あなたが少しでもHIV感染の不安を持っているなら、すぐにHIV検査を受けて欲しいと思います。それには次のような理由があるからです。

1.HIV感染は現代医学でも完治させることは出来ませんが、早期発見、早期治療が出来ればエイズ発症を防ぐことは可能になりました。

2.しかも、エイズを発症する前に治療を開始するのと、エイズを発症した後に治療を開始するのでは、その後の患者の生存率に大きな差が出ます。

エイズ発症前だと120週後の生存率が99%なのに対し、エイズ発症後だと80%まで下がります。(国立国際医療センターの2007年データ)

いかに早期発見、早期治療が大事かを示すデータです。

3.国立国際医療センターによれば、近年HIVに感染してから3年以内にエイズを発症する例が多くみられ、エイズ発症までの潜伏期間が短くなっているそうです。

つまり、あなたがHIV検査をためらって先延ばしにしていると、いきなりエイズを発症して早期治療の機会を失う危険性が高まっているのです。

こうした理由から、あなたにHIV感染の不安があるなら、すぐにもHIV検査を受けて欲しいと思うのです。

かつて、25歳でHIVに感染すると平均余命はわずかに7年でした。まさに致死的疾患だったのです。

しかし、1997年頃から始まったHAARTと呼ばれる坑HIV療法により、治療は劇的に改善されました。今や25歳でHIVに感染しても平均余命は40年と言われています。致死的疾患から糖尿病などと同じ慢性疾患に近くなったのです。

しかし、先ほどもお話したように、早期発見、早期治療が重要です。

私の経験からも、HIV検査は誰もが気軽に受けられる検査ではありません。自分が感染していると思う人ほど検査が怖いものです。私もHIV検査を受けるまで3ヶ月間悩み続けました。

しかし、あなたには勇気を出して、何とかHIV検査を受けて欲しいと思います。もしも、あなたがHIVに感染していたとしても、エイズ発症前なら早期治療によって学校や仕事を続けることも可能なのです。

あなたがやっとの思いでHIV検査を決心しても、今度は保健所や病院のハードルが高いかも知れません。あなたは世間体を気にしたり、対面検査を気にするかも知れません。

あるいは保健所まで行く時間がなかなか取れなかったり、検査日程があなたの都合と合わないかも知れません。

そんな時にはどうぞHIV検査キットを使って下さい。あなたの自宅で、誰にも知られず、わずかな時間で使えます。実は私もHIV検査キットを使ったのです。

私が使った検査キットは、保健所や病院と同じ検査原理でHIV抗体検査です。実際に検査を行うのは登録衛生検査所と言う、非常に厳しい衛生管理基準をクリアした専門機関です。検査の信頼性、安全性も大丈夫です。

とにかく、エイズ発症前にHIV検査を受けること、これが重要です。

あなたのHIV感染不安が1日も早く解決することを心から願っています。

*私がHIV感染の不安に悩んだとき使った検査キットです。10分で終わりました。

STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)




・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP