コンドームをつけていればHIVには絶対感染しない?」

この質問はネット上でよく見かけます。あなたはどう思いますか?

今回はコンドーム使用のエイズ感染リスクを考えます。

◇ネット上で絶えない質問

繰り返しますが、

「コンドームをつけていればHIVには絶対感染しない?」

この質問はネットの相談サイトでよく見かけます。なぜこんな質問がよく出てくるかと言えば、ほぼ全てのHIV予防法に「コンドームの使用」が登場するからです。

これは事実であり、私が持っている性感染症の本にもHIV感染予防はコンドームが鉄板となっています。それも当然で、HIVの最大感染ルートは性行為感染なのです。

平成26年(2014年)のデータを見ると、感染ルートが判明している中で言えばその96%が性行為感染です。後は注射器の回し打ちや母子感染、その他となっています。(エイズ動向委員会データによる)

それだけ性行為による感染が多い訳ですから、コンドームの使用が予防に大きな効果を生むのは間違いありません。ウイルスと粘膜部にコンドームと言う物理的壁を作るわけで、完全に遮断されていればHIV感染はあり得ません。

そこで、

「コンドームさえつけていればHIV感染の不安はない!」

と信じて、例えば性風俗で遊んだり、不特定多数の相手と性行為を繰り返す人がいる訳です。あるいは行動にはまだうつしていないけどやりたいと思っている人がいる訳です。

でもそんな人たちも心の片隅で「ホントかな?」とまだちょっぴり不安なんですね。完全には信じきれないのです。もしもコンドームしててもHIVに感染したら大変だし・・・。との思いがあるのです。

そこでネット上での書き込み、相談となります。でも、普通の掲示板にそんな質問を書き込んでもいい加減な回答では困ります。本当のことが知りたい訳です。

ではどうするか?回答の信ぴょう性が高いサイトで質問しようと考えます。そう、回答を全員現役の医師が行うサイトがあります。

 

◇医師15人の回答は、何と全員が「NO!」だった!

回答者が全員現役の医師であるというサイト、私も会員登録しています。そのサイトでは健康や医療に関する相談、質問が可能です。ただし、有料です。

ネット上で医療行為は出来ませんから、具体的な薬の指示など治療法については回答しません。あくまでも一般的な医療情報に関する質問のみ可能です。

そのサイトで先ほどの質問が定期的(?)に繰り返されています。つい最近も見かけたのですが、全部で15名の医師が回答をしていました。

「コンドームをつけていればHIVには絶対感染しない?」

この質問に対して、何と15名全員が同じ回答です。

「コンドームを使っても100%安全とは言えない。不安ならHIV検査を受けて下さい。」

この回答です。

では実際の回答がどんなものだったか、並べてみましょう。

●HIV感染の可能性は限りなくゼロに近くはなるが、ゼロにはならない。

●不確実性もあるので可能性がゼロとは言えない。

●コンドームによる避妊失敗と同じで可能性がゼロにはならない。

●コンドームが正しく装着されているとは限らないのでゼロではない。

●装着前後の接触が完全にないならまだしも、そうはいかないでしょう。

●そもそも挿入以外の行為でも感染の可能性があります。

●何かをすれば絶対確実、と言うことは世の中にはありません。

こんな感じの回答が15個ズラリと並びます。中にはいかにもお医者様らしい、と感じる回答もありますね。医師の立場としてはコンドームだけで100%安心出来るとは言えないでしょうね。

ただし、コンドームがHIV感染に有効なのは間違いないです。多くの医療サイトによると、HIV感染確率はコンドームなしのセックス1回当たり1%以下です。

これにコンドームを装着すれば更に確率は下がる訳です。だから可能性としてはゼロにならないまでもそんなに不安に思う必要もないのです。

むろん、コンドームを正しく使うことは大前提です。

それでも不安があれば、小さな可能性を確かめるべく、HIV検査を受けることです。

今回は、

「コンドームをつけていればHIVには絶対感染しない?」

と言う質問に対して、15人の医師が全員「NO!」と答えたと言う記事でした。あなたのHIV感染予防にお役立て下さい。

アイコンボタン不安があれば今すぐ!エイズ発症前のHIV検査は救命的検査です。
バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから