたがエイズノイローゼになってしまったら?いくつかの医療サイトを見ると、HIV感染やエイズの正しい知識を知り、自分で納得できると治ると書かれています。

つまり普通の生活ではHIVには感染しない、その理由を知り納得できれば不安が消えると言う訳です。あるいはHIV検査の信頼性を知り、それを信じることが出来れば安心できるという訳です。

でも、どんなに正しい知識を知っても、最終的にそれを信じることが出来ないとノイローゼ状態から抜け出すことが出来ません。重度の場合には自力脱出が難しいかも知れません。専門家のカウンセリングや治療を必要とするケースもあり得ます。精神科での診察、治療が必要な場合があるのです。

なぜエイズノイローゼになってしまうのか?ノイローゼになる原因はとても複雑で人それぞれで違います。その原因を取り除くことが治療の基本ですが、これはやはり専門家の治療が必要だと思います。

あなたがエイズノイローゼにならないためには、普段からHIV感染やエイズに関する正しい知識を持っておくこと、そしてHIV感染の不安は早期に解消することです。少しでも不安を感じたら保健所で検査を受けましょう。

どうしても保健所に行く時間や余裕がないあなたは自宅での検査も可能です。

*「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」
あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?