あなたがHIV検査を保健所で受けようとしたとき、あなたが住んでいる市ではなく、よその市や県でも同じように無料・匿名で検査が可能でしょうか?

たぶんあなたも保健所でHIV検査を無料・匿名でやってくれることはご存じでしょう。では、あなたが住んでいる市や県ではなく、よその市や県でもHIV検査を無料・匿名で受けることが可能でしょうか?

あなたはご存知ですか?ついでにHIV以外の梅毒やクラミジア、淋菌にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスなどはどうでしょうか?

◇保健所のホームページにはどこにも書いてない

あなたも試しに最寄の保健所のホームページを見て下さい。HIV検査に関する案内はどこの保健所でもすぐに見つかります。そしてそこには必ずこう書かれています。

「無料・匿名でHIV検査を受けることが出来ます」

こう書かれてあります。このHIV検査を受けるための必要条件は何も書かれていません。たまに見かけるのはHIV感染の可能性があった日から3ヶ月以上経過していること、というウインドーピリオドに関する注意くらいのものです。(これも絶対条件ではありません)

「市内在住の方に限る」

などとは書かれていません。でも、

「市内在住以外の方でも受けられます」

とも書かれていません。では、よその市や県の保健所でHIV検査を受けることは可能でしょうか。それとも不可でしょうか。

あなたはどう思いますか?

はい、正解は日本中、どこの保健所でもHIV検査を受けることが出来ます。北海道にお住まいのあなたが沖縄の保健所でHIV検査を受けることが出来るし、その逆に沖縄のあなたが北海道でHIV検査を受けることも可能です。

「だって、匿名検査なんだから、住所なんて分からないじゃんか!」

そう大声で叫んだあなた、その通りです。元々HIV検査は匿名検査なので、受検者が氏名や住所などの情報を出す必要はありません。初めから市内も県外もないのです。

でも、保健所のホームページに一言、

「市内在住以外の方でも受けられます」

と書いてあったら親切だなぁと思うのですが、いかがでしょうか。私はけっこうな数の保健所を調べましたが、ただの1ヶ所もそんなことを書いてあるホームページはありませんでした。匿名検査だから案内する必要もないと言われてしまえばそれまでですが。

◇では、その他の性感染症は?

保健所ではHIV検査と同時にクラミジア、淋菌、梅毒、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスなどの検査を行っています。むろん、希望者のみですが、HIVと同時に受けることを条件に無料・匿名となります。

ただし、どんな性感染症の検査を実施するかは各保健所ごとに異なります。もしもあなたがHIV以外の性感染症も検査してもらおうと思うなら、最寄の保健所に検査項目を確認してみて下さい。

中にはHIV検査と切り離して他の性感染症の検査を行っている保健所があります。この場合は無料・匿名ではありません。保健所で事前によく確かめてから検査を受けて下さい。

◇ワクチンは全く話が別!

保健所が窓口で扱っている業務に、B型肝炎ワクチン、C型肝炎ワクチン、子宮頸がんワクチンの接種があります。これらのワクチン接種も各自治体からの費用補助があり、無料で接種を受けることが可能です。

ただし、ワクチン接種の場合は保健所と同じ市内在住が原則です。HIV検査のような訳にはいきません。事前に保健所のホームページで確認するか電話などで必要条件をご確認下さい。ちょっとややこしいかも知れません。

■「もしかして・・・」 HIV感染が不安なら迷わず検査。自宅でHIV検査が出来ます。
STDチェッカー TypeJ(男女共用)
HIV検査のみ
■HIVと最も重複感染が多い梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。
STDチェッカー TypeO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について

■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声