HIV抗体検査における「偽陰性」について、ちょっと気になる記事を見つけました。

あなたのHIV検査にお役立て下さい。

 

◇HIV抗体検査における「偽陰性」

当サイトでは過去に、「HIV検査の偽陽性と偽陰性」という記事を掲載したことがあります。

この中で、

『HIV抗体検査の偽陽性が発生する確率は、0.000004%(250万分の1)』

だと書きました。

これはどんな根拠で書いたかと言えば、

■HIV検査について(中四国エイズセンター)

という記事に出ている数値です。

中四国エイズセンターと言えば、中四国ブロックのエイズケアの包括組織です。そんな権威ある組織の公式サイトですから、当然信頼性は高いと思います。

実際問題、「0.000004%(250万分の1)」という確率なら無視することが出来ると思います。

ただし、HIV抗体検査ですから、感染機会があった日から3ヶ月以上経過して検査を受けないと信頼性は十分ではありません。

 

◇3ヶ月以上経過しても「偽陰性」が発生する?

今説明したように、HIV抗体検査においてはウインドーピリオド3ヶ月を過ぎて検査を受ければ、偽陰性は発生しないと思っていいのです。

しかし、ちょっと気になる記事があります。

それがこちらの記事です。

『抗体の出現に数ヶ月から数年を要する例や、HIVの感染を受けても抗体が認められない例も報告されている。』

おいおい、こりゃ話が違うぞ!

あなたはそう思うでしょうね。

この記事は、エイズ予防情報ネットの「HIV検査」というページに載っています。

こちらも有名な権威あるサイトなので、信頼性は高いと思います。

では、本当にHIV抗体の出現までに数ヶ月かかったり、感染しても抗体が生成されない人がいるのでしょうか?

だとすると、3ヶ月過ぎて陰性判定を受けても安心出来ないことになります。

そこで、私はこの記事に対して色んな医療サイトを調べてみました。

分かったことは以下の通りです。

①現在、保健所や病院で行われているHIV検査は第四世代のHIV検査であり、抗原抗体検査を行っている。

仮にHIV抗体が生成されていなくても、HIV抗原が見つかれば陽性となる。

②先の例は極めてまれなケースであり、頻度や発生原因も分かっていない。つまり、そのくらいまれである。

従って、

「考慮する必要性はない。(心配する必要はない)」

私が調べた医師の見解はほぼ全てこんな感じです。

しかし、どうしてもHIV抗体検査では不安だと思うあなたは、HIV抗原検査をお勧めします。

先ほども書きましたが、多くの保健所や病院ではHIV抗原抗体検査が行われています。

あるいはちょっとお金は高くつきますが、NAT検査を受ける手もあります。

こうした抗原検査では例えHIV抗体がなくてもHIV抗原が見つかれば陽性判定が出ます。

ただし、NAT検査を含むHIV抗原検査はHIV-1のみの検査であり、HIV-2は検査出来ません。

日本におけるHIV感染はほとんどがHIV-1であり、過去にHIV-2の感染は5件ほどしか報告されていません。

しかし、HIV抗体検査で

『抗体の出現に数ヶ月から数年を要する例や、HIVの感染を受けても抗体が認められない例』

も極めてまれなケースであり、たぶんHIV-2の感染よりもっと可能性は低いと思います。

この低い可能性が気になる人は、きっとHIV-2の感染も気になるでしょうね。

しかしこうした低い可能性まで気にし始めたらキリがありません。どんな検査でも100%絶対確実な信頼性はないでしょう。

どうしても心配なら毎年1回は定期的にHIV検査を受けることですね。

それでもHIV-2に感染して、なおかつHIV抗体が生成されない人は偽陰性となります。

抗体が生成されないので、HIV抗体検査は陰性、抗原検査ではHIV-1しか検査しないのでHIV-2はスルーして陰性となります。

しかし、HIV-2に感染してしかもHIV抗体が生成されないなんて、起こり得る可能性は気が遠くなるほど小さいはずです。

 

◇まとめ

さて、今回の記事の結論です。

HIV抗体検査はウインドーピリオド(3ヶ月)を過ぎて陰性なら、HIVに感染していないと思ってよい。

どうしても不安なら毎年1回は定期的にHIV検査を受ける。

これが結論です。

関連記事

HIV検査の偽陽性と偽陰性

アイコンボタン不安があれば今すぐ!エイズ発症前のHIV検査は救命的検査です。

バナー2

いきなりエイズ発症前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気の5項目検査キット!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから