HIV・梅毒・クラミジア・淋菌、この4つをまとめて検査しませんか。あなたにオススメする私からのメッセージです。

もし、あなたがHIV感染の不安を少しでも感じているなら、それは同じ感染ルートである他の性感染症も疑いがあるということです。特にクラミジア、淋菌は非常に感染者が多くてかつ自覚症状が出にくい性感染症です。

性感染症に限りませんが、あなたが健康のために病気の検査を受けるとき、大事なことが2つあります。

1.すでに世間に多くの患者がいて、あなたも感染、発症する可能性が高い病気を検査すること。

2.感染、発症の可能性は低くても、万一発症したら重大な健康被害を及ぼす病気を検査すること。

この2つです。発症の可能性が高い病気、健康被害の大きな病気は必ず見つけるためです。

例えば、あなたが職場や保健で受ける健康診断を思い出してみて下さい。健康診断で考えてみると、1に相当するのが生活習慣病であり、2に相当するのが心臓病やガンです。

そして、性感染症でいえば、1に相当するのがクラミジア、淋菌であり、2に相当するのがHIV、梅毒です。

クラミジアは国内で最も感染者が多い性感染症で、100万人を超えるとされています。ただ、自覚症状が少なく、男性は感染者の50%、女性は80%が自覚症状がないまま感染に気付きません。

しかし、そのまま放置していると、女性では不妊症子宮外妊娠、男性だと副睾丸炎慢性前立腺炎などを引き起こすことがあります。決して軽く扱えない性感染症です。

淋菌感染症もまた自覚症状が少ない病気であり、放置するとクラミジアと同様の重大な健康被害をもたらします。

そして忘れてはいけないのが、もしもあなたがクラミジアや淋菌に感染していると、健康な人の2倍から5倍もHIVに感染しやすくなるということです。これはクラミジアや淋菌による炎症でHIVが患部から侵入しやすくなるためです。

HIVについては今さら申し上げるまでもありません。梅毒も近年感染者が増加傾向にあり、決して過去の性病ではありません。梅毒は発症と潜伏を繰り返しますが、現在ではいい薬があり検査で早く見つかれば完治出来ます。

私は保健所で教えてもらったのですが、梅毒は最もHIVとの重複感染が多い性感染症です。そして、HIVと重複感染すると感染の進行が速くなったり、より重症化することがあります。

以上のような背景があり、HIV感染を疑って検査を受けるときには梅毒やクラミジアも同時に検査する方が安心出来ます。

それゆえ、全国の保健所ではHIVと同時にクラミジアや梅毒も無料、匿名で検査してくれるところが多くあります。(必ず実施している訳ではなく、保健所によります。)

そして、今あげた4つの性感染症を、まとめてあなたの自宅で検査が可能です。

あなたが保健所に行く時間がないとか、どうしても周囲の目が気になる、職員との対面検査が嫌だと思うなら、検査キットを使って下さい。

私自身、HIV検査キットや、その他の性感染症の検査キットを使いました。とても簡単で便利なキットです。

あなたの都合のいいときに、誰にも知られることなく性感染症の検査が出来ます。自覚症状の薄い性感染症を重症化させることなく、あなたの早期発見、早期治療にお役立て下さい。

*HIV・梅毒・クラミジア・淋菌をまとめて検査出来る検査キットはこちらです。

■男性用 複合型検査キット STDチェッカー TypeE
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア(喉の検査は含まず)・淋菌(喉の検査は含まず)

■女性用 複合型検査キット STDチェッカー TypeF
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア(喉の検査は含まず)・淋菌(喉の検査は含ま ず)
トリコモナス・カンジダ