「HIV検査を受けるならどこで受けるのがいいですか?」

私がもしもあなたからそんな質問を受けたら、私はすぐにこう答えます。

「保健所でHIV検査を受けるのがベストです。」

これはもう、事実その通りです。何と言っても無料・匿名でHIV検査が受けられます。
HIVやエイズの専門スタッフがいるので、きめ細かいフォローもしてくれます。

その上多くの保健所では、梅毒、クラミジア、C型肝炎など、HIVとの重複感染が多い
性感染症についても無料・匿名で検査をやっています。
(各保健所で検査内容は異なります。)

こうしたメリットを考えると、やはりHIV検査を受けるなら保健所に行くのがベストだと思います。
でも、HIV検査希望者の中には、どうしても保健所には行きたくないと思う人がいます。

もしも、あなたも保健所に行くのが嫌で、HIV検査を先送りしているなら、ぜひこの記事を読んで
下さい。

・・◇HIV検査キットを批判する人がいる・・・


さて、このサイトではHIV検査キットのご紹介もしています。

保健所の上をいく匿名性、自宅で簡単に使える利便性など、HIV検査は受けたいけど、
保健所には行きたくない、そんなあなたに検査キットを紹介しています。

この自宅で使える検査キットについて、一部の医療関係者などから問題視する声がネット上で
目につきます。

その声は大きく2つの問題指摘に集約されています。

1.自分で採血するため、使い方を間違うと正確な検査が出来ない。

2.検査結果が陽性だったとき、適切なフォローが受けられない。

この2点です。

私はこうした指摘を読むたびに、きっとこの指摘する人達は自分がHIVに感染しているかも
知れないと不安になったこともなく、ましてや検査キットを使ったこともないのだろうと思います。

自分が体験してもいないことを、読んだり聞いたりした範囲で批判しているのだと思います。

HIV検査キットを使う人の立場でその気持ちを考えたことがあるのだろうかと疑問です。

私は冒頭にも書いたように、HIV検査は保健所がベストだと思っています。でも、どうしても
保健所には行きたくない人が現実にたくさんいます。

そんな人達に対して理屈を言うばかりで、結局HIV検査を先送りにするしか方法がなくなったら
どうするのでしょう。

保健所に行きたくない人達が、どうすればHIV検査が受けられるか、それを考えることが重要
だと思います。

・・◇HIV検査キットの信頼性と安全性は・・・


私が決して無責任にあなたに検査キットをご紹介しているのではないことを説明したいと思います。

1番目にHIV検査キットの安全性、信頼性、2番目に検査結果のフォロー、この2点について
検証します。

まず、検査キットの安全性、信頼性についてです。実は、この点については当サイトではすでに
検証済みです。ぜひ、この記事を読んで下さい。
⇒『HIV検査キットの信頼性』

検査キットが実用上、使い得るだけの信頼性を持っていることをお分かり頂けるはずです。

ちなみに、私は自分が保健所でHIV検査を受けたとき、HIV検査の担当者に尋ねたことがあります。

「HIV検査キットって、信用出来るのでしょうか?」

すると、保健所で私のHIV検査を担当してくれた職員の人は、

「保健所でのHIV検査と全く同じ検査とは言えませんが、実用上は問題ないと思います。」

と、そう答えてくれました。

では、正しく使えば信頼性はあるとして、あなたが自宅で使い方を間違う恐れはないでしょうか。

私が自分でも使ってあなたにオススメしているのは、STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)
と言う検査キットです。

一度でも自分でこの検査キットを使ってみれば分かりますが、何も難しいことはなく、危ない作業も
ありません。

ただし、外国からの輸入品や、国内メーカーでも作業内容が複雑なものはこの限りではありません。
あなたが購入するときは事前に十分ご確認下さい。
(私が実際に自分で使ってみたのはSTDチェッカーだけです。)

ここまで検査キットの信頼性、安全性についてお話してきました。

検査キットを実際に使った経験者として私に言わせて頂くなら全く心配無用です。

・・◇HIV検査キットの「検査後フォロー」は・・・


次に2番目の問題指摘、検査結果のフォローについてです。

確かに検査キットでは結果が陽性であったとき、保健所と同等のフォローを期待しても不可です。
検査キットメーカーはあなたに対して医療行為は行いません。

恐らく再検査のアドバイスくらいしか出来ないと思います。
従って、この点に関して検査キットを問題視する声は全くの的外れとは言えません。

でも、あなたに忘れないで頂きたいのは、検査キットで行う検査はスクリーニング検査、すなわち
一次検査だと言う点です。

この一次検査で陽性になったからといって、HIV感染が確定する訳ではありません。

あなたが一次検査で陽性と判定されたら、確認検査と呼ばれる二次検査を受ける必要があります。
そこでも陽性となれば初めてHIV感染が確定し治療に入ることになります。

この一次検査、二次検査のシステムは検査キットに限らず保健所でも病院でも同様です。

ただし、検査キットで二次検査は出来ません。あなたが検査キットで陽性の結果を受け取れば、
改めて保健所か病院で再検査となります。

「だったら最初から保健所で検査を受けた方がいい。」

あなたがそう思うなら、それは大正解です。私も冒頭からHIV検査を受けるなら保健所がベスト
だと申し上げています。

・・◇そもそも、どうして保健所に行かないのか・・・


でも、そもそものスタート時点を思い出して下さい。
なぜ保健所に行きたくない人がいるのか。

無料で匿名、万一再検査になってもそのまま保健所では二次検査が可能です。
にもかかわらず、どうして保健所に行かず、検査キットを使う人がいるのでしょうか。

保健所の検査予定と自分の予定が合わないと言う、スケジュール上の問題もあるでしょう。
でも、一番大きな理由は保健所での対面検査が嫌だと言う理由ではないでしょうか。

保健所でHIV検査を受けるのは世間体が悪い、誰かに会うのは絶対に嫌だと思うから、
保健所に行きたくないのです。

私にはその気持ちはとてもよく分かります。私のように50歳を超えた年齢になると、かなり
周囲の目が気になります。保健所での対面検査は辛いものがあります。

あなたが女性で、しかも40歳、50歳を超えていれば、保健所に行くのはかなり勇気がいる
ことでしょう。

「なぜこの人はHIV検査を受けに来たのだろう?」

そんな目で見られている気がするからです。それが耐えられないのです。

私の知人で、50代半ばの女性は私にそう言って、何ヶ月も保健所に行かずHIV検査を
先送りにしていました。

むろん、実際には保健所のスタッフはそんな詮索はしません。でも、検査を受ける側と
してはどうしてもそう思ってしまうのです。

世間体を気にしてHIV検査を先送りにしている間に「いきなりエイズ」を発症する可能性も
あります。二次感染も心配です。

世間体を気にして「いきなりエイズ」を発症するくらいなら検査キットを使った方がいい、
私はそう思っています。

・・◇もしも、HIV検査キットで陽性判定が出たら・・・


もし、あなたが検査キットで陽性判定を受けたら、HIVに感染している可能性がいっきに
高まります。

この時点では、あなたはもう世間体など気にもしていられません。
何しろあなたの生命がかかっているのです。

この、生命にかかわる問題かどうか、ここが大きなポイントです。

あなたが一次検査の時に不安が大きくても、しょせんは単なる不安で終わっています。
あなたはその時点で生命の危機までは感じていないはずです。

だからHIV検査を先延ばしにも出来るのです。

しかし、検査キットで陽性判定が出ればあなたも覚悟するはずです。
もう保健所か病院に行くより他に道はありません。選択の余地はないのです。

しかも先延ばしにも出来ません。それこそいきなりエイズの可能性があります。
このように、検査キットはあなたに保健所へ行く覚悟をさせてくれます。

あなたが本当に検査後のフォローを必要とするのは、二次検査で陽性が確定した後です。

HIV感染が確定した精神的ショック、治療に向けての心構え、家族、職場などへの
カミングアウト、様々な問題をいっぱい抱え込みます。

そのフォローをするのは保健所や病院などの専門医療機関の仕事です。

・・◇HIV検査キットが、あなたにしてくれること・・・


こう考えると、HIV検査キットがあなたにしてくれることは、次の2つです。

●検査結果が陰性だったとき・・・あなたがHIVに感染していないことを証明してくれます。
(陰性の場合は一次検査で確定します。二次検査は不要です。)

●検査結果が陽性だったとき・・・あなたに保健所へ行く覚悟をつけさせてくれます。

従って、検査キットが行うべき検査後のフォローとは、陽性判定だったとき、その判定が
最終決定ではなく、二次検査を受ける必要があることを、しっかり受検者に伝えることです。

ここで最初にHIV検査キットの問題点として指摘されていた2番目の項目を思い出して下さい。

2.検査結果が陽性だったとき、適切なフォローが受けられない。

こういう指摘でした。

私が先ほどから説明してきた通り、検査キットが行うべき検査後のフォローとは、陰性ならHIV
感染の心配がないこと、陽性なら感染の可能性があるので確認検査を受けること、それぞれを
しっかり伝えることです。

特に陽性の場合には、確認検査を受ける意味、必要性、重要性を伝えなくてはなりません。

それが検査キットメーカーの責任です。

下記にご紹介する、私が使用した検査キットのホームページをご覧下さい。
利用者に対する細かい配慮は十二分にされていると思います。

■STD研究所 STD チェッカー

このように、HIV検査キットには十分な信頼性、安全性があり、検査後の必要なフォローも
十分されていると思います。

それでもHIV検査は、まずは保健所が一番オススメです。

しかし、どうしても保健所には行きたくないあなた、そんなあなたはHIV検査キットを使ってでも
早期に検査を受けて下さい。

検査を先延ばしにしていると「いきなりエイズ」のリスクが高まるばかりです。

いくら医療関係者が、HIV検査は保健所に行くべきだと指摘しても、現実には年間に
4万個以上のHIV検査キットが利用されています。

保健所や自治体でHIV抗体検査を受ける人は年間で約13万人ちょっとなので、いかに
検査キットが使われているか、お分かり頂けると思います。

何かの理由で保健所に行けない多くの人々が、HIV検査キットによって検査をちゃんと
受けることが出来ている、この現実は無視できないと思います。

*私も使いました。保健所に行けないなら、自宅でHIV検査ができます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeJ(男女共通)

・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP