今年もまた、12月1日は世界エイズデーがやってきます。

この世界エイズデーとは、1988年にWHO(世界保健機関)が“World AIDS Day”
(世界エイズデー)と定め、HIVやエイズに関する啓蒙活動をより推進させようと提唱
したものです。

日本においてもこの主旨に賛同し、12月1日を中心にその前後でエイズに対する
正しい知識の啓蒙キャンペーンを展開しています。

そして、今年のキャンペーンテーマは、

『エイズとわたし ~支えることと 防ぐこと~』

となっています。

そして、世界エイズデーの特設ホームページには、このキャンペーンテーマについての
キーメッセージが次のように書かれています。

どこかでエイズの流行と触れあっている「わたし」
すれ違ったかもしれない「わたし」
だれが何を支え、何を防ごうとしているのか
いろいろな人たちの「エイズとわたし」を聴いてみたい
そして、語りたい

こんなキーメッセージが書かれています。
そこにはメッセージに込められた想いも書かれていました。

その想いを私なりに考えてみると、このメッセージには今の日本のエイズに対する関心の
薄さ、まるで他人事のような危機感のなさに対する警鐘が込められていると思います。

エイズに対する世間の関心がどんどん薄れてゆく一方で、確実にHIV感染者は増え続け
ています。

そして抗HIV医療の進歩によって、HIVに感染しても今までと同じような日常生活を送る
ことが出来る人が増えています。

あなたの身近にも、私の近くにもHIV感染者がいるかも知れません。ただ私たちが気がついて
いないだけなのです。

これから先、私たちがHIV感染者とどうかかわって、どう支えて行くのか、そういった問題提起
を含んだキーメッセージだと思いました。

同時に私たちがどうやってHIV感染を予防すればいいのか、もう一度確かめようと言う呼びかけ
でもあると思います。

あなたにとっても、私にとっても、HIV感染は日常の中にあるのだと思います。

この世界エイズデーである12月1日前後には、日本全国の自治体でもいろんなキャンペーン
活動が展開されます。

単にチラシを配布するだけでなく、テレビ、ラジオなどのメディアを通じた啓蒙活動、
講演会、研修会、シンポジウムなどが各地で計画されています。

あなたの住んでいる自治体でもきっと何かのキャンペーンを計画しているはずです。
ぜひ、あなたも足を運んで見て下さい。

詳しいキャンペーン活動の内容については、こちらで確認することが出来ます。

⇒『各地のイベント紹介』

________________________________________________

HIV検査を遅らせることであなたにプラスになるこは何ひとつありません。
いかに危険ばかりが大きくなっていくか、下の記事をご覧下さい。

○「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」、この3つをご存知ですか?

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?

・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP