ここでは、HIV検査の健康保険適用について説明します。

あなたがHIV(エイズ)検査を受ける場合、まず思いつくのは保健所での検査だと思います。他には自宅で検査キットを使って自分で調べるか、病院での検査ですね。

では、あなたが病院でHIV検査を受けたら、その場合は健康保険が利用出来るのでしょうか?あなたはご存知ですか?

実は、現在のところ、国の方針としては、以下のように決まっているそうです。

「間質性肺炎等後天性免疫不全症候群の疾病と鑑別が難しい疾病が認められる場合やHIVの感染に関連しやすい性感染症が認められる場合でHIV感染症を疑わせる自他覚症状がある場合は、本検査を算定できる。」(平成16年2月27日保医発第0227001号)

ちょっと読んだだけでは意味が分かり難いですね。結論から言うと、HIV(エイズ)検査を病院で受けるときは、条件付きで健康保険の適用が認められます。

それはどんな場合かと言うと、

1.あなたに間質性肺炎など、エイズの疾病と区別するのが難しい疾病が認められた場合。

間質性(かんしつせい)肺炎とは、肺の間質組織に炎症を起こす疾患の総称です。つまり、肺に炎症が起きているとき、それがHIVの感染によるものなのか、それとも他の病原体なのか、調べる必要がある場合には、保険の適用になると言うことです。肺炎以外でも同様に調べる必要があれば、保険の適用となるでしょう。


2.あなたにHIV感染に関連のある性感染症が認められ、かつHIV感染症を疑わせる自覚症状がある場合。

HIVと同じ感染ルートの性感染症に感染していれば、HIVも疑うのはある意味当然です。しかも、本人に自覚症状があれば、なお疑いは濃くなります。こんな場合には、保険を適用出来るということです。

注)平成24年3月5日(保医発0305 第1 号)により自覚症状がなくても性感染症が認められれば保険適用に変更。


3.あなたがスクリーニング検査で「陽性」となった場合の、確認検査は保険が適用されます。

以上が病院での健康保険適用の条件です。なんだか手間と言うか、ややこしいですね。同じHIV(エイズ)検査を受けるのに保健所では無料・匿名です。どう考えても病院に行くより保健所に行ってHIV(エイズ)検査を受けようと思いますよね。

例えば、あなたが特に自覚症状もないし、普通に健康だけどHIV感染が心配なので、念のためにHIV検査を受けよう、そう思って病院に行った場合には、先ほどの3つの条件のどれにも該当しないので、保険適用外となりそうです。全額自己負担ですね。つまり、ある程度HIV感染が疑われるケースじゃないと保険が適用されないのです。

でも、日本ではHIV感染者が増え続けているわけで、もっとHIV検査を受けるためのハードルを下げる取り組みが必要だと思うのですが、いかがでしょうか。借金まみれの日本の財政事情では不可能でしょうけど。

なお、上記内容については、「これでわかるHIV/AIDS診療の基本」(南江堂)を参考にさせて頂きました。もしも実際に病院で検査を受けようと思う方は、念のために病院にて保険適用の条件を確認の上、検査を受けることをお勧めします。

HIV検査を受けようと思うあなたにとって、健康保険の適用条件を確かめることはむろん大事ですけど、もっと大事なのは早く検査を受ける、と言うことです。

エイズが世界に広まって30年、抗HIV医療は進歩しました。早期に感染が分かればエイズ発症を防ぐことも出来るようになったのです。しかし、一方ではこの30年でHIVも変異を遂げました。感染からエイズ発症までの潜伏期間が短くなっているのです。

従って、HIV検査で早く感染が分かればより助かる確率は高くなったし、検査をぐずぐずためらっているとエイズを発症するリスクも高くなったと言えます。まさにHIV検査は救命的検査となりました。

■「もしかして・・・」 HIV感染が不安なら迷わず検査。自宅でHIV検査が出来ます。
STDチェッカー TypeJ(男女共用)
HIV検査のみ
■HIVと最も重複感染が多い梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。
STDチェッカー TypeO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について

■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声