HIV検査の確認検査で使われるウエスタンブロット法について説明したいと思います。

あなたが保健所や病院にHIV検査を受けに行くと、普通はまずHIV抗体検査を行います。

これはスクリーニング検査と呼ばれ、HIVに感染している可能性があるか、ないかを振り分けます。

ここで陽性判定を受けると、確認検査と呼ばれる二次検査を受けることになります。

この確認検査で使われる検査方法の1つがウエスタンブロット法(WB)です。

あなたがHIV検査を受けるときの前知識として概要を知っておいてください。

◇HIV検査の確認検査とは?

今更ですがHIV検査における確認検査をまずはおさらいしておきます。

あなたが保健所や病院で受けるHIV検査はスクリーニング検査と確認検査の二段構えになっています。

なぜ二段構えになっているかと言えば、HIV検査を最も効率よく行うためです。

下の図を見てください。これが一般的なHIV検査の手順です。

図1.HIV検査の手順

まず、スクリーニング検査と呼ばれる検査でHIVに感染している可能性がある人を陽性にします。

この検査は非常に感度が高く、少しでもHIV感染の可能性が疑わしいと陽性判定します。

従って、この感度の高い検査で陰性判定を受ければHIVには感染していないことが確定します。

一方、非常に感度が高いために本当はHIVに感染していない人まで陽性判定されることがあります。

これを偽陽性と言います。

スクリーニング検査で陽性判定を受けると、本当にHIVに感染しているのか、偽陽性なのか、それを確認検査で判定します。

『HIV検査の偽陽性と偽陰性』

確認検査には今回テーマとして取り上げたウエスタンブロット法やNAT検査が使われます。

こちらは偽陽性が出ることはありませんが、非常に手間がかかるし時間も費用もかかります。

そのためスクリーニング検査には使われません。

HIV検査の手順についてはこちらに詳しく書いてあります。

『HIV検査の概要』

◇ウエスタンブロット法とは?

まず、名前の由来からご説明しましょう。

ウエスタンブロット法(Western blot analysis)の大元となる方法を研究開発したのはイギリスのサザン博士(Edwin Mellor Southern)でした。

サザン博士の手法から次に生まれた方法がノーザンブロット法と呼ばれ、そしてその次がウエスタンブロット法と名付けられたのです。

南⇒北⇒西と、冗談みたいな名づけ方ですね。

ウエスタンブロット法を簡単に言えば、

『HIVが持つ特徴的な蛋白質を、抗体を使った免疫反応で検出する方法』

と言えます。

つまり、HIV特有の蛋白質が見つかれば「陽性(HIVに感染している)」、見つからなければ「陰性(HIVには感染していない)」という判定になります。

私がこのウエスタンブロット法を調べてみると検査工程は非常に長く、おっそろしく手間がかかります。

しかも専門用語が沢山出てきて理解不能な部分もあります。

詳しく知りたいあなたは「ウエスタンブロット法」で検索してみてください。

ここでは少しだけ検査内容を紹介しましょう。

ウエスタンブロット法ではHIVが持つ特徴的な蛋白質マーカーのうち、gp41、gp120、gp160の3つを検出対象とします。

この3つの蛋白質に免疫反応を起こす抗体を使って検査するのです。

もしも検体(血液)の中に、gp41、gp120、gp160が含まれていると、免疫反応によって光って見えるような検査工程です。

3つのうち2つ以上が陽性ならHIV感染が確定します。

1つだけ陽性なら判定保留となり再検査です。

3つとも陰性ならHIVに感染していないことが確定します。

つまり、スクリーニング検査の陽性は偽陽性だったことが分かります。

以上がウエスタンブロット法の概要です。

今回はHIV検査の確認検査で使われるウエスタンブロット法について概要を説明しました。

むろん、あなたがウエスタンブロット法の詳しい内容を知る必要はありません。

ただ、あなたが保健所や病院のHIV抗体検査で陽性判定を受けたとしたら、次に確認検査を受けることになります。

その確認検査に使われるウエスタンブロット法がどんなものか、概要を一般知識程度に知っておいてもらえたらと思います。

アイコンボタンHIV検査の先送りは「いきなりエイズ」のリスクが増すだけです。
バナー2

やっぱり一番気になるのはHIV。専用の検査キットです。
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染するとより重症化したり、進行が早くなったり!
タイプO ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
まずはこれだけ検査すれば一安心。感染ルートは皆同じ。
タイプE ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから