2013第1四半期(1月~3月)のエイズ動向が、エイズ動向委員会より発表されました。(5月22日付け)

その概要を速報であなたにお届け致します。最新のエイズ動向としてご覧下さい。

今回新規に報告されたのは、2012年12月31日から2013年3月31日までのエイズ動向実績です。従って2013年の第1四半期(1月~3月)にあたります。

情報源はこちらです⇒『エイズ動向委員会報告』

今回の報告でエイズ動向委員会岩本委員長コメントでは、

1.新規HIV感染者は前回より減少したが、新規エイズ患者は横ばいであった。

2.保健所等におけるHIV抗体検査の受検数は減少している。

3.HIV感染の早期発見は個人においては早期治療、社会においては感染防止に結びつく。HIV抗体検査・相談の機会を積極的に利用して欲しい。

以上の3点でした。(2番、3番は前回とほぼ同じコメント内容です。)

では、以下エイズ動向委員会から発表されたデータを私が独自に作成したグラフや表を交えてご紹介したいと思います。

今回のデータから、HIV感染のリスクがあなたの日常生活の中に存在することを改めて知って頂けたらと思います。そしてこのデータがあなたのHIV感染予防に役立つことを願っています。

________________________________________________

・・1.2013年第1四半期 新規HIV感染者とエイズ患者の人数

項目 1月-3月 前期 昨年同時期
新規HIV感染者数(人) 227 257 246
新規エイズ患者数(人) 107 114 105
合計数(人) 334 371 351
いきなりエイズ報告率(%) 32.0 30.7 29.9

表1.新規HIV感染者とエイズ患者

2013年第1四半期の新規HIV感染報告件数は227件で前回よりも30件減少しました。なお、昨年同時期では246件で今年の方が19件減っています。

同じく新規エイズ患者報告件数は107件で前回より7件減っています。昨年同時期は105件で、昨年に比べると2件増えています。

また、HIV感染者とエイズ患者を合わせた報告件数は334件で前回よりも37件減少しています。
いきなりエイズの報告率は32.0%で、前回よりも増加しています。(HIV感染者全体に対するいきなりエイズの割合)

________________________________________________

・・2.2013年第1四半期 新規HIV感染者とエイズ患者の感染ルート


2-1)新規HIV感染者感染ルート

2013年第1四半期(1月~3月)の新規HIV感染者の感染ルートは以下の通りです。

感染ルート 件数 比率 (%)
異性間性的接触 44 19.4
同性間性的接触 151 66.5
静注薬物使用 0 0.0
母子感染 1 0.4
その他 3 2.7
不明 28 1.3
合計 227 100.0

表2.2013年第1四半期 新規HIV感染者の感染ルート

表2をグラフにしたものが図1です。

新規HIV感染者感染ルート
図1.2013年第1四半期 新規HIV感染者の感染ルート

図1をご覧頂いてお分かりのように、新規HIV感染者の66.5%が同性間の性的接触による感染です。全て男性で、女性による同性間の性的接触による感染はありません。

また、同性間、異性間を合わせた性的接触による感染が全体の85.9%を占めています。

2-2)新規エイズ患者感染ルート

2013年第1四半期(1月~3月)の新規エイズ患者の感染ルートは以下の通りです。

感染ルート 件数 比率 (%)
異性間性的接触 23
21.5
同性間性的接触 63
58.9
静注薬物使用 0
0.0
母子感染 0
0.0
その他 3
2.8
不明 18
16.8
合計 107
100.0

表3.2013年第1四半期 新規エイズ患者の感染ルート

表3をグラフにしたものが図2です。

新規エイズ患者感染ルート
図2.2013年第1四半期 新規エイズ患者の感染ルート

HIV感染者同様、新規のエイズ患者においても同性間性的接触が最も多い感染ルートとなっています。全て男性で、女性による同性間の性的接触による感染はありません。

異性、同性両方を合わせた性的接触による感染が全体の80.4%を占めています。

*HIV検査は保健所に行かなくてもあなたの自宅で可能です。

■STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

________________________________________________

・・3.2013年第1四半期 都道府県別新規HIV感染者・エイズ患者数


各都道府県別の新規HIV感染者、エイズ患者の報告件数は以下の通りです。

区分 新規HIV感染者 新規エイズ患者
都道府県 1月-3月 前回 累計 1月-3月 前回 累計
北海道 5
3
198
3
1
125
青森県 0
0
43
0
0
24
岩手県 1
2
26
0
1
29
宮城県 1
2
102
2
0
69
秋田県 0
2
20
0
1
23
山形県 0
0
21
0
0
23
福島県 0
2
60
0
0
40
茨城県 4
2
492
1
2
298
栃木県 0
2
216
2
3
172
群馬県 3
4
158
3
3
122
埼玉県 7
6
435
3
3
297
千葉県 7
5
666
7
10
455
東京都 68
94
5,602
32
23
1,784
神奈川県 18
21
1,016
4
13
509
新潟県 2
1
78
2
0
52
山梨県 0
1
104
0
0
43
長野県 1
3
290
1
0
183
富山県 0
0
30
0
0
24
石川県 2
0
61
0
2
28
福井県 2
1
45
3
0
27
岐阜県 1
2
113
4
2
92
静岡県 8
2
357
5
4
175
愛知県 9
15
873
4
8
449
三重県 2
5
127
1
0
77
滋賀県 2
0
61
2
2
45
京都府 4
3
198
3
1
97
大阪府 36
30
1,831
5
15
586
兵庫県 9
9
319
3
2
177
奈良県 1
0
86
0
2
57
和歌山県 2
1
50
3
1
44
鳥取県 0
0
12
0
0
9
島根県 0
0
16
0
0
4
岡山県 4
1
92
1
0
61
広島県 7
2
174
5
4
81
山口県 1
1
51
0
0
16
徳島県 0
0
24
0
0
17
香川県 3
0
42
0
0
32
愛媛県 1
2
63
0
1
45
高知県 0
0
28
0
1
17
福岡県 7
24
350
5
6
168
佐賀県 1
2
17
0
0
12
長崎県 0
0
37
1
0
24
熊本県 4
1
66
0
1
46
大分県 0
1
35
0
0
19
宮崎県 0
1
29
1
0
23
鹿児島県 1
2
65
1
1
42
沖縄県 3
2
153
0
1
82
合計 227
257
14,932
107
114
6,824

表4.都道府県別新規HIV感染者・エイズ患者数

なお、このデータはあくまでも報告件数ベースであり、新規のHIV感染者、エイズ患者が報告された都道府県に居住しているとは限りません。例えば北海道に住んでいる人が東京に遊びに来てHIV感染が見つかれば東京でカウントされます。

表4から、新規のHIV感染者、エイズ患者の多い都道府県は、東京、大阪、愛知などです。

また、あなたのお住まいの都道府県でHIV感染者やエイズ患者が少ないからといって、それはあなたがHIVに感染するリスクが少ないと言うことではありません。どうぞ誤解されないようにお気をつけ下さい。

*HIV検査は保健所や病院に行かなくても、あなたの自宅で可能です。

■STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

________________________________________________

・・4.2013年第1四半期 新規HIV感染者・エイズ患者年代別分布


新規HIV感染者とエイズ患者の年代別分布データをご紹介します。

4-1)2013年第1四半期 新規HIV感染者の年代別分布

年齢区分 件数 比率 (%)
10歳未満 1 0.4
10歳~19歳 2 0.9
20歳~29歳 65 28.6
30歳~39歳 82 36.1
40歳~49歳 43 18.9
50歳以上 33 14.5
不明 1 0.4
合計 227
100.0

表5.2013年第1四半期 新規HIV感染者の年代別分布

表5をグラフにしたものが図3です。

新規HIV感染者の年代別分布
図3.2013年第1四半期 新規HIV感染者の年代別分布

表5、図3からもお分かりのように、新規HIV感染者は20代、30代が最も多くなっています。しかし、50歳以上にも全体の15%近い新規HIV感染者が存在しています。

中高年においてはHIV、エイズに対する認識・知識不足から感染リスクが高いのではないかと指摘されているところです。

50歳以上のあなた、ご自分だけは絶対大丈夫などと、根拠のない自信を持っていませんか?それが一番危険です。くれぐれもご用心下さい。

4-2)2013年第1四半期 新規エイズ患者の年代別分布

年齢区分 件数 比率 (%)
10歳未満 0 0.0
10歳~19歳 0 0.0
20歳~29歳 10 9.3
30歳~39歳 38 35.5
40歳~49歳 29 27.1
50歳以上 30 28.0
不明 0 0
合計 107 100.0

表6.2013年第1四半期 新規エイズ患者の年代別分布

表6をグラフにしたものが図4です。

新規エイズ患者の年代別分布
図4.2013年第1四半期 新規エイズ患者の年代別分布

新規のエイズ患者については、エイズ発症までの潜伏期間が入るため、新規のHIV感染者に比べると高齢化しています。前回同様、50歳以上の分布が多く28.0%あり、40代の27.1%より多くなっています。

ところでこの新規エイズ患者とはすなわち「いきなりエイズ」患者を指しています。自分のHIV感染に気が付かず、エイズを発症して初めてHIV感染に気付くことを「いきなりエイズ」と言います。そして50歳以上にも「いきなりエイズ」の患者が多くいます。

私が思うに、高齢者になるほどHIV検査を受けないのではないでしょうか。50代の私の友人を見ても、どこか自分だけは大丈夫との思いがあるように感じます。

HIVに感染しても早期に見つけて治療すればエイズ発症を防ぐことが出来ます。それだけに「いきなりエイズ」はとても残念なことです。

高齢者のあなに少しでもHIV感染の不安があれば、いきなりエイズ発症前にHIV検査を受けて下さい。エイズ発症までの潜伏期間は近年短くなる傾向にあり、かつての7年、10年から2,3年でエイズを発症する事例が増えています。

*HIV検査は保健所や病院に行かなくても、あなたの自宅で可能です。

■STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

________________________________________________

・・5.保健所などの抗体検査数


2013年第1四半期(1月~3月)に保健所や地方自治体の実施するHIV抗体検査を受けた件数は以下の通りでした。

◇2013年1月~3月の保健所などにおける抗体検査件数

時期 1月-3月 前回 昨年同時期
件数(件) 29,011 33,820 32,196

表8.保健所抗体検査数(保健所以外の自治体が実施する検査を含む)

ご覧のように、前回に比べると4,809件減って、29,011件でした。保健所などで行うHIV抗体検査を受ける人は2008年をピークに減ったまま横ばい状態が続いています。

早期のHIV検査は救命的検査であり、エイズ発症前にHIV感染が分かればエイズ発症を防ぐことも可能です。あなたに自覚症状がなくてもHIV感染の不安や心当たりがあれば、早期のHIV検査をお勧め致します。

________________________________________________

・・6.献血件数、及びHIV抗体検査陽性件数


2013年の1月~3月に献血を受けた件数、及びHIV陽性が発見された件数をご紹介したいと思います。

◇2013年1月~3月の献血件数

時期 献血件数 HIV陽性件数 10万人当り
件数(件) 1,304,418 23 1.763

表9.献血件数とHIV陽性件数

献血におけるHIV検査ではここ数年は陽性件数が年間ベースで100件を下回っていました。昨年が68件、一昨年が89件でした。今回は四半期で23件ですから年間では100件に近いペースとなっています。

なお、献血をHIV検査代わりに使うのは非常に危険です。もしもあなたにHIV感染の不安があれば、献血ではなく保健所や病院で検査を受けてください。

________________________________________________

・・7.まとめ


冒頭ご紹介したように、エイズ動向委員会岩本委員長のコメントが次のように出されています。

「HIV感染の早期発見は個人においては早期治療、社会においては感染防止に結びつく。HIV抗体検査・相談の機会を積極的に利用して欲しい。」

これは保健所などによるHIV抗体検査を受ける人が減ったままになっている現状を考慮したコメントだと思います。何度も書きましたが、早期のHIV検査は救命的検査となります。

どうしても保健所や病院に行きたくなければ、あなたのご自宅でもHIV検査は可能です。

■「もしかして・・・」 HIV感染が不安になったら迷わず検査。自宅でHIV検査が出来ます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)
HIV検査のみ

■HIVと最も重複感染が多いのが梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。

・STD研究所 STDチェッカー TypeO(男女共通)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について
■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP