『未成年者がHIV検査を受けるのに、親の同意が必要でしょうか?』

こんなご質問のメールを当サイトあてに頂きました。

当サイトの管理人である私は、医療従事者でも研究者でもないので、専門知識を必要とするご質問にはお答え出来ませんが、今回のご質問にはある程度返答可能です。

そこで、さっそくご質問者あてに回答メールをお送りしたのですが、何度やっても送信不能で戻ってきます。そこで、当ページで回答を記事にして書かせて頂くことにしました。

しかし、このご質問は私にとってはまさに意外、盲点となっていた質問です。この2年間、340ページも記事を書きましたが、HIV検査に親の同意が必要かどうか、それは全く触れたことがありませんでした。

私にとっては当たり前のこと、記事にすることを思いつきもしませんでした。しかし、今回ご質問者が1人いたと言うことは、もしかしたら他にも同じ疑問を持つ人がまだいる可能性があります。

事実、いくつかのネットの教えてサイトではこの種の質問が書きこまれています。では、実際のところ、どうなのでしょうか?

HIV検査を未成年者が受けるとき、親の同意は必要なのでしょうか・・・・・?

未成年者のHIV検査に親の同意は必要ありません。

あなたが未成年者であっても、親の同意なしにHIV検査を受けることが可能です。未成年者が、親に相談せずにHIV検査を受けることの是非はともかく、検査は可能です。

まず、保健所でHIV検査を受ける場合から説明します。

私は日本全国、かなりの数の保健所のホームページを調べましたが、未成年者に対して親の同意を必要条項にあげている保健所は1ヵ所も見つかりませんでした。

そもそも保健所でのHIV検査は匿名検査なので、未成年者かどうかを確認する方法もなく、本人が未成年ではないと申告すればそれまでです。

かつて私が保健所でHIV検査を受けたときは、年齢ではなく年代を聞かれました。これは電話で検査を予約したときに、電話で対応してくれた保健所の係の人に質問されました。

「40代の男性です。」とか、「20代の女性です。」みたいな回答をする質問です。

あと、保健所で実際にHIV検査を受ける前にアンケート用紙に記入したのですが、その時にも確か年代を記入した記憶があります。

繰り返しますが、保健所のHIV検査は匿名検査なので、年齢を正確に答える必要もありません。

第一、もしも未成年者は親の同意がないとHIV検査が受けられないとすると、間違いなく未成年者のHIV受検者が激減します。

普通に考えたら、親には知られずにHIV検査を受けたい場合の方が多いですよね。と言うことで、保健所では未成年者でも親の同意なしでHIV検査が可能です。

ただし、これはスクリーニング検査、一次検査の場合です。HIV検査は、一次検査で陽性反応が出ると、確認検査を受けることになります。この確認検査も匿名検査なのかどうか、それは自分で体験していないので知りません。

保健所のホームページを見ても明記されていないようです。私が思うに、たぶん、確認検査も匿名で可能だと思います。そして、確認検査でも陽性となって、HIV感染が確定した時点で初めて匿名ではなく、個人情報が必要になると思います。

ただ、ここはちょっと正確かどうか、自信のないところです。

さて、次に病院の場合です。

私は自分で病院のHIV検査を受けたことがありません。なので、病院側の対応がどうなっているのか正確には知りません。でも、普通に考えれば未成年者であっても親の同意は不要でしょう。HIV検査は可能だと思います。

いくつかの病院のホームページには、

「未成年者であっても、親の同意は不要です。」

と、はっきり書かれていました。

ただし、保健所と違って、無料匿名とはいきません。カルテを作るので個人情報が必要になります。病院によっては匿名可能とするところもあるようですが、多くは匿名不可です。

そして、HIV検査費用として5000円から1万5000円くらいかかります。普通にHIV感染が心配なので検査して下さいと依頼すれば健康保険の適用外となり、あなたの全額負担です。

そして、もしも一次検査で陽性となると、確認検査は保険が適用出来ます。ただ、健康保険を使うと後から医療費通知が送られてきたとき、親にHIV検査を受けたことを知られる可能性があります。詳細はこちら⇒『健康保険と医療費通知』

最後に、このサイトでもご紹介している検査キットの場合です。

私があなたにオススメしている、STD研究所の場合、利用規約の第13条7項に、以下の記載があります。

【STDチェッカー利用規約 第13条7項】
未成年の利用者が当社商品を利用する場合は、保護者もしくは親権者が本規約を承諾の上で当社商品の利用申込みを行ったものとみなします。

つまり、親(保護者)の同意がないと検査キットを利用することは出来ません。ただ、利用規約の文面を見てお分かりの通り、あなたが未成年だったとして、親の同意がなくても購入出来ますし、検査を受けることも出来ます。

その場合、STD研究所としては、あなたの親(保護者)の承認(同意)があったものとみなす、と書いてあります。別に未成年の利用者が親の同意書を提出したりする必要はなく、一律に同意したものと見なす訳です。

こんな表現で書いていいのかどうか分かりませんが、事実上親の同意がなくてもHIV検査を受けることが可能です。ただし、あなたの自己責任、何か問題があっても親(保護者)の同意のもとで利用したということになります。

恐らく、ここで問題になるとしたら、検査結果が陽性だった場合です。

スクリーニング検査とは言え、陽性との結果を受け取る訳ですから、利用者が未成年者だった場合、親(保護者)にも検査結果が知れるよう、親の承認を必要としているのだと思います。

以上のように、保健所でも病院でも検査キットでも、未成年者がHIV検査を親の同意なしに受けることは可能です。

ただし、未成年者が親の同意なしでHIV検査を受けることに対して問題提起しているサイトも目にします。それは、HIV検査を受けること自体より、検査結果が陽性であった場合の告知をどうするか、と言う問題です。

例えばこちらのサイト⇒『HIV検査相談における説明相談の事例集』

いくら匿名検査と言えども、見るからに中学生くらいの未成年と思われる受検者が陽性だった場合、本人にだけ告知することは色んな面で問題があるように思います。恐らく、各保健所においてそういった未成年者への告知には内部で適切な対応がとられるのだと思います。

以上、「未成年者が親の同意なしにHIV検査を受けることが出来るか?」と言う疑問にお答えしました。もしもあなたが未成年者であっても、親に知られることを怖がってHIV検査を先延ばしにすることがないようにして下さいね。

最後になりますが、HIV感染に年齢は関係ありません。未成年者だろうが高齢者だろうが感染するときは感染します。

不安であればHIV検査を受ける、これしか方法はありません。

■自覚症状なし!あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカータイプJ(男女共用)
あなたの自宅でいつでもHIV検査が可能です。早期のHIV検査は救命的検査です。

■HIV・梅毒・B型肝炎!重複感染でより重症化することがあります。
■STDチェッカータイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎の3種類を同時検査。重複感染が多い感染症です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)