世の中にはHIV検査でHIVに感染するのが怖いという人が少なからずいます。

実際にそういう人からメールを頂いたこともあります。

今回は私の体験も交えて「HIV検査でHIV感染を怖がる人たち」について記事にしてみたいと思います。

◇HIV検査キットが怖くて使えない

ちょうど1年ほど前に当サイトの読者さんからメールを頂きました。

「HIV検査キットを使いたいのだが、HIV感染が怖くて使えない。大丈夫でしょうか?」

というご相談でした。

この方が何を怖がっているかと言えば、HIV検査キットで採血するためのツール、ランセットによるHIV感染です。つまり、ランセットの針が使い回しされていないか心配なのです。

ランセットを押しつける

上の写真のようにランセットを指に押し当てると小さい針がほんの少し飛び出してきます。これで出血させて微量の血液をろ紙に吸い取らせるんですね。

HIVの感染ルートに注射器の回し打ちがあるので、このランセットの針でも同じことが起きないか心配されているのです。

この方と同じような心配をされる人はけっこういて、ネット上の相談サイトには何件か同様の書き込み相談が見られます。

私は自分でランセットを使った経験もあるし、分解して中を調べたこともあります。だから断言しますが、決してランセットからHIVに感染することなどありません。

詳しくは当サイトの姉妹サイトに記事を載せていますので、そちらをご覧下さい。

『検査キットのランセットは安全か?』(HIV検査キットの選び方と使い方)

 

◇保健所や病院でHIVに感染するのが怖い

さて、お次は保健所や病院でHIVに感染するのが怖くてHIV検査に行けないという人がいます。これまたネットの相談サイトに何件も書き込みがあって、少なからず心配している人がいるようです。

いったい何を心配されているかと言えば注射器の使いまわしです。HIV検査は血液検査なので注射器や針の使いまわしが怖いという訳です。

つまり、こんなふうに考えているのです。

「何しろHIV検査に来る人たちは来ない人に比べてHIVに感染している可能性が高いはずだ。そんな人たちで注射器の使い回しがあればHIVに感染する可能性も高いはずだ。」

とまぁ、こんな理屈で保健所や病院のHIV検査が怖いと思っているのです。特に保健所は病院よりも衛生管理が悪いと思ってる人が多いみたいです。

しかし、現実には注射器も針も使い捨てであって、使い回しの心配は無用です。こちらも姉妹サイトに詳しい記事があるのでぜひお読み下さい。

『保健所でHIVに感染する?』

もしもあなたがHIV検査を受けようと思って、だけど保健所も検査キットも怖いと思ったらどうぞ姉妹サイトの記事をお読み下さい。心配無用と分かるはずです。

アイコンボタン不安があれば今すぐ!エイズ発症前のHIV検査は救命的検査です。

バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから