日本の医療機関で、「HIV根絶が可能」とホームページで広告している病院を見つけました。ホントですか?

私が見つけた病院はこちらです。

『医療法人 再生未来 先端未来クリニック』

私が何気に見ていたネットの相談サイトに出ていました。このクリニックのホームページの中に、こう書いてあります。

1) HIVの根絶が可能である

2) 治療期間は半年程度である

3) 重大な副作用がない

4) 無症候期にも治療が可能である

しかも、この治療成功例が日本、ヨーロッパで報告されている、と書いてあります。でも、私はそんなニュースは一度も見たり聞いたりしたことがありません。

私が知る限り、世界中でHIV感染症が完治した症例はたった1つです。当サイトでも記事にしました。『世界初!HIV感染が完治した?』

このニュースは世界中を駆け巡り大変話題となりました。でも、私はこのニュース以外にHIV感染症が完治した事例を知りません。ましてや日本国内に完治した人がいるなど、聞いたこともありません。

先端未来クリニックはホームページで見る限りとても立派な医療施設です。そんな立派な病院がホームページで堂々と、半年でHIV感染が完治できると書いているのが理解不能です。私は医療には全くの素人ですが、どう考えてもHIV感染が半年で完治できるとは信じられません。もし、そんなことが可能なら、少なくとも治療費を負担できるお金持ちはみな完治しているはずです。

先端未来クリニックによると、HIV感染を根絶させる医療は、高濃度のGcMAF(マクロファージ活性化因子)という免疫治療なのだそうです。免疫療法は近年盛んに研究が進んでいる分野であり、人間の本来もっている免疫力を活性化させていろんな疾患を治すものです。でも、それでHIVが根絶できるとは聞いたことがありません。

同ホームページの一部を転記すると、こんなふうに書かれています。

『現在の最先端の医療を持ってしても、HIV感染症の根治、治療は不可能と多くの人は考えている。しかしながら1990年代より元長崎大学の山本博士、イタリア フィレンツェ大学のマルコ教授らの論文・発表により、 GcMAF(マクロファージ活性化因子)を使ったHIV患者さんの治癒例が日本・ヨーロッパで報告されている。』

『GcMAF(ジーシーマフ)により活性化したマクロファージがHIV感染症・エイズを根治させたという報告は画期的な出来事なのである。現在GcMAFは化学的に合成できず、高度な技術を用い血液から作製している。我々は山本博士・ヨーロッパ・アメリカのグループが使っているGcMAFの作製法を全く一新し、より純粋、アクティブ、なおかつはるかに高濃度のGcMAF作製に成功した。(特許出願中)』

素人の私にはGcMAF(ジーシーマフ)なるものはチンプンカンプンでよく分かりませんが、この技術で本当にHIV感染症が完治できるものならそれこそ画期的です。でも、どうしても私には信じがたいものがあります。

私は決して先端クリニックの営業妨害をするつもりはありません。ただ、どうしてもHIV感染症が完治できる、実際に完治させた、という記事が信じられないのです。

あなたはどう思いますか?

管理人注記(2013年12月9日)

久しぶりにこのクリニックのホームページを見たら、いつの間にかHIVやエイズという文字が完璧に消えていました。やっぱりエイズ完治はあり得ないです。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカー タイプJ(男女共通)
HIV検査専用の検査キットです。

■重複感染でより重症化したり進行が早まったりすることがあります。
■STDチェッカー タイプO(男女共通)
HIV・梅毒・B型肝炎。重複感染の多い性感染症を3つ同時検査出来ます。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6606件の声)