献血ではHIV陽性を教えない」ってホントなのか?

この疑問に関する新たな情報を発信するブログを見つけました。真偽は私には分かりませんが、1つの情報としてあなたにもシェアします。

そのブログは、『坂の上の Blues』という名前のブログです。ブログ運営者は東京にお住まいの男性で、「小さな治療院にいます」とプロフィールに書かれています。「治療院にいます」という表現は微妙で、経営されているのか、患者として入院しているのか、従業員として働いているのか、不明です。

お名前等、詳細は不明です。ブログを全部読めばもっと情報も分かるのでしょうが、私は『献血とAIDS(エイズ)検査結果は絶対に通知しないというのは絶対に本当か』という記事のみ読みました。この記事に今回、あなたにシェアしたい情報が書かれています。

まず、このブログの記事をご紹介する前に、当サイトの「献血とHIV陽性」についてのこれまでの情報をおさらいしておきます。『献血でHIV感染が分かる?』という記事の中で、私が調べた2つの事実をご紹介しています。

●血液センターでは献血で集めた血液に対してHIVを含む感染症の検査を行っている。しかし、仮にHIV陽性が見つかっても献血者に対して通知しないと公告している。これは献血をHIV検査代わりに使われるのを防ぐためである。

●一方で、公的医療機関である、国立感染症研究所のホームページには、

「現在、日本赤十字社では、HIV陽性献血者に対しHBV、HCVの ような陽性者への通知は行っていないが、感染拡大の防止、感染者の早期治療を促すために必要な措置を講じている。」「献血におけるHIV検査の現状と安全対策への取り組み」(2011年10月)

という記事が掲載されている。

すなわち、献血の運営・管理組織である血液センターでは「教えない」と宣言し、国立感染症研究所では「教える」と書いています。この2つの事実は、ある意味納得できる事実です。

献血を運営する当事者である血液センターが「献血でHIV陽性は教えない」とするスタンスをとるのは当然です。もしも「教える」と宣言すれば、それこそ大勢のHIV感染リスクをもった人たちが検査代わりに献血を利用することでしょう。

そして、今でも皆無とは言えない、「HIVに感染した血液が検査をすり抜けて輸血に使われるリスク」がより大きくなってしまいます。だから血液センターは絶対に「教える」とは言えません。これは納得できます。

しかし、本当に教えないのか?という疑問はどこまでも残ります。HIV陽性であることは数年先のエイズ発症を意味しています。確かに現在では医療が進み、エイズ発症はイコール死ではありませんが、それでも危険な病気であることに変わりありません。しかも、本人に通知しないことによって二次感染が広まる可能性もあります。

こうしたことを考えると、表向きは絶対に「教えない」としながらも、裏では本人に「教えている」のではないかと考えても不思議ではありません。それが国立感染症研究所の記事に納得する理由です。

さて、ここでお話は冒頭の『坂の上の Blues』というブログに書かれた『献血とAIDS(エイズ)検査結果は絶対に通知しないというのは絶対に本当か』という記事に戻ります。

この記事の中で、次のような事実が書かれています。

引用ここから

僕の持つ事実は、献血センターの担当者が、「通知は絶対にあり得ない。」と断言したという事実、
そして日本赤十字本社血液安全課の○○氏が、「献血の血液検査ではHIVの可能性までは出てくるので、そこで血液をスクリーニング(ふるいわけ)にかける。しかしその先の確定診断はしない。だから日本赤十字社としては通知していないし、ここはする立場にはない。」という内容を直接僕に語ったという事実である。

引用ここまで

ここで興味深いのは、「日赤では献血の血液検査はスクリーニング検査までしか行わない、確定検査は行わない」という内容です。むろん、ブログに書かれたこの内容が真実かどうか、私には分かりません。

私が調べた日赤のホームページによると、献血で集めた血液のHIV検査は、20人分をまとめて1回のNAT検査にかけるそうです。つまり完全なスクリーニング検査です。ここで陽性判定になっても20人のうちの誰の血液が陽性なのかは分かりません。まさに確認検査をしないと確定しません。

前出の日赤担当者の話では、「スクリーニング検査以上のことはしない」としているので、これではHIV陽性者の特定が出来ず通知も当然できません。

まぁ、この担当者の話が本当だったとしても、全国の血液センターがみな同じ対応なのかどうか、そこは不明です。血液センターごとに対応が分かれると書かれたサイトもありました。

結局、「献血でHIV陽性を教えるか?」という議論は、主管部所である血液センターが「教えない」とする立場を変えない限り、どこまでいっても「教える」可能性は推論の域を出ません。あまり生産的な議論にはなり得ないと思います。

『坂の上の Blues』運営者がご自身のブログに書かれているようにHIV陽性を「教えてくれる」、「教えてくれない」という議論ではなく、「私たちはどうすべきなのか?」という議論が重要ですね。

もしもあなたにHIV感染の不安、心当たりがあるのなら、献血に行くのではなく、保健所に行くべきです。間違っても献血をHIV検査代わりに使わないことです。それはあなたご自身のためでもあります。

*保健所や病院に行かなくても、簡単にHIV検査ができます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

■この検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性
■この検査キットを使用した人の声はこちら⇒利用者の声情報


・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP