「1回くらいなら大丈夫でしょう」

コンドームなしのセックスをして、HIV感染の不安を持つ女性に対してそう言ったのは・・・・

なんとお医者さんです。

ちょっと目を疑いましたが事実です。それはネットの相談サイトなのですが、会員登録が必要な有料サイトです。どこの誰が回答しているのかも分からないようなサイトではありません。回答者の素性もしっかり分かるサイトです。当然ですが専門医が回答しています。

有料・無料にかかわらず、ネットでHIV感染の不安を相談する人は大勢います。HIV感染の可能性がある行為をした後に、発熱や関節痛、のどの痛みなど、感染初期を思わせる症状がでてきて心配になるのですね。

それでネットで相談することになるのですが、残念ながらどんな名医であっても症状からHIVに感染しているかどうは分かりません。血液検査によるHIV検査を受けてみるしか分からないのです。

ですから、「1回くらい」という回数、確率を根拠にHIV感染の可能性を不定してしまのはどうかと思います。しかもそんな回答を医者がするのはいかがなものでしょう。

確かに現実問題として、コンドームなしのセックス1回でHIVに感染する人は極めてまれでしょう。厚生労働省科学研究費エイズ対策研究事業で運営する『HIV相談マップ』によれば、コンドームなしのセックスによる女性のHIV感染確率は0.1%と書かれています。

でも、HIVに感染した人はみな、いつかの、どこかの、誰かとの、たった1回のセックスで感染しているのです。HIV感染は積算して感染するのではありません。何回もセックスして、すこしずつ感染していくのではなく、たった1回で感染します。どんなに確率が低くても、感染した人にとっては100%であって、感染確率は意味がありません。

HIV感染の不安を持つ人に対して、必要以上に不安をあおり、恐怖感を持たせ、精神的に追い詰めるようなことはすべきではありません。それは確かにその通りです。

でも、だからといって確率を根拠に安全だと言うのも極めて無責任であり、不適当だと思います。「たった1回くらい」これは医者が口にする根拠でしょうか。私にはそうは思えません。

相談した人は専門医にHIV検査を受けなくても大丈夫だと言われ、本当にそのまま放置するかも知れません。その可能性は高いでしょう。だけど、もしもそれで相談者がエイズを発症したらどうなるでしょう。

恐らく有料サイトといえども、サイト利用は自己責任をうたっているはずで、回答者が責任を問われるようなことはないはずです。だからこそ、「1回くらい」という根拠でHIV感染を否定するのはどうかと思います。

「1回のセックスでHIVに感染することは確率的に非常に低いことなので、そんなに心配せずに保健所に行って検査を受けてください。」

こんな回答だったら相談者もあまり負担に感じることなくHIV検査を受けてみようと思うのではないでしょうか。

保健所に行けばHIV検査は無料匿名です。相談者にとって大きな負担になることはありません。1回のHIV検査に何十万円もかかるのならともかく、そうではないのです。もしもHIVに感染していた場合のリスクを考えると、保健所まで行く手間がどれほどのことでしょう。エイズ発症を防げるかどうかの運命の分かれ道になるのです。

「たった1回だけなんだけど・・・」

そう言って相談されたら、あなたはどう返事しますか?

*「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?


・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP