このページではHIV感染を予防するにはどうすればいいのか、お話したいと思います。

いろんなページで断片的に予防方法について書いてありますが、このページではそれを集約してまとめたいと思います。

◆最大のHIV感染予防は性行為感染対策

HIV感染は、性行為感染、血液感染、母子感染の3つのルートしかありません。そして、日本ではHIV感染者の9割近くが性行為感染なのです。血液感染や母子感染はほとんどありません。

性行為は日常生活と密着しており、HIV感染の可能性があるからといって、全く性行為をしないと言う訳にもいきません。
そこで、なるべくHIVに感染しないよう、安全性を考えた性行為がすすめられるようになりました。

それがセーファーセックス(safer sex)と呼ばれているセックスです。

◆セーファーセックス(safer sex)

HIV感染予防の基本は、「HIV感染ルート(基本編)」のページで書いた感染ルートを遮断することです。血液や体液が直接粘膜部分に触れないことが第一です。では、具体的にはどんな方法があるのか、説明したいと思います。

なお、セーファーセックスについては、HIV/AIDS先端医療開発センターのホームページから、とても詳しくて分かり易いガイドブックをダウンロードすることが出来ます。ぜひ一度ご覧下さい。実用的な記事ばかりです。⇒「あなたと、あなたのイイひとへ。」

①コンドームを使用する。

最もオーソドックスにして最大の効果ありです。ただし、正しい使い方をしなければ効果半減です。「感染ルート(性行為感染)のページを参照して下さい。コンドームの正しい使い方を説明してあります。

 

②オーラルセックスにも注意する。

女性が男性に対して行う場合にはコンドームを使うことが予防になります。また、男性が女性に対して行う場合にも直接接触を遮断する工夫があれば、HIV感染の可能性が低くなります。

よく言われるのが、コンドームを切って使うとか、サランラップを使う、などの方法です。私は自分でやったことがないので、どんな感触なのか分かりません。あるいは女性用のコンドームもあります。

また、うがいや、性行為前によく洗うこともHIV感染の予防には効果的と言われています。

 

③傷口がある場所で、相手の傷口や性器、肛門付近を触らない。

これも傷口から体液、血液が直接接触してHIV感染するのを防ぐためです。

 

④不特定多数の相手を避ける。

どんな方法を使うにしても、まずは不特定多数の相手との性行為を避けることが予防になります。私もあまりえらそうなことは言えない過去がありますが、怪しい相手とは接触しないことですね。

でも、相手の外見だけでは実際にHIVに感染しているかどうかは判別できません。本当に安心出来る相手とは、ウィンドーピリオドを過ぎてHIV(エイズ)検査を受けて陰性と判明した相手です。

あなたが相手のことを好きかどうか、あるいはお互いの間に愛情があるかどうか、それはHIV感染には全く無関係です。

確かに、HIV検査を受けて陰性と分かっている相手とだけ性行為を持てばHIV感染の心配はありません。完全に感染の可能性はゼロです。でも、それは実際には難しいことかも知れません。

最後にもう一度繰り返します。HIVに感染するのは、特別な人が特別な行為をするからではありません。私やあなたのごく普通の日常生活の中にHIV感染のリスクがあり、誰がいつHIVに感染しても不思議ではありません。

どうかあなたはこのことを忘れず、HIVに感染しないようご注意ください。

以上、HIV感染予防についてお伝えしてきました。

HIV感染症には自覚症状がありません。あなたが完璧にHIV感染を予防していると思っていても、本当に予防出来ているかどうかはHIV検査を受けてみないと分かりません。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)