TOP「検査キットとは」記事一覧>HIV検査キットの選び方(条件)

HIV検査キットを購入するとき、どうやって一番信頼出来る検査キットを選べばいいのか、管理人の体験を元に詳しくお伝えしています。このページでは、選定の条件として、これだけは絶対にチェックを外してはいけない、と言う 4つの条件をご紹介したいと思います。

「目的編」にも書いたのですが、選定の結論としては、STD研究所のSTDチェッカー TypeJ(男女共用)にたどり着くのですが、その経過をぜひここでご覧下さい。少しでも参考にして頂ければ幸いです。

________________________________________________

◇検査キットを選ぶ4つの条件


「HIV(エイズ)検査キットの選び方(目的編)」の中で、検査キット選定にあたって一番大事なことは「信頼性」であると書きました。当然過ぎるくらいに当り前の話なのですが、ではどうやってそれを購入前に確認するか、4つのポイントをお話します。

1.検査キットの信頼性について明確に説明されているか確認する。

2.検査キットの使用方法を確認する。

3.個人情報の保護を確認する。

4.サポート体制を確認する。

以上の4つがチェックポイントです。それでは1つずつ説明していきましょう。

________________________________________________

1.検査キットの信頼性が明確に説明されているか確認する。


検査キットの信頼性が何よりも大事だと、再三説明を繰り返してきました。私たち、検査キットを購入して使用する側がこう思っているのですから、検査キットを販売する側は、当然この思いに答えるべく、検査キットの信頼性について納得がいく説明を行うべきです。私たちが安心して検査を任せられる根拠は何かを自ら示すべきです。

これを確認するには、各社のホームページをチェックします。10社以上ある検査キット販売会社のホームページを見比べると、かなり検査キットに対する情報の量と質に差があるのが分かりました。本当に検査キットを使う人の立場に立って、不安や迷いの解消をサポートしようと考えて作られたホームページかどうか、私はそこが肝心だと思いました。

ホームページで確認する最初の項目は、購入者から送られてくる検体(血液)を検査する施設が、登録衛生検査所だと説明されているかどうかです。これがホームページ上で検査キット利用者によく分かるように書かれているかどうかを見ました。

登録衛生検査所とは、病気の診断や健康診断のために採取された血液などの検体を、医療機関から集めて検査する施設のことです。そこでは保健所や病院などからも委託を受けてHIV(エイズ)検査を行っています。

当然、衛生面や安全面では厳しい基準をクリアしていなければなりません。その厳しい基準とは、「臨床検査技師等に関する法律」です。

この法律によって、血液検査を行う検査技師の資格や、検査を行う施設について、安全面、衛生面などに厳しい条件が設けられています。

従って、登録衛生検査所で検査を行っている、と言うことが保健所や病院で検査を受けるのと同等の信頼性を保障します、と言う目安になるのです。(保健所や病院からHIV検査を依頼されているのですから。)

私が思うに、外国からの輸入品の検査キット以外、恐らくほとんど全てのHIV(エイズ)検査キットは登録衛生検査所で検査をしているはずです。でも、自社のホームページ上でキチンとそれを説明し、ユーザーが検査キット購入を安心出来るようにと配慮している会社は少ないのです。事実、どこで HIV検査を行っているのか、何の説明もない検査キット販売会社がありました。これらの会社については、やはり不安です。

自分たちは当たり前だと思っていても、私たち検査キットを使うユーザーからすれば登録衛生検査所なんて全く知りません。やはり、ユーザー目線で親切な説明をしてくれる会社のHIV検査キットのほうが信用できると思いました。

________________________________________________

2.検査キットの使用方法を確認する。


結論から言うと、検査キットの使用方法は実に簡単で安全です。何も心配は要りません。なぜ私がそう言い切れるかと言えば、実際に使ってみたからに他なりません。

しかし、私だって使う前は不安もあり、心配もありました。どうやって自分の血液を採取するんだろうか。痛くないのだろうか。衛生面は大丈夫だろうか。誰だって初めて使う人なら同じ心配をするでしょう。それが当たり前です。

だからこそ、検査キット販売会社はユーザーのこの不安、心配を解消すべく、検査キットの使い方を分かりやすく説明するべきです。それも、購入前に説明をしてもらわらないと、私たちは安心して購入することが出来ません。

この点も、各社のホームページを見比べると、ユーザーへの配慮が一目瞭然です。十分な説明もなしに、簡単で安心だから、さっさと購入しろと言わんばかりの不親切なサイトもあります。どう簡単なのか、なぜ安心なのか、具体的に説明してくれなければ私たちには分かりません。

以上のように、検査キットの使用方法を確認する目的は、使い方そのものを知ることではありません。その会社がどれだけユーザーを大事に思っているかを見るためです。その点では1番目の信頼性の説明を確認するのと同じです。

結局、検査キットを使った「郵送検査」のシステム全体の信頼性を確認しようとすれば、その会社自体がどれほど信用出来る会社なのかを見るしか他に手段、方法がないのです。私たちは検査現場に乗り込んで直接確認することは不可能です。

検査キットを申し込んだら、後はもう全てをその会社にお任せするしかないのです。だから事前に出来ることは最大限、確認をしておくべきです。

これは余談ですが、私は以前、自分の会社のホームページを運営する仕事をしていました。ホームページにはその会社の経営理念、姿勢などがとても色濃く出ます。ユーザーを大事にしない、自分かってな考えしか持たない企業は自分かってなホームページしか作れません。それは技術的な問題よりも、顧客起点の発想かどうか、と言う考え方の問題です。

だから、各社のホームページを見比べるとけっこう、そこから見えてくるものは多いのです。立派な判断材料となります。そして、本当にユーザーの立場に立ったサイトは、より多くの人に支持されます。その結果、サイトの評価も高まります。そういった意味合いで、各検査キット会社のホームページの「ページランキング」を調べるのも客観データとして有効だと思います。

________________________________________________

3.個人情報の保護を確認する。


次のチェックポイントは検査キット利用者の個人情報の保護です。何と言っても、誰にも知られず、顔を合わせずHIV(エイズ)検査が出来る、と言うのが検査キット購入の大きな動機のひとつです。

検査キット販売会社、各社のホームページを調べてみると、さすがにそれなりの考慮はどこもしています。でも、全く同じレベルかと言うとそうではありません。例えば、検査結果の受け取り方法です。

個人を特定せずにweb上で検査結果を知らせる方法、メールや郵送で検査結果を知らせる方法、中には電話で知らせると言うのもありました。当然ながら、メールや郵送、電話では個人が特定されてしまう可能性大です。(と言うか、個人が特定されてしまいますね。)

私のお勧めはweb上での連絡です。これだとパソコンでも携帯電話からでも確認が出来、しかも全く個人情報を必要としません。コッソリHIV(エイズ)検査を受けて、コッソリ安心したい、と言う人には最適です。検査キットを使う最も大きな理由は匿名性にあると思います。

それから、案外見落としがちな落とし穴ですが、メーカーから送られてくる検査キットに、予め管理番号が入っている場合があります。それを私たちが使って検体(血液)を送り返すと、事実上個人が特定されてしまいます。そこまで気を使わなくていいよ、知られてもいいよ、と思う人は別ですが、せっかくの匿名検査なのだから絶対に秘密で検査を受けたい、と思う人はここも要チェックです。(実際には購入してみないとここまでは分からないかも知れません。

________________________________________________

4.サポート体制を確認する。


さて、4番目に確認すべき項目は、検査キットのサポート体制です。検査キットを申し込んでから、商品を受け取り、検体(血液)を送り返し、検査結果を受け取るまで、この全ての工程が対象です。何か分からないことが出てきたり、ハプニングがあったとき、どんなサポートをしてもらえるのか、そこを確認します。

しかし、この確認は実際問題としてちょっと難しいのです。ホームページ上から全ては分かりません。確かに、質問を受けるコーナーの設置があったり、お問い合わせ先としてアドレスや電話番号が案内されています。これは、ほぼ全ての会社のホームページで見つけることが出来ます。

問題は、その品質、サービスの程度です。例えば、分からないことがあってメールで質問したけど、2日も3日も経つのに回答が戻ってこなかったとしたら。これでは、いくら窓口を用意してくれていても、ちっとも有難くないですよね。

だから、サポート体制を知るには、実際にサポートを受けた人たちの口コミ情報を見るのが一番です。いいことばかりじゃない、悪いことも全部載ってるような口コミサイトがあればベストです。しかし、残念ながらそんなサイトは見つかりませんでした。

仕方ないので、出来る限りの情報確認をホームページ上から行うしかありません。例えばの一例ですが、STD研究所ならこのページに、HIV検査キットを使った約400人の声が寄せられています。

ここから⇒STDチェッカー TypeJ(男女共用)

________________________________________________

5.検査時間と商品価格を確認する。


番外編として、もう2つ確認事項を付け加えます。こちらもちょっとだけ気にしておいて下さい。

まず、HIV検査に必要とする時間です。実は、私が最初に保健所でHIV検査を受けずに検査キットを選んだ理由のひとつはこの時間の問題がありました。

私がHIV(エイズ)検査を決心してから、最初に最寄の保健所に電話したところ、最短でも3週間先しか予約が出来ませんでした。ちょうど年末年始にかかったこともあったのですが、保健所のHIV検査はいつでも自分の希望日と言うわけにはいきません。

それで、3週間も待てなかった私は、検査キットを購入しようと考えたのです。当然ながら、もし検査キットで結果が分かるまでに2週間もかかったら、私は購入していなかったでしょう。それなら3週間待って保健所に行きます。

従って、HIV検査に必要な時間の情報は検査キットを利用する人にとってとても重要な情報のはずです。申し込んでから、何日したら検査結果が分かるのか。しかし、この大事な情報がホームページにはっきり書かれていない検査キット会社もありました。

いつ検査結果が分かるのか、その肝心の情報が明記されていないのです。これもユーザー目線とは到底言えない、独りよがりの会社の姿勢が見えるようで、そんな検査キット会社は私はあまり信頼できません。

検査キットの結果がいつ分かるか、ホームページに明記された検査キット各社の情報を見ると次のようになります。

検体(血液)が検査キット販売会社に到着してから、一番早い会社で1日後、遅いところで3日後となっていました。(輸入品を除きます)

このくらいの時間で結果が分かると言うことは、あなたがネット上でHIV検査キットの購入を申し込んでから、検査結果が分かるまで、およそ1週間といったところでしょう。検査キット購入前に、必ず検査にかかる時間を確認しておいて下さい。もしも確認出来ないような会社なら、私はパスします。

さて、最後にHIV(エイズ)検査キット購入にかかる費用についてお話します。検査キット購入にかかる費用は、HIV(エイズ)検査のみで言えば2,500円から5,000円程度になります。安い、高い、と言ってもこの程度の差ですから、費用で検査キットを選ぶよりも信頼性や安全性で選ぶことを強くお勧めします。

一番最初に、私たちが検査キットを購入する目的について考えました。それを思い出して下さい。いくら購入費用が安くても、この目的を果たすことが出来なければ何にもなりません。

________________________________________________

以上が、HIV(エイズ)検査キットを選ぶときの4つのポイントです。

1.検査キットの信頼性について明確に説明されているか確認する。

2.検査キットの使用方法を確認する。

3.個人情報の保護を確認する。

4.サポート体制を確認する。

結局は、検査を任せても大丈夫か、信用出来る会社か、それを確認すると言う一言に尽きます。どうぞ、私の体験記もご参考にして、各社を比較検討して間違いない選択をして下さい。

最後の最後に、もうひとつオマケです。検査キットの選び方、と言う観点から、HIV以外の性感染症についても触れておきます。

基本的にHIVもその他の性感染症も性行為を最も大きな感染ルートとしています。HIV感染の疑いがあれば、当然その他の性感染症も疑われます。しかもクラミジア感染症や性器ヘルペスなどに感染していると、HIV感染のリスクは正常な人よりもかなり高くなるそうです。

だから保健所ではHIV検査と同時に、クラミジア感染症や梅毒などの検査も無料、匿名で実施してくれるのです。もしも事情が許すなら、HIVだけでなく、その他の性感染症と複合型の検査キットを選ぶことをお勧めします。

ちなみに、私自身はHIV検査のみのキットを購入しました。HIV検査を受けた当時は、他の性感染症についての知識が乏しく、保健所での検査も HIVだけでした。今にして思えばとても残念です。せっかくの検査機会をムダにしてしまいました。もし、今なら絶対にHIV以外の性感染症の検査も受けます。その方が確実に安心出来るからです。

そうは言っても、検査キット購入はお金がかかります。複合型の検査キットは単品購入に比べて割安にはなっていますが、それなりのお値段でもあります。そう気安くは購入出来ません。

多くの性感染症は感染初期において自覚症状が出ないものが多く、症状を待っていると手遅れになってしまうこともあります。そこは感染のリスクと検査キット購入予算をよくお考えの上、選定して頂ければいいと思います。

では、引き続いて『検査キットの選び方(商品)』にて私が自分で厳選した検査キットを具体的に取り上げ、今回説明した4つのチェック項目がどんな評価だったのかを説明させて頂きます。きっとあなたが検査キットを選ぶときの参考になると思います。

ちなみに私が選んだ検査キットはこれでした。

*私が4つの条件を満たしていると判断したHIV検査キットがこれです。

STDチェッカー TypeJ(男女共用)
HIV検査のみ

■HIVと最も重複感染が多い梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。

STDチェッカー TypeO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について
■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声




・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP