アトピーとHIV感染

アトピー患者はHIVに感染しやすい?」これ、ホントだと思いますか?

何気に動画サイトを見ていたら、私の理解不能な投稿動画を発見しました。

つい先日、偶然ですがある動画サイトを見ていたら、「アトピー患者はHIVに感染しやすい」という内容の投稿動画を発見してしまいました。

今までに何冊もHIVやエイズについて書かれた専門書を読んだり、医療サイトを見てきましたが、「アトピー患者はHIVに感染しやすい」という記事にはお目にかかったことがありません。

◇変な理由?

動画の投稿者がどんな素性の方かは知りませんが、動画の中に登場する人物は一見医師風の白衣らしきものを着ています。

その人物が動画の中で言ってる内容は、こんな話です。

1.アトピー患者はHIVに感染しやすい。

2.この事実は恐らく政府も発表していないはず。

3.その理由は、アトピー患者が治療のために免疫抑制剤を使うため。

4.免疫抑制剤で免疫力が低下すると、HIVはじめ感染症にかかりやすくなる。

5.感染すると免疫抑制剤で免疫力が低下しているので、より重篤な症状になりやすい。

6.アトピー患者は免疫抑制剤の使用には十分注意した方がいい。

こういった内容をしゃべっています。

要するに、こんな理屈です。

アトピー患者は、

免疫抑制剤を使う⇒免疫力が低下する⇒感染症にかかりやすくなる⇒HIVに感染しやすい

私は医療の専門家ではないので、この理屈が医学的に正しいのかどうか、知りません。しかし、私が今まで調べた限りにおいては、どうも合点がいかない理由です。

私が理解している範囲では、

「HIVは、免疫力が低下した人に感染するのではなく、HIVに感染した人の免疫力が低下する」

のだと理解しています。

もし、動画サイトで言ってる理屈が正しければ、免疫力の強化がHIV感染の予防手段になり得ます。しかし、HIV感染を予防するために免疫力を高めよう、などと書いた専門書や医療サイトにはお目にかかったことがありません。

確かに、性感染症の中でも膣カンジダ症などは、免疫抑制剤で免疫力が落ちると発症することがあります。免疫力を高めておくことが発症の予防になります。

しかし、それはカンジダ・アルビカンスという常在菌がすでに体内に存在し、免疫力低下によって菌が増殖するから発症するのです。免疫力を高めることで細菌の増殖を抑えることができます。

HIVの場合は免疫力がどんなに高くても、免疫細胞そのものを破壊しながら増殖していくので、カンジダと同じようにはいきません。

◇なぜアトピー?

免疫抑制剤の使用とHIV感染が結びつくこと自体が理解できないのですが、仮にそれが正しかったとしても、なぜアトピーなのでしょう。

免疫抑制剤を使う治療はアトピーに限りません。リューマチなどの自己免疫疾患全般に使われているはずです。

動画では、

「この事実は政府も発表していない」

などと言ってますが、事実正しい理論であれば政府が隠す必要は全くないと思いますが。

その動画は、累計で15,000回を超えるアクセスになっていました。

アトピーの人が動画を見たら、どう思ったでしょうか。私がアトピーなら、たぶん気分悪いと思います。受け取り方によっては、アトピー患者に対する差別、偏見ともいえるような気がしました。(私の個人的意見ですけど)

 

アイコンボタンHIV検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけです。
バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから