TOP コラム一覧コラム(保健所/血液センター)>HIV検査・即日検査の保健所は?


ここでは、HIV検査で即日検査が出来る保健所がどのくらいあるのかをご紹介しましょう。

皆さんもよくご存知のように、私たちが保健所へHIV検査を受けに行くと、通常検査と即日検査の2通りの検査があります。通常検査と言うのは、まず採血をして、検査結果は1週間ほど後にもう一度保健所へ行って教えてもらいます。

一方、即日検査と言うのは、その日のうちに採血から検査結果がまでが分かる検査で、1時間程度で終わります。二度行かなくていいので、当然ながら即日検査の方が便利です。

しかし、全ての保健所で、この便利な即日検査を行っている訳ではありません。まだ通常検査しか実施していない保健所もあります。

では、いったい、どのくらいの保健所が即日検査を行っているのか、少し調べてみました。下の表をご覧下さい。国内で比較的HIV感染者の多い都道府県を12ヶ所選び、HIV検査を行っている保健所の数、そして即日検査の可能な保健所の数も調べてみました。

都道府県 HIV検査をしている保健所数 即日検査可能な保健所数 即日検査の比率(%)
茨城県 29
栃木県 86
群馬県 11 11 100
埼玉県 17 53
千葉県 17 16 94
東京都 38 11 29
神奈川県 43 11 26
長野県 12 12 100
愛知県 32 28
京都府 20 45
大阪府 34
福岡県 10 20
合計 248 99 40


データーは「HIV検査・相談マップ」からです。このサイトは厚生労働省がHIV対策事業の一環として運営しているサイトです。

この結果を見ると、群馬県と長野県が100%即日検査体制です。逆に、大阪府はわずかに3%です。この3%と言う低さはちょっと信じ難いものがあるのですが、「HIV検査・相談マップ」のデータでは間違いなく34件中1件のみ即日検査となっています。

傾向としは、人口の多い都道府県ほど、即日検査の対応が進んでいないように見えます。東京都の29%、神奈川県の26%などです。

もしかすると、そういった人口の多い都道府県では、保健所に検査をしに来る人の数が多くて即日検査の手が回らないのかも知れません。何しろ、採血の後すぐに検査を開始して、1時間以内に検査結果を本人に告知するのです。大勢の受検者が押し寄せると、対応する人数や検査環境もたくさん揃える必要があるかも知れません。

ここでは、HIV感染者が比較的多い12の都道府県を抜き出して調べてみましたが、もしも皆さんが保健所でHIV検査を受ける場合には、最寄の保健所がどうなっているか調べてみて下さい。「HIV検査・相談マップ」はとてもよく出来たサイトで、保健所を検索するには最適です。

都道府県別に検索できるだけでなく、鉄道沿線別、最寄駅別、検査の時間や検査範囲などからも絞り込んだ検索が出来るように工夫されています。

もう、言うまでもありませんが、HIV感染はHIV検査を受ける以外には絶対に分かりません。HIV検査を受けるなら、保健所で受けるのがベストです。どうぞ、少しでも不安や心配があればHIV検査を受けて下さい。

でも、どうしても保健所には行きたくない、行けない、と言う人がいたら、HIV検査キットの利用も考えてみて下さい。最悪は検査を何も受けずに放置して、「いきなりエイズ」を発症することです。

*HIV抗体検査が自宅でも可能です。私は2回使いましたが、安全・安心・便利でした。

・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

■この検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性
■この検査キットを使用した人のクチコミ情報はこちら⇒利用者のクチコミ情報



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP