るみりんごこと板橋留美、Lie、杉山佳那恵の3名他、合計20名の人気モデルが
エイズ予防キャンペーンを行いました。

ニュースソースはこちら

と言っても、私はこの3人のモデルさん、とんと知りません。初耳です。
巷では人気のモデルさんのようですが、全くご縁がありません。

もしや、あなたはご存知でしたか?

記事によれば、7月23日(土)に東京は渋谷で板橋瑠美、Lie、杉山佳那恵、
7月30日(土)には大阪御堂筋で板橋瑠美、杉山佳那恵が参加したそうです。

このエイズ予防キャンペーンの名前は、

「愛です!エデュケーション・キャンペーン」HIV/エイズ啓発普及街頭キャンペーン

と言います。

主催者は「愛です!エデュケーション・キャンペーン実行委員会(株式会社エフエム大阪)」、
後援は厚生労働省/公益財団法人エイズ予防財団でした。

前述の3人を含む人気モデルさん20人が、同世代の若者1万人にコンドームやエイズ
啓発グッズを配ったそうです。

このキャンペーンの様子は板橋留美のブログでも記事になっています。

こう言うキャンペーンはすごく効果的ではないかと私個人的にはそう思います。
固い啓発活動も大事ですが、若者向けには軽いノリも大事なのでは。

まずはHIVやエイズについて若者に関心を持ってもらうこと、これが大事だと思います。

なぜなら、すでにエイズパニックや薬害エイズ事件を知らない世代の若者も多くなっているはず。

加えてHIV感染が致死的疾患ではなくなった現在、HIV感染を予防しようとか、
HIV検査を受けようと思う若者は減っているのではないでしょうか。

一方で、新規のHIV感染者は増える一方であり、いきなりエイズも増加の一途です。
致死的疾患ではなくなったとは言え、未だに不治の病であることには変わりありません。

若者と同世代の人気モデルが同じ目線でコンドームと啓発グッズを配ることは、HIV感染予防に
感心を持ち、エイズについての正しい知識を得るきっかけになることでしょう。

こうしたキャンペーンをもっと全国的に、かつ継続的に盛り上げてくれるといいなと思います。

________________________________________________

○「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」、この3つをご存知ですか?

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?

・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP