2月7日にエイズ動向委員会より、2010年のエイズ動向報告の速報値が出ました。その報告書の中から、主な数値を拾ってあなたにご紹介したいと思います。日本ではHIV感染者もエイズ患者も増え続けています。どうぞあなたはHIVに感染しないよう、また「いきなりエイズ」を発症しないよう、ご注意ください。

なお、2011年の1月から6月の最新データはこちら⇒『2011年第2四半期エイズ動向』

・・◇2010年 エイズ動向 速報値

○HIV感染者/エイズ患者

○感染ルート

○年齢層別分布

○いきなりエイズ

○保健所等におけるHIV抗体検査数

以上の主要5項目について、エイズ動向委員会より出された速報値をご紹介していきます。

・・1.HIV感染者/エイズ患者/感染ルート

まずは次の表をご覧下さい。2010年に新規に報告されたHIV感染者とエイズ患者の件数、及びその感染ルートをまとめたものです。

ご覧頂いてお分かりのように、新規HIV感染者は1,050件で過去3番目に多い件数、新規エイズ患者に至っては過去最高の件数となっています。

ちなみに、2009年と比較してみると、

HIV感染者  2009年 1,021件     2010年  1,050件  △28%

エイズ患者   2009年   431件     2010年    453件  △ 5%

以上のような増加内容となっています。HIV感染者が過去3位の件数と言っても、過去の最高は2008年の1,126件であり、2010年は76件少ないだけで決して減少傾向に入っている訳ではありません。

むしろ、新規エイズ患者が過去最高であったことを考えれば依然としてHIV感染者は増加傾向にあると言えると思います。この点についてはエイズ動向委員会からも、

『新規HIV感染者・新規エイズ患者ともに増加傾向にあり、身近な問題として感染予防に努めるべきである』

とのコメントが出されています。

また、感染ルートについては、依然として男性の同性間性的接触が最大感染ルートとなっています。これはコンドームの不使用に加えてアナルセックスが感染要因と考えられています。

・・2.HIV感染者/エイズ患者 年齢層別分布

2010年には新規のHIV感染者、エイズ患者はどの年齢層にどのくらい分布していたのか、次のグラフをご覧ください。

このグラフをご覧頂いてお分かりのように、HIV感染者は20代、30代が多く、エイズ患者は40代以上が多くなっています。しかし、40代、50代以上の新規HIV感染者も多く、HIV感染が年齢を問わないことを表しています。

新規エイズ患者の60%以上が40代以上で占められており、年々増加傾向にもあります。「まさか自分が・・」と言う思いと、高齢者ゆえに世間体を気にしてHIV検査を受けない傾向があるのではないでしょうか。

私は50代ですが、私の周囲の友人、知人を見ているとHIV感染やエイズについて関心を持っている人はごくまれです。ましてや自らHIV検査を受けに行く人は皆無に近いものがあります。これは私の周囲だけの話でしょうか。あなたの周囲、そしてあなたご自身はいかがですか?

・・3.いきなりエイズ

ここに報告されている新規エイズ患者は、過去のHIV感染者とは重複していません。例えば、2009年に新規HIV感染者として報告された人が、2010年にエイズを発症しても、新規エイズ患者としてはカウントされません。

すなわち、ここで言う新規エイズ患者とは、自分がHIV感染していることに気付かず、「いきなりエイズ」を発症した件数なのです。2010年、HIV感染者の約30%が「いきなりエイズ」を発症していました。

この「いきなりエイズ」の発症傾向を過去11年間に渡って見てみましょう。下のグラフをご覧ください。

このように「いきなりエイズ」の発症件数は増加傾向にあります。現在の抗HIV医療では、エイズ発症前にHIV感染が分かればエイズの発症を抑えることも可能です。「いきなりエイズ」発症前の早期HIV検査があなたの命を救うことになるかも知れません。

・・4.保健所などによるHIV抗体検査数

「いきなりエイズ」が増加している理由の1つが、保健所などにおけるHIV抗体検査数の減少です。次のグラフをご覧下さい。

グラフからもお分かりの通り、2009年、2010年と2年連続でHIV抗体検査を受けた件数は大幅減少しています。2009年には新型インフルエンザの影響だと言われていましたが、2010年も同様の傾向であり、エイズに対する関心が薄れているのではないかと懸念されるところです。

・・5.まとめ

以上、2010年のエイズ動向について、2月7日にエイズ動向委員会から報告された速報をご紹介致しました。全体を見て言えることは、日本国内においてはHIV感染者、エイズ患者は増加傾向にあり、「いきなりエイズ」も同じく増加している、と言うことです。

毎日毎日、日本のどこかで4人以上がHIVに感染しています。

このデータをご覧頂いたあなたには、今一度HIV検査の重要性を再確認して頂ければと思います。どうか、あなたが「いきなりエイズ」を発症することのないよう、HIV感染予防、そして早期のHIV検査をお考え下さい。

このサイトでは、すでに色んなページで繰り返しあなたにお伝えしていますが、同じHIVに感染しても、エイズ発症前に治療を開始するのと、エイズ発症後に治療を開始するのとでは、その後の生存率に大きく差が出ます。

当然ながらHIV治療は早期発見、早期治療が何より大事なのです。つまり、HIV検査は救命的検査なのです。

しかも、近年、HIV感染からエイズ発症までの潜伏期間は短くなっています。HIVが人間の免疫機能から逃れる変異を遂げたために体内増殖の速度が速くなっています。HIVに感染して1年から3年でエイズ発症の例が多くなっています。

あなたがHIV検査をためらったり、感染の可能性を無視していると「いきなりエイズ」発症のリスクが高まります。どうぞご用心下さい。

そして、HIV感染には自覚症状がないことをお忘れなく。あなたにHIV感染の不安がなくても思いあたる過去があれば、やはり一度はHIV検査を受けておいた方がいいと私は思います。

「自分に限っては大丈夫・・」なんて根拠のない気休めや自信に頼っていると、「まさか自分が・・」となる危険性もあります。

最後に、私が自分のHIV感染を疑ったときに使用した検査キットをご紹介します。あなたは保健所まで行かなくても、自宅でHIV検査を受けることが可能です。

*あなたの自宅でHIV抗体検査が可能です。私は10分で使い終えました。

STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

■この検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性
■この検査キットを使用した人のクチコミ情報はこちら⇒利用者のクチコミ情報



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP