HIVやエイズへの関心度は週明けに高まるって、あなたはご存知でしたか?

ちょっと面白い記事を見つけたのであなたにもご紹介したいと思います。ニュースソースはこちら

◇HIV/エイズの関心は週の初めに高まる!

アメリカのジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院のデビッド・ホルトグレイブ氏らの研究グループが、エイズ医療の国際誌であるエイズ・ケア誌において次のように報告しています。(2015年4月21日)

ネット上でHIV、エイズというキーワードで検索回数が増えるのは、週のどのあたりかを調べたところ、週の初めに関心が高まっていることが分かったそうです。検索だけなく、情報ホットラインや専門家に相談するウェブサイトでも同様の傾向が見られたそうです。

これは週末に遊んだ人たちが週が明けてからHIV感染が怖くなり、慌てて情報を集めたり専門家に意見を聞きたくなったりすることが理由だろうと推測されるそうです。

う~ん、何となく分かりますね、その心境。週末はハメを外して遊び回り、週が明けてふと我に返る。そしてHIV感染が不安になる。ありそうな話です。

◇当サイトのアクセス推移も全く同じ傾向です!

実は当サイトへのアクセス推移を見てみると、先の報告と全く同じ傾向を示しています。週末にアクセス数が減り、週の初めにアクセスが増えます。例えば今年の2月のアクセス推移をご覧下さい。

アクセス推移
当サイトへのアクセス推移

当サイトはだいたい1日当たり400人から500人くらいのアクセスがあります。(みなさん、ありがとうございます。)そのアクセス推移は週単位でパターン化しています。週末にアクセスが減って、週の初めからまたアクセスが増えるのです。

つまり、金曜日、土曜日にアクセスが減り、日曜日から増え始めると言うパターンです。その週の最大アクセスが月曜日になることが最も多いことが分かっています。

今の例は2015年の2月ですが、この傾向はこのサイトを立ち上げた2010年からずっと変わりません。しかも、私は当サイトの他にもHIV関連、性感染症関連サイトを複数運営していますが、どのサイトも全くこのサイトと同じパターンでアクセスが推移しています。

ゆえにデビッド・ホルトグレイブ氏がアメリカで報告した内容は日本でも同じことが言えるのではないかと思います。

◇結局、大事なことは?

実際問題として、週のどこでHIVやエイズに関心を持とうがそれはあなたにとって大した問題ではありません。一番大事なことは、あなたがHIV感染の不安を感じたらすぐに行動を起こすことです。

今回のデビッド・ホルトグレイブ氏の報告や当サイトのアクセス状況が示すように、ネットから情報を集めたり専門家の意見を聞いたりするのもいいと思います。

あなたがどこのサイトでで、どんな聞き方をしても答えはひとつ、

『HIV感染が不安ならHIV検査を受けて下さい』

これしかありません。

また、どんなサイトから情報を仕入れようとも、そのサイトがまともなサイトであればやはりHIV検査を受けるしか不安を晴らす方法はないと分かるはずです。このサイトもあなたがHIV検査を受けるお手伝いが出来ればと願っています。

■このページを見た人はこんなページも見ています。

『エイズの最新動向』

『HIV検査に関心のないあなたへ』

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)