このページでは、HIVとエイズの意味についてお話します。

HIVもエイズもよく耳にする単語ですが、この2つの単語の定義を正確にご存知でしょうか。たまに2つがごっちゃになった、不正確な使われ方を耳にすることがあります。(実は私自身もそうでした。)

よくあるのが、

「エイズに感染する。」

こんな表現です。これはエイズをHIVとごちゃまぜにした使い方です。

HIVと言う単語よりもエイズと言う単語の方がより広く認知されており、本来HIVと使われるところをエイズと表現しているケースがあると思います。
まず、言葉の定義からお話していきましょう。HIV=ヒト免疫不全ウイルス(ヒトめんえきふぜんウイルス)のことです。英語では、Human Immunodeficiency Virus=HIVと略します。つまり、HIVはウィルスの名前です。

人間が感染するのは、このHIVです。エイズに感染するのではありません。

○「HIVに感染する」

×「エイズに感染する」

一方、エイズと言う単語は、英語ではAIDSと略されます。AIDS=後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)何やらややこしい長い名前ですが、これを英語では、Acquired Immune Deficiency Syndrome=AIDS と表記されます。このHIVとエイズと言う2つの単語の関係は、次のような関係です。

人間がHIVに感染すると、体内にHIVが増殖していきます。それによって人間の免疫細胞が減っていき、免疫力がどんどん低下します。すると、健康な人なら体内の免疫力で発病を防ぐことの出来る病気にかかってしまいます。

この免疫力が落ちたことによって発病する様々な病気を全部まとめてエイズと呼びます。つまり、エイズとは単独の病気の名前ではありません。

エイズ=後天性+免疫不全+症候群と、3つの単語の合わさったものです。

後天性=生まれつきではなく、HIVに感染することによって、免疫不全=免疫力が低下することによっておきる、症候群=単独の病気ではなく、日和見感染症と呼ばれる様々な病気の総称。つまり、HIVがウィルスであり、このウィルス感染による免疫不全がひき起こす疾患群をまとめてエイズと呼びます。

免疫不全によって感染する代表的な23の感染症が決められており、HIV感染者がどれか1つでも発病するとエイズ患者と診断されます。(HIVに感染していない人が発症してもエイズ患者ではありません。)

従って、HIVに感染していてもそれまでは、「HIV感染者」であって、「エイズ患者」ではありません。

皆さんご存知の通り、HIVに感染しても、すぐにエイズ患者になるわけではありません。その潜伏期間はとても長く、5年や10年も症状が出ないこともあります。(近年、この潜伏期間が短くなっています。)

では、最後にHIVとエイズを混同した表現をいくつか上げておきます。あなたは何故間違いかお分かりですか?

HIV・エイズ間違った表現、使われ方

1.エイズウイルス

2.HIVウイルス

3.エイズ検査

4.エイズで死ぬ

上記4つとも厳密に言えば間違った表現になります。さて、その理由は⇒「HIV・エイズの用語や表現」

________________________________________________

「HIV?自分に限っては大丈夫・・」

なんて根拠のない気休めや自信に頼っていると、

「まさか自分が感染するなんて・・」

となる危険性もあります。

あなたにとって早期のHIV検査がどれほど大事か、ぜひ次の記事をご覧ください。HIV検査を遅らせることであなたにプラスになるこは何ひとつありません。いかに危険ばかりが大きくなっていくか、お分かり頂けるはずです。

○「生存率」・「いきなりエイズ」・「潜伏期間」、この3つをご存知ですか?

あなたがHIV検査を先延ばしに出来ない3つの理由とは?



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP