偶然見つけたネットの無料相談サイト。

あまりの衝撃的内容に目が点になりました!

最初にお断りしておきます。以下の情報は信ぴょう性に問題があります。

ニュースソースが事実かどうか、疑問です。

従って、今から書く記事の信ぴょう性に私が責任を持つことは出来ません。

もしかしたらウソ、偽りのネタかも知れない可能性があることをご承知でお読みください。

そんな信ぴょう性に問題がある記事をなぜわざわざ書くのか、それは別に私なりに書く意義を見つけたらからです。

◇この相談はホントの話か、単なるネタか?

みなさんご存知のYahooの知恵袋、そこで見つけたエイズに関する相談です。

まぁ、エイズに関するネット相談というのは数えきれないほど多く、毎日毎日書き込まれています。

そのほとんどは自分が感染したかも知れない不安から、

「私の今の状況は〇〇です。感染しているでしょうか?」

という類のものです。

しかし、今回私が見つけた相談は全く内容が異なります。

デリヘルを経営する側の男性が相談者なのです。

自分の店で働くデリヘル嬢が2人もHIVに感染していることが分かり、店を訴えると言われて困っているとの相談なのです。

性風俗で働く女性の相談はこれまでにも無数ありましたが、店の経営側からの相談は見たことがありません。

相談内容によるとデリヘル嬢は全部で13人いて、そのうち2人がHIVに感染していることが判明したそうです。

そしてその2人がHIVに感染したのは店の責任だと訴えると言ってるそうです。

そもそもこんな場合にデリヘル嬢が店を訴えることが可能なのか、店の責任は問われるのか、そんな相談内容です。


◇もしもこの話がホントだったら・・・

私はこの相談者が困っていることには全く関心も興味もありません。

それより関心を持ったのは、

●13人のデリヘル嬢のうち2人もHIVに感染していたという事実

●店側では性感染症の検査を行っているとウソをついて、実際には何も検査をしていなかったという事実。

この2点に関心を持ちました。

つまり、その関心とはこの記事のタイトルの通り、

「ホントだったら怖すぎる!」

という点に行きつきます。

一般に性風俗の店で、経営者が店の経費でHIVを含む性感染症の検査を行っているところは少ないと言います。

そこで働く女性が自分の身を守るために自分で検査を受ける話はよく聞きます。

だから今回のケースでも店側がデリヘル嬢に対して性感染症の検査を行っていなかったことは別に驚きません。

私が驚き、怖いと思ったのは「性感染症の検査を行っているとウソをついた」という点です。

詳細は不明ですが、一応建前としては毎月性感染症検査を店の責任で行う形になっていたそうです。

でも実際には検査をせずに、店のデリヘル嬢たちには「陰性」と書いた紙を渡していたそうです。

今回HIV感染が分かったのはデリヘル嬢が自主的に検査を受けたからです。

もしも店側がそんなウソをついていなければ、デリヘル嬢は自分の身を守るためにもっと早くに性感染症の検査を受けていたと思います。

13人が全員そうしてかどうかは分かりませんが、少なくとも何人かはそうしたでしょう。

インチキ検査がどんな手口かは詳しく書いてないので分かりません。

もしかしたら、血液を採取せずに膣分泌物だけを提出させていたのかも知れません。それなら初めからHIV感染の有無は分かりません。

とにかく、こうしたいい加減でインチキなお店の環境で13人中2人もHIV感染者がいたことが怖いです。

もしもこの店の名前が外部に漏れてしまったら、その店に通ったお客はパニック状態でしょう。

むろん、冒頭に書いたようにこれがネタでなくて事実だとしたらの話ですが。

◇これが性風俗の現実だ!

この相談者は自らのインチキは全て認めた上で、他所の店も同じように性感染症の検査などやっていないと書いています。

それって多分本当でしょうね。他の相談内容はウソかも知れないけど、これは本当だと思います。

なぜなら多くの性風俗で働く女性が自分のブログそんなことを書いていますから。自分の身を守るには自分で検査を受けるしかないと書いています。

さて、私が今回この記事を書いた理由はただひとつ、あなたに性風俗の現実はこんなものだと知って欲しかったからです。

どんなに店側が、

「うちの店では毎月ちゃんと性感染症の検査をしてますから安心です!」

と宣伝していてもあなたがコンドームなしの行為は危険です。

仮に店の宣伝通りに毎月検査をしていたとしても、やっぱり危ないです。

あなたもご存知の通り、HIV感染の抗体検査は感染してから3ヶ月経たないと正確な検査結果は出ません。

今日HIV検査を受けて陰性だったとしたら、それは今から3ヶ月前まではHIVに感染していなかったというだけのことであり、現在HIVに感染しているかどうかは分かりません。

HIV検査を受けた女性が、検査を受ける前の3ヶ月間、誰とも性行為を持っていなければ今現在もHIVに感染していないと安心できます。

でも、性風俗で働いていたらそんなことはあり得ないですね。

すなわち、性風俗という環境が不特定多数の相手と性行為を行う環境である以上、絶対に安心できるお店、性風俗嬢などいないということです。

かつて性風俗で遊び、深刻なHIV感染疑惑に陥った経験のある私は、今更に自分のやっていたことが危険だったと思います。

私は運がよくてHIVに感染しなかっただけでです。それも、ほんのちょっとだけ運が良かったのかも知れません。

あなたはそんなアテにもならない運に頼ることなく、ご自分でしっかり感染予防をしてください。

そしてすでに危ないかも、と心当たりのあるあなたはHIV検査を受けてください。

これをあなたに言いたくてこの記事を書きました。

Yahoo知恵袋の記事が事実かどうに関係なく用心は必要です。

アイコンボタンHIV検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけです。
バナー2

重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO