ここでは、HIVが体内に侵入してから増殖する過程について説明します。

例によって医学には素人の私が苦労して図を作ってみました。

正確さには欠けるかも知れませんが、イメージをつかんで頂ければと思います。

では、下の図を見て下さい。番号が1番から7番までふってあります。

HIV増殖の過程をこの番号順にお話したいと思います。

◇HIV増殖の過程

HIVの増殖行程

【1】HIVがCD4レセプターに取り付く

HIVが体内に侵入すると、CD4陽性Tリンパ球と言う免疫細胞に取り付きます。

ここがHIVの恐ろしいところで、本来ならHIVのような外敵をやっつける免疫細胞に取り付くのです。

CD4陽性Tリンパ球にはCD4レセプターという目印があります。

この目印めがけてHIVは取り付きます。CD4は目印であると同時に入口のカギ穴でもあります。

HIVは自分のカギをこのカギ穴に入れてドアを開けます。

 

【2】HIVのRNAと逆転写酵素を放出

次にHIVはCD4T陽性細胞内に、自分のRNAと逆転写酵素を放出します。

実はHIVは自分の遺伝子としてRNAしか持っておらず、DNAを持ちません。それでRNAウイルスと呼ばれています。

 

【3】逆転写酵素によってDNAが作られる

逆転写酵素の働きによって、HIVのRNAからDNAが作られる。このDNAは2本の鎖のようになっている。

 

【4】CD4陽性T細胞の核内へ入る

次に、このDNAは取り付いたCD4陽性T細胞の核に入り込み、もともとあったT細胞のDNAの一部分として組み込まれてしまうのです。

何とも不思議というか、恐ろしい増殖の仕組みです。

HIVは自分が持っていない遺伝子機能を、感染した細胞を使って補うのです。

 

【5】HIVの部品を作りはじめる

まんまとT細胞のDNAに入り込むことに成功したHIVのDNAは、T細胞が持っている増殖機能を使って、自分のコピーを作り始めます。

つまり、本来であればCD4陽性T細胞が自分の細胞を増やすための機能を利用し、HIVの部品を作らせるのです。

HIVの設計図を受け取ったT細胞内では、悲しいことに、せっせとHIVの部品を作るのです。

 

【6】HIVの部品を組み立てる

T細胞内で作られたHIVの部品を組み立てます。

こうして、新しいHIVが次々とコピーされていきます。

 

【7】新しいHIVは、CD4陽性T細胞をから外に飛び出し、次の感染先を見つける。

新しくコピーされたHIVはT細胞の外へ飛び出します。

1つのCD4陽性T細胞から、1000個のHIVが作られるそうです。

何ともすさまじい数です。

この新しくコピーされたHIVは次の宿主細胞に取り付き、【1】から【7】を繰り返します。

HIVが1日10億個から100億個と言う途方もない増え方をするのも、こうしたシステムがあるからなのです。

そして、HIVの生産工場と化したCD4陽性T細胞ですが、HIVが飛び出た後は破壊されてしまいます。

このCD4陽性T細胞と言うのは、人の免疫機能の中枢細胞なのです。

この細胞が破壊されると他の免疫細胞も十分機能することが出来なくなります。

こうして、HIVは自分を大量コピーすると同時に、免疫細胞を破壊し続けます。

感染した人はどんどん免疫力が低下していくのです。

以上、HIVが感染者の体内でどうやって増殖していくのか、その仕組みをご紹介しました。

管理人注記:この記事の作成後に、こんな動画を見つけました。

動画の説明は英語ですが、本記事を読まれた上で動画を見ると、何となくお分かり頂けると思います。

約5分の動画ですが、非常によく出来ていて、HIVが感染して増殖する様子がリアルに分かります。

ぜひ一度ご覧ください。

『HIV Replication 3D Medical Animation』

このように巧みに感染した細胞を利用して自己増殖を続けるHIVですが、今日では優れた抗HIV薬が開発されています。

細胞内でHIVがコピーを作る工程を阻害して、増殖させないようにする薬です。

HIV感染を完治させることはまだ出来ませんが、しかしエイズ発症を防ぐことは出来るようになったのです。

むろん、エイズ発症前の、早い段階でHIV感染が見つかることがエイズ発症防止の条件です。

一方でHIVもまた変異を繰り返し、人間の免疫細胞による攻撃を逃れるようになりました。

そのため、HIVに感染してからエイズ発症までの期間が短くなっています。

従って、あなたが

「HIV?自分に限っては大丈夫・・」

なんて根拠のない気休めや自信に頼っていると、エイズを発症してから

「まさか自分が感染するなんて・・」

となる危険性もあります。

2014年の厚生労働省の調査結果では、HIV感染者として報告された患者の約30%は自分がHIVに感染したことに気がつかず、「いきなりエイズ」を発症しているのです。

繰り返しになりますが、「いきなりエイズ」発症前にHIV感染が見つかればエイズ発症を防ぐことも出来ます。

HIV検査はあなたにとって救命的検査になるかも知れません。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)